1. あんふぁん
  2. ようちえんキャラバン
  3. キャラバンレポート【大場白ゆり幼稚園】
教えてくれたのは… ウオーキングインストラクター君塚正道さん国士舘大学体育学部卒業。中学・高校保健体育教諭免許取得。 競歩の他国対選手として活躍。自衛隊体育学校をはじめ全国各地でセミナー講師として活動中。 著書に「あと14分歩くと健康になる」(主婦と生活社)。http://www.salute.jp
楽しいウオーキングの後はおいしいお水をごくごく     

ダスキンの天然水「スプラッシュウォーター」は、厳選された採水地から新鮮なお水をお家に届けてくれるうれしいサービス。大場白ゆり幼稚園の園児が、さまざまな足を使った運動で汗を流した後、水分補給の大切さをママと学びました。


今回の幼稚園は

大場白ゆり幼稚園[神奈川県横浜市]

1 さぁ、レッスンスタート!
今日は、体を動かす楽しさをたくさん感じてもらうために、ウオーキングインストラクターの君塚正道さんがやってきました。わくわくドキドキ、みんなで足を鍛えるレッスンです。
3 足の指で新聞紙をクシャクシャ
足の指を丸めたり、パッと開いたり。グー・パーの動きで、新聞紙をクシャクシャに。夢中で何度もチャレンジ! 招き猫のように使って、足の指とふくらはぎを鍛えます。
5 最後は元気いっぱい行進
君塚さんから「かけ声は“イッチ、ニィ”ではなく、“イチ、イチ”とかけた方が、バランスの良い歩き方になりますよ」とのアドバイス。みんな揃って大きなかけ声で、腕を元気よく振って足踏み。楽しく元気に取り組みます。
7 みんなで「お水、おいしい〜」
全員で声を合わせて「いただきます」のごあいさつ。みんなゴクゴク、あっという間にお水を飲み干しました。自然と笑顔が出るほど、運動の後のお水のおいしさはとびきり!
園長先生から
空気や水は当たり前にあると思いがちですが、今日伺ったお話で、改めて水は奥深いものだと感じました。こまめにお水を飲める環境をつくることが大切ですね。園では、子どもが水を欲しいと思ったときに、各自が自分のコップを出して、お水を飲める仕組みになっています。水を通して、自発性が育まれているのを実感しています。
園長 白井 三根子先生
園長
白井 三根子先生
2 足指ジャンケンにチャレンジ!
最初は、足の指を使ってジャンケン。指を丸めて「グー」、親指だけ立てて「チョキ」、全部開いて「パー」。「足の指の動きは、とっても大切なんだよ」と君塚さん。みんな一生懸命に、足の指を動かします。
4 体のバランスはとれるかな?
次は、片足で立って、バランス感覚をとる練習です。左右の足の力を一緒にしていきましょう。みんな両手を広げて工夫しながら、上手にバランスをとります。
6 体を動かした後は水分補給 おいしいお水いただきま〜す!
「汗をかいた分、お水をとることが必要なんだよ」と君塚さん。たくさん汗をかいた園児たちに、先生たちがダスキンの天然水「スプラッシュウォーター」を配ります。

8 ママたちからも質問が続々
写真お母さんたちも、「ダスキンの天然水」について興味津々。君塚さん、ダスキン・アクアアドバイザーの塚本直美さんから、子どもの体力づくりや、夏の水分補給についてアドバイスがありました。