子育て・しつけ

子どものやることに、ついつい手を出していませんか?
先回りばかりしていると、子どもが本来持っている「自分でやりたい!」という気持ちが奪われ、自立心が育たなくなってしまいます。
“見守る保育”を園の方針に掲げる、新宿せいが保育園園長の藤森平司さんに「先回り育児」をしないための心得を聞きました。

お話を聞いたのは
藤森平司さん

ふじもり・へいじ 新宿せいが保育園(東京都新宿区)園長。自由遊びの内容や、給食を誰と食べるかを選択制にするなど、1日の活動の多くを園児たち自らに決定させる「見守る保育」を園の方針に掲げ、全国の幼稚園・保育園長らが見学に訪れる。著書に「やってあげる育児から見守る育児へ」(学習プラス)。

  • Q

    子どもができること・できそうなことを代わりにやってしまうことはありますか?

  • Q

    やってしまうのはなぜですか?

  • ※2016年7月6日~8月9日、WEBアンケート、有効回答数1081人
  • 4位以下は「自分がやる方がきれいにできるから」「結局やり直すことになるから」「汚す・けがをするなど失敗するから」「どうせできないと思うから」などの理由が上がりました。また「特に理由はないけれど、つい手を出してしまう」という声も。

子どもは生まれながらに
「自分でやりたい!」気持ちを持っている

 子どもはもともと、「自分でいろいろなことができるようになりたい」という意欲を持って生まれてきます。

 その成長意欲がもっとも強いのは赤ちゃんのとき。生まれたばかりの赤ちゃんは、自分の力だけではどこへも行けませんが、やがてハイハイができるようになり、歩けるようになり、自分の行きたい所に行けるようになります。

 もし、ママやパパがいちいち抱っこで、赤ちゃんの行きたい場所へ運んであげていたら、どうなるでしょうか。自分で歩く必要はないと思って、歩かなくなってしまうかもしれません。このように、「何かをやってあげる」というのは、「自分でやる!」という気持ちや、その能力自体を本人から奪ってしまうということなのです。

 子どもの自立を、「自分の手から離れるようでさびしい」と思うかたもいるかもしれませんね。ですが、そんな気持ちは敏感に子どもに伝わります。「僕が〝自分でやる〞と言うと、ママが悲しむから」と思い、いつまでたってもやってもらうケースが少なくないようです。

 「自分でやりたい!」気持ちは成長の証し。わが子の自立を喜べる親であってほしいと思います。

あるある!?
あなたはいくつ当てはまる!ありがちケース5

ありがちケース1

時間がないとき親が代わりに着替えさせる

ありがちケース2

「まだ無理」と思うことはやってしまう

ありがちケース3

周りを汚しそうなことは親がやってしまう

ありがちケース4

子どもが悩んでいるのを待てずに
親が決めてしまう

ありがちケース5

うまくできていないとき
いいやり方を教えてしまう

次のページは「先回りしないための4つの心得」

関連記事

関連記事

キーワード検索

幼稚園関連サイト

  • こどもがまんなかPROJECT
あんふぁんWebは子育てママを応援しています。