小学生ママ

これでいいのだ? カータン流子育て

親の年齢 正直な子どもに罪はない

今年もHちゃんから年賀状が届いた。Hちゃんは、私に初めてできたママ友で、長女(18歳)の1歳検診の時に知り合った。
当時、まだ小さい長女と家に引きこもりがちだった私の生活は、Hちゃん親子の出会いで一変した。お互いの家を行き来したり、子連れで初めてファミレスに行ったのも、買い物、カラオケに行ったのもHちゃん親子。
入園前にHちゃん親子が引っ越してしまったため、ほとんど会うことはなくなってしまったのだけど、今でも毎年、年賀状で近況を伝え合っている。

年賀状を眺めながらしみじみと思う。

そう、Hちゃんは私より10歳年下で、当時、21歳だった。

子どもが親の年齢を意識し始めるのはいつなのだろう? 自分もそうだったが、大人の年齢なんて子どもにはわからないもの。
20代だろうが、30代がだろうが、それこそ40代だろうが、子どもにとって大人は大人。お金の価値がわからないのと同じ感覚だもんね。

そのとき、次女が言った。

あっ・・・あの事件よね? そう、あれは次女がまだ年中の時。習い事が同じ男の子親子とショッピングセンターのエレベーターで偶然、居合わせた。
その時、次女は得意げにこう言ったのだった。

その男の子は、とても頭のいい子で、すでに数の概念がわかっていたのだろう。正直な男の子の発言に、その子のママは顔面蒼白。

男の子のママが恐縮すればするほど、室内は異様な空気が漂い・・・たぶん、この時、次女は悟ったのだろう。親の年齢をむやみやたらと公言しない方がいいのだと・・・。

カータンプロフィール画像

プロフィール

  • カータンさん
  • あんふぁんサポーター

元外資系航空会社の客室乗務員。現在高校3年生と小学4年生の女の子のママ。次女の出産を機に始めたブログ「あたし・主婦の頭の中」が人気を呼び、さまざまなメディアなどで活躍中。先輩ママとして、入学準備ですべきことをナビゲートしてくれます。
あたし・主婦の頭の中

関連記事

関連記事

キーワード検索

幼稚園関連サイト

  • こどもがまんなかPROJECT
あんふぁんWebは子育てママを応援しています。