子育て・しつけ

冬は保育園で風邪などの感染症をもらいがち。ママは仕事を休むのが大変だけど、子どもの体調が悪いときは、いつも以上にサポートしてあげたいですよね。そこで今回は感染症のホームケアに関するクイズからスタート! 小児科医の折津友隆先生に正しい対処法を教えてもらいました。

お話を聞いたのは
折津友隆さん

おりつともたか/東京都港区にある、おりつこどもクリニック院長。診察では病状や経過、再来院の目安などを「具体的な言葉」で説明することが信条。2児のパパ。

突然ですがクイズです!

子どもの冬の感染症について、正しいと思うものに◯、間違っていると思うものに×をつけましょう。

  • Q1 冬も薄着でいる方が免疫力が高まり、風邪予防になる
  • Q2 風邪をひいたらその都度病院に行くべきだ
  • Q3 冬に微熱が出たら、インフルエンザを疑ってすぐに病院に行く
  • Q4 熱を早く下げるには、厚着させてたくさん汗をかかせる
  • Q5 熱が37.5℃でも、元気ならばお風呂に入れてもよい
  • Q6 下痢のときはできるだけ水分を取らせないようにする
  • Q7 咳でつらそうなときは仰向けに寝かせる
  • Q8 鼻は片方ずつかまないと耳に悪影響がある
  • Q9 病院で出してもらった風邪薬は症状が治まったら飲ませるのをやめてよい
  • Q10 ノロウイルスの吐瀉(としゃ)物が付いたものはアルコールで除菌するとよい

■ Q1 冬も薄着でいる方が免疫力が高まり、風邪予防になる

風邪予防には体質に合った保温と手洗い・うがい・水分補給

昔は「子どもは風の子」と言われ、薄着を推奨する慣習がありましたし、冬でも薄着で大丈夫な子がいるのは事実です。しかし、薄着で免疫力が上がるという科学的根拠はありません。暑さ寒さに対する反応や適応力は子どもによって違うので、わが子の体質に合わせて適切に保温してください。

また、風邪予防の基本は「手洗い・うがい」ですが、まだうがいができない子は、「水分補給」を習慣にしてください。風邪のウイルスは乾燥した場所が大好き。喉の粘膜に付着したウイルスをそのままにしておくと増殖して症状を引き起こします。ですが、水分を取ってウイルスを胃へ洗い流してしまえば増殖しないのです。うがいができる子でも、乾燥対策として小まめに水分を補給して、風邪のリスクを減らしましょう。

■ Q2 風邪をひいたらその都度病院に行くべきだ

本人に強いストレスがなければホームケアでもOK

風邪の症状があっても、元気に生活できていれば、自然に治ることがほとんどです。鼻水や咳は、様子を見ながら登園しましょう。微熱のときはどうしようかと迷う人もいるかもしれませんが、一日ゆっくり体を休ませた方が、長引く可能性を減らせることも。「病院に行って、薬を飲ませた方が早く治る」というイメージがあるかもしれませんが、医師の診断が風邪ならば、処方されるのは「早く治す薬」ではなく、「症状を緩和する薬」です。ただし、本人が苦しそうだったり、咳で眠れないなど、強いストレスになる症状があれば、緩和が必要ですから早めに受診するようにしましょう。

普通の風邪なら、熱は2〜4日、鼻水や咳は7〜10日くらいでピークを越えるもの。それ以上長引く場合は、他の病気の可能性もあるので受診してください。

■ Q3 冬に微熱が出たら、インフルエンザを疑ってすぐに病院に行く

発症してから12時間以内では正しい診断ができない可能性も

インフルエンザは風邪と異なり、急激に熱が上がります。また、多くの場合、高熱以外に頭痛や悪寒なども伴います。微熱でぐったりした様子もなければ、インフルエンザの可能性は非常に低いので慌てないでください。

インフルエンザを疑う症状であっても、発熱から12時間以内では診断の正確性が下がります。これは、多くの病院で使われているインフルエンザの迅速診断キットが体内に増殖したウイルス量で判定するものなので、ウイルスが少ないうちは陰性と出てしまうためです。

しかし、タミフルなどの抗インフルエンザ薬は、発熱から48時間以内に服用を始めることが推奨されているので、遅すぎるのもよくありません。「インフルエンザを疑うときは、発熱してから12時間以上48時間以内に病院へ」と覚えておきましょう。

■ Q4 熱を早く下げるには、厚着させてたくさん汗をかかせる

薄着+掛けもので体温調節を

発熱時は普段よりも発汗が増え、失われる水分が多くなります。そこに厚着するとさらに汗をかき、脱水症状を起こすリスクも。早期回復には快適な温度を保つことが必要なので、薄着+掛けもので調節をしましょう。

ちなみに、冷却シートをおでこに貼ると気持ち良いですが、熱は下がりません。太い血管が通っている部位(脇の下・脚の付け根など)を冷やすとよいでしょう。

■ Q5 熱が37.5℃でも、元気ならばお風呂に入れてもよい

ぐったりしていなければ大丈夫

多少の熱があっても、元気であればお風呂に入っても構いません。長風呂だと体力が奪われるので短めに切り上げ、湯冷めに注意してください。

微熱でも元気がないときや、高熱のときは無理をさせないで。一晩お風呂に入れなくても衛生面の問題はありません。何日も入れないときは、濡れタオルで全身を拭いたり、下半身をシャワーで洗ってあげるとよいでしょう。

次のページは「下痢のときはできるだけ水分を取らせないようにする?」

関連記事

関連記事

キーワード検索

幼稚園関連サイト

  • こどもがまんなかPROJECT
あんふぁんWebは子育てママを応援しています。