子育て・しつけ

「どこまで見守るべき?」「いつも上の子を怒ってしまう」など、悩みの尽きない〝きょうだいげんか〞。
今回は、笑いと笑顔をキーワードにした子育てを提唱する、原坂一郎さんが「きょうだいげんかが劇的に変わる方法」を伝授。読者ママ2人に、1週間実践してもらいました。

お話を聞いたのは
原坂一郎さん

はらさか・いちろう KANSAI子ども研究所所長。男性保育士の草分け的存在として長年保育所に勤務。「浪速のスーパー保育士」との異名をとる。現在は全国での講演・講座、執筆活動を行っている。「子どもの本当の気持ちが見えるようになる本」(すばる舎)など著書多数。

チャレンジャーは2組の親子。1週間でママの悩みは解決できるか?

【1組目】 5歳差なのにお互い譲らずどちらかが泣くまで続きます

ママ 松本由佳さん

長女 絆希(きずき)ちゃん[小学5年生]

次女 望愛(のあ)ちゃん[年長]

けんかの様子とママの対応

  • 次女が長女のゲーム機を返さなかったり、ちょっかいを出したりして、長女の我慢の限界で、1日何度もけんかが起こる。
  • 次女には、「そんなことしたら、お姉ちゃんはどんな気持ちになる?」と注意するが、反省の色はなし。
  • なるべく両方の言い分を聞くようにしているがたたき合いになったときは、長女を叱ってしまう。

原坂さんからのアドバイス コレだけやってみて!

 「何やってるの」「いつまでしてるの」など、疑問形で叱るのをやめましょう。

 仲裁をするときはどちらも叱らない。共感しながら事情を聞きましょう。

 妹には「長い時間借りないで、すぐに返してね」などすべきことを単刀直入に伝えましょう。

 ママはお姉ちゃんと一対一で向き合い、普段の我慢や頑張りを認めましょう。

長女がお姉ちゃんらしくなったことに驚き!
次女も注意を聞くようになりました

チャレンジ2日目、長女に「いつも我慢してるんだよね。おかげで助かってるよ」と伝えてから、長女が劇的に変化。妹に譲ったり、積極的に私の手伝いをしてくれるようになりました。そして次女にも大きな変化が。私の注意を聞くようになったし、長女にすごく甘えるようになったんです。けんかの回数も1日に2回くらいにぐっと減ったし、2人とも気持ちを切り替えるのがうまくなって、すぐ仲直りできるように。お互いに慕い合ういい姉妹になりました。

【2組目】 お兄ちゃんが優し過ぎて弟に「イヤ」と言えません

ママ 鈴木万葉香さん

長男 琉青(りゅうせい)くん[年中]

次男 凛斗(りんと)くん[2歳]

けんかの様子とママの対応

  • 長男が次男におもちゃを取られたり、上に乗っかられたりして、いつも泣いてしまう。
  • 次男には「お兄ちゃんがかわいそうでしょ!」と叱るが、言うことを聞かない。
  • 長男がしょんぼりして「弟に貸してあげた」と報告に来たときは、「偉いね。でも我慢しなくていいんだよ」と優しく言えるが、同じことが続くと「強くなりなよ!」とダメ出ししてしまう。

原坂さんからのアドバイス コレだけやってみて!

 お兄ちゃんの褒めどころを言葉で伝えましょう。「残さず食べたね」など、日常の出来事でOK。

 お兄ちゃんが何かをしないときに叱るのではなく、できたときに褒めましょう。

 弟が悪いことをしたときは、ポーズでも弟を叱りましょう。

 弟を叱るとき、「お兄ちゃんがかわいそうでしょ」など兄を引き合いに出すのはやめましょう。

長男の我慢に気付けたことで
いじけず甘えてくれるようになりました

次男がまだ言葉をよく理解できないので、けんか自体はいまだにありますが、私と長男の関係が大きく変化しました。今まで、長男は弟にやられてしまう悔しさも、私に甘えたい気持ちも我慢していたのに、私は「お兄ちゃんだから我慢するのが当たり前」と思っていたんです。私が長男を丸ごと受け入れたことで、「僕が悪いんでしょ」といじけなくなったし、「イヤだ」と次男に言えるように。何より私自身が穏やかに長男と向き合えるようになりました。

次のページは「原坂さんの解説 ママはプラスの介入を!」

関連記事

関連記事

キーワード検索

幼稚園関連サイト

  • こどもがまんなかPROJECT
あんふぁんWebは子育てママを応援しています。