小学生ママ

カータンの昔は私も新米ママだった!?

この歳になると孫ブルー 分からなくもない

先日、ワイドショーを見ていて、「孫ブルー」という言葉を初めて聞いた。孫はかわいいけど、やはり預かるとなると、気を使うし体力的にも疲れる。頻繁に預かるとなると、ブルーになるとのこと。

dボタンでアンケートを募ると、驚くことに70%近い祖父母が、孫ブルーに共感していた。その結果を見て、ゲスト出演していたママタレたちは、驚きを隠せないでいた。「親孝行のつもりで預けていたのに!」

かくいう私も、近いことをいいことに、また、「孫に会えたらうれしいでしょ?」的感覚で、子供たちが小さいときには、よく親に預かってもらっていた。でも、自分が預けておいてなんだけど、実際、孫を預かるって、本当に大変なのだろうなと、この歳になるとよく分かるのよね。

先日、知り合いの3歳の男の子をたった2時間、彼女が歯医者さんに行く間、預かる機会があった。

そう思って引き受けたのだが…。いや、よそのお子さんを預かるということが、こんなに大変なことだとは!こんな小さな子どもとしばらく触れ合う機会がなかったから、まず勝手が分からない。まして男の子となるとなおさら。何をして遊んだらいいのだろう?

そう言って公園に行ったはいいが、まぁ元気元気! 勝手に滑り台に1人で登って行ってしまうし、こっちは落ちたりでもしたらと気が気じゃなく、後から必死に追いかける。終始、この元気な男の子の後ろを追いかけまわし…。その姿は、若殿様について回る爺やのようだ。

1時間が3時間、2時間が半日にも思え…。子どもと公園で遊ぶって、こんなに大変なことだったっけ?

お母さんが迎えに来たときの安堵感ったら!

そのとき、孫ブルーという言葉を思い出したわ。血が繋がっているとはいえ、孫は自分の子どもではない預かりものだ。こんな風に、目を光らせ、気を使い、面倒を見ているだろうおばあちゃんの私が目に浮かぶ。そのとき、私は今よりずっと歳をとってるのだ。

孫がいないうちから、こんなことを思うのもどうかと思うけど、「孫は来てうれしい、帰ってうれしい」って、本当にその通りだと思ったわ。

カータンプロフィール画像

プロフィール

  • カータン

元外資系航空会社の客室乗務員。現在大学1年生と小学5年生の女の子のママ。次女の出産を機に始めたブログ「あたし・主婦の頭の中」が人気を呼び、さまざまなメディアなどで活躍中。
あたし・主婦の頭の中

関連記事

関連記事

キーワード検索

幼稚園関連サイト

  • こどもがまんなかPROJECT
あんふぁんWebは子育てママを応援しています。