小学生ママ

2020年小学校でプログラミング授業が成績に反映されます!

勉強好きを育てるツボ

学校指導要領の改革については、何度かお話してきましたよね。

 
2020年には全校の初等教育で 『アクティブラーニング』=主体的・対話的で深い学び の考えを根底に、すべてのカリキュラムが変わります!

アクティブラーニングは、人生を自分のちからで切りひらくための学び を目的としています。

そのために、あそび、体験、活動を通して 想像して・発想して・自分で考え・そして応用していく力 を育てていく内容になっています。

 
アクティブラーニングを取り入れた新しい学びとしては、英語があります。

日本だけでなく、世界で活躍できる本当の人材を育むためにはじめの一歩です。

いままでの話せて・聞く姿勢という、英語に慣れる内容で、成績には反映されませんでした。それを、話せて・聞いて・読めて・書ける 4つの能力を身につけるための学習を行い、きちんと成績にもあらわれてきます。

 
それから、プログラミング
これも、2020年に必修化=成績がつく授業がはじまります

 
これからの時代に求められる資質・能力を身につけること

情報化が進展し身近に様々な情報が氾濫する社会の中で、情報社会において、情報を読み解くちからや情報を操作するちからなども必要になってくるからです。

 
おもしろいのが、プログラミングだからといって、算数がとくいな子だけが有利ではないということ!

プログラミングは、理科やせいかつ科、音楽、図工、体育など、すべての教科を活かした学習になるからです。

 
私たちの生活にITが浸透しはじめているいま、将来的にはもっともっとコンピューターとふかく関わる社会になるでしょう。

さまざまな問題を解決したり、新しいアイデアを表現するツールとして、プログラミングから読み解く機会が増えていきます。

それに先立ち、プログラミングの知識を身につけ、コンピューター社会への読解力を身につけるために学習改革なんです。

 
パソコンやiPadを使った授業がほんとうにはじまるんですね。

 
でも、パソコンは何でもできる魔法の箱ではありません。

それを使いこなす「人」がいちばんだいじ!

コンピュータを何のために使い、どのように使いこなすか。

そして、どんな答えを導き出させるのか。

こくごの読解力・さんすうの計算力・モノをつくるまでのプロセス・人の気持ちを読みとき想像できる力・自分の気持ちを伝える表現力などなど。

 
小学校で学ぶすべてが、未来のこどもたちの力へと変わって行きます。

ひとつひとつの授業をたいせつに! 先生の話は得することばかりです。

友だちや先生との関わりから、自分だけのやりたいことも見えてくるでしょう。

 
プログラミング学習のほんとうのねらいをわかっている親とそうでない親とでは、子どもの学び方が大きくかわってくるのは間違いありません!

知育アドバイザー&編集者 いしびき きょうこ

プロフィール

いしびき きょうこ
いしびき きょうこ
書籍・雑誌の編集者であり、編集者・知育アドバイザー。絵本をはじめ、子育て、知育、教育、学習など、乳幼児から親向けの雑誌や書籍の企画編集に携わる。また、知育アドバイザーとして幼児向けデジタルコンテンツ、幼児教室のカリキュラムづくり、キャラクタープロデュースも行う。学研教室、小学館ドラネットキッズデジタル学習システム、ベビーザらス会員向けおよび全国の産婦人科向け情報誌『babyco』プロデュースと企画編集やNHK「みんなのうた」イラストディレクション、NHK「みんなのうた ありがとうグラスホッパー!」舞台のキャラクターデザイン、及び ビジュアルデザインディレクションと幅広く活躍中。

関連記事

関連記事

キーワード検索

幼稚園関連サイト

  • こどもがまんなかPROJECT
あんふぁんWebは子育てママを応援しています。