子育て・しつけ

お子さんは、毎日うんちが出ていますか?
読者アンケートでは「ほぼ毎日出ている」という人が約74%と大多数を占めましたが、大事なのは回数だけでなく、いいうんちがスッキリと出ること。
子どもの便秘治療をしている中野美和子先生に、「スッキリうんち」の定義や、便秘の仕組みを聞きました。

お話を聞いたのは
中野美和子先生

なかの・みわこ さいたま市立病院小児外科部長。排便外来を開設し、子どもの難治性便秘・便通異常・便失禁の治療を行っている。著書に「赤ちゃんからはじまる便秘問題」(言叢社)。「日本トイレ研究所」のWebサイト(http://www.toilet.or.jp/)ではアドバイザーとして、子どもの便秘に関する知識を紹介している。

  • Q

    お子さんの排便頻度はどのくらいですか?

  • ※2016年6月8日~7月5日、Webアンケート、有効回答数1184人

排便は、食事や自分の意思だけではコントロールできない

便秘が腸の病気を引き起こすことはありませんが、「うんちが出ない」ことは子どもにとってつらいもの。おなかがいつも張っていて苦しい。うんちを出すと痛いので、余計にため込み、食欲がなくなる。イライラしてお友達と遊べないなど、排便の悩みは生活の悩みにつながります。

食事を変えれば便秘は治ると思うかもしれませんが、子どもの場合は、好き嫌いがあるなど食事の改善自体が大変ですし、そもそも食事だけで便秘を解消するのは難しいもの。腸を動かしたり、脳に信号を送ったりして排便をコントロールしている、自律神経の働きが重要です。

自律神経の働きには、規則正しい生活やリラックスできる環境といった、毎日の生活が大きく関わってきます。

回数の問題ではなく「いいうんち」を出すことが大事

「いいうんち」の定義は、次の2つです。

1.週に3日以上排便がある。S状結腸には3日分くらいの便がためられるので、週3日までなら便秘ではないとされています。

2.便意を感じ、トイレに行くとスムーズに排せつできる。排便後にスッキリ感がある。

つまり、小さなうんちがコロッと出るだけでは、毎日出ていても、快便とは言えません。1日分の新しい食べ物が入ったら、1日分の古い便が出るのが本来の排せつ。しかもスムーズに出るのが本当の「いいうんち」です。

おうちのかたが子どもの排便に気を配ることが大切

「うんちが出ない」ことは、親には言い出しにくいもの。苦しむ姿を見られたくないからか、一緒にトイレに入るのを拒む子も多いようです。

生まれ持った腸の力が弱いために、うんちを外に押し出せないのが子どもの便秘の特徴です。そのまま放っておくと腸は伸び切って、大量にうんちをため込まないと便意を感じられなくなります。結果、子ども時代の便秘が大人まで継続してしまうのです。

もし、排便状況を把握していなかったり、うんちの回数や量が少ないと思ったら、次ページで紹介する「排便日誌」をつけるなど、子どもの様子を観察してみてください。

うんちがスッキリ出れば、食欲も湧くし、ぐっすり眠れる。眠ることで消化管の活動は活発になりますから、またいいうんちが出ます。「そのうち良くなる」と甘く見ず、今いいうんちを出せているか、排便に気を配りましょう。

お子さんの便秘度チェックリスト
A:排便の回数
  • □ 続けて5日以上排便がない
  • □ 排便のペースが週3日以下
B:排便状況
  • □ 排便時に痛がる
  • □ 排便時に出血がある
  • □ 便がたまっておなかが張っている
  • □ 食欲がない
  • □ いきんでもなかなか出ない
  • □ 小さな便が何回も出る
  • □ ベタッとした便で下着が汚れる
  • □ 毎日出るが少ない。週に一度くらい大量の便が出る
  • □ 食欲がないが、排便すると食欲が出る

A・B両方に1つ以上当てはまったら受診を勧めます

どちらか一方の場合は、次ページで紹介する「排便日誌」をつけるなど排便の様子を観察してください。便秘癖がつく前であればかん腸や下剤で解消できる場合も。早めの対処が肝心です。

次のページは「スッキリうんちQ&A」

関連記事

関連記事

キーワード検索

幼稚園関連サイト

  • こどもがまんなかPROJECT
あんふぁんWebは子育てママを応援しています。