小学生ママ

「準備に時間がかかる」というお子さんの場合のレッスン

東大脳育成コーチ谷亜由未の子どもを伸ばす親力強化レッスン

5月も半分終わりました。運動会の練習に励んでいるお子さんも多いのではないでしょうか? 運動会でお子さんの成長を感じられるのも楽しみですね。

「早くしなさい!」を毎朝、口にしていませんか?

さて4回目のレッスンは、「準備に時間がかかる」場合についてです。前回は、「朝なかなか起きられない」でしたが、それに引き続き、準備にも時間がかかって学校に行くまで「早くしなさい!」の連発・・・と、お悩みのママもいらっしゃいますよね。もしもそんな言葉を毎朝、口にしているとしたら、以下の点について考えてみましょう。

1.朝、お子さんがやるべきことを「見える化」しているか?
2.ひとつのことをやるのにかかる時間をどのくらいで予想しているか? それは誰の基準か?
3.お子さんの気が散る要素はないか?
4.ママ自身が準備に時間がかかるタイプではないか?

支度にかかる時間をママの基準で勝手に決めてない?

まず初めに考えていただきたいことが、1です。「準備」とひとことに言っても、着替え、用意、食事、歯みがき等々、たくさんあります。何と何をいつまでにやればいいのか、まだ小学生では頭の整理ができない子もいます。ですからなるべく細かく、行動のメニューを作りましょう。朝起きてからやることのリストを順番に書いて見えるようにするのです。持ち物も、毎日必ず持っていくものはチェックリストを作りましょう。そしてそれぞれを何時から、何分間でやればいいのか、デジタル時計なら数字で、アナログならハリの位置を見てわかるように書きましょう。それをなるべく大きくわかりやすく書いて、貼っておくだけで、自分でやれるようになる子もいます。

さらに工夫するとすれば、ひとつずつ終わるごとにチェックをつける、シールを貼るといったようにゲーム化する、電車の駅と線路のように並べて書いて、「〇時○分、歯みがき駅到着!」と進行に合わせて、現在地のしるしを動かしながら進めるという具合にお子さんが楽しんで取り組めるような工夫を考えて、一緒にその表を作ったりするとよいです。

次に2については、一つひとつのやることに対してかかる時間を、ママの基準で勝手に決めていないかを考えてみます。自分なら3分でささっとできることも、お子さんはそうはいきません。「何分でできるか、測ってみようか?」と時間のある時に一つひとつストップウォッチで測りながらやってみて、これならできるというお子さんの同意のもとに、時間を決めてあげるのが望ましいですね。自分でやってみてできた時間なら、お子さんも納得できます。

やり始めてもすぐ他のことをし出す・・・という場合には、3を考えます。気が散る要素がまわりにちらばっていませんか? おもちゃが目につくところにある、テレビがついている、家が雑然としている・・・環境によって、私たちの脳の動きも変わってきます。シンプルで、よけいな誘惑がやってこない環境になっているかも考えてみましょう。

そして最後に、自分自身についても振り返ってみてください。片づけが苦手、時間がどうしても守れないという、一見困った要素は、遺伝している場合もあります。「見える化」して環境も整えて、どんなに気をつけて守ろうとしてもそうなってしまうという場合には、脳の回路がうまく働いていないという可能性もあります。もしお子さんがそういう状況だったとしたら、専門家の先生に相談してみるのもありです。

親力強化レッスンの4つのポイント

準備に時間がかかる場合は、

1.朝、お子さんがやるべきことを見える化しているか?
2.ひとつのことをやるのにかかる時間をどのくらいで予想しているか? それは誰の基準か?
3.お子さんの気が散る要素はないか?
4.ママ自身が準備に時間がかかるタイプではないか?

以上が今回の親力強化レッスンのポイントです♪

profile

谷 亜由未

プレシャス・マミー メンターコーチ
株式会社プレシャス・マミー 代表取締役。1児の母。
名古屋市立女子短期大学卒業後、富士通株式会社に勤務。26歳で出産、3年間の専業主婦の後、仕事に復帰。自宅にて学習教室の運営などを経た後、2006年6月、41歳で人と組織の活性化をサポートする株式会社ミュゼを設立。コーチング、インプロを使った企業研修の他、PTAセミナー や子育て講座で数多く講演。ひとり息子が塾なし、すべり止めなしで東京大学理科Ⅱ類1本受験で現役合格したのを機に、子育てのノウハウとコーチングをミックスしたプログラムを確立。2010年3月にママであることがキャリアになる日本を目指した株式会社プレシャス・マミーを設立。東京、大阪、名古屋にて、コーチ養成講座、トレーナー養成講座を開講。全国に認定プレシャス・マミーコーチ、トレーナーを生み出す活動をしている。現在は認定トレーナーたちが講座を引き継ぎ開講中。
認定トレーナーたちが講座を引き継ぎ開講中。2014年に開始したeラーニングも好評。3年間で300名の受講生を生み出している。2015年夏からは、逗子のリゾート地にて、ママの人生をきらめかせる講座を開講中。ママたちが楽しみながら自分を磨ける楽しいイベント、セミナーを随時企画している。またわかりやすく楽しい講演も人気があり、日本のみならず、海外でも積極的に講演を行う。

関連記事

関連記事

キーワード検索

幼稚園関連サイト

  • こどもがまんなかPROJECT
あんふぁんWebは子育てママを応援しています。