小学生ママ

小一さんすう第一の壁「くり上がりのたしざん」を克服するには「10」の合成と分解を徹底的に覚えること!

勉強好きを育てるツボ

お子さんの勉強が気になるママなら、小学校一年生のさんすうでキーポイントになるのが「くり上がりのたしざん」と「くり下がりのひきざん」であることはおわかりですよね。

 
でも、どうして子どもたちはここでつまづいてしまうのでしょうか。

それは、1種類の計算法では解けないからです。

いくつかの計算を組み合わせて答えを導くので、どうしても考えるちからが必要になります。

その考えるちからを身につけるためには、「たしざん」なら、たして「5までの」計算式。たして「10までの」計算式をくり返しやること。ママや先生が式で質問しただけで答えがわかるくらい練習するんです。

  1+1        1+5
  1+2        1+6
  1+3        1+7
  1+4        1+8
  2+1        1+9
  2+2        2+4
  2+3        2+5
  3+1        2+6
  3+2        2+7
  4+1        2+8
         ・
         ・
         ・

ここまでのたしざんも、時間がかかったり、間違えが多いというお子さんには、積み木やタイルなどを使い、「5のかたまり」を基準にして積み木やタイルを動かしてみせましょう。

 
なぜ計算式が苦手なのか…

その理由として
(1) 数字だけでは頭の中でイメージがわかない
(2) 概念がわかっていない
が主に考えられます。

ですから、いきなり数字の計算式をやらせ、できないと怒る!

 
そして、小学一年生の多くが難しいと感じてしまう「くり上がりのたしざん」「くり下がりのひきざん」ですが、これをわかりやすく解くには「10」のかたまりをつくることが肝心です。

 
「10のかたまり」をつくるのは、どのお子さんも得意なほうだと思います。

  1+9
  2+8
  3+7
  4+6
  5+5………

この「10」は○と○を合わせたかず。という計算式を暗記できるくらい練習すれば、「くり上がりのたしざん」「くり下がりのひきざん」は、比較的早く解けますし、これが解ければ、さんすうが得意といっても良いでしょう。

 
  2+9 の式を 
  1+1+9 と、だれもがわかりやすい式にします。

  1+9=10 と答えられるお子さんは多いですよね。
  そこに1をたすだけで、くり上がりのたしざんの答えは出てきます。
  10+1=11 

 
くりあがりのたしざんの計算のポイントはお子さんがわかるように教えることです。

ただ数字の計算式を、さあやりなさい!といっても、解き方がわからなければ、いつまでも答えを導くことができません。

大人には朝飯前の計算でも、小学一年生には理解できにくく、また、理解できても時間がかかることを、ぜひ知っておいてください。

 
毎日少しずつでも、家庭でフォローアップ学習することで、本当にお子さんの身についてくるのです。

「どうしてできないの!」「なんでわからないの!!」と叱る前に、どこでつまづいているのかを、ママやパパがお子さんの問題の解き方を間近に見て見つけてください。

 
健康で元気なお子さんなら、どの子もさんすうが好きになりますし、どの子もちゃんと伸びていきます。

それには、基本のたしざん「10」の合成と分解を徹底的に練習させて覚えさせることです。

 
次回は、「くり下がりのひきざん」の教え方をご紹介しますね。

知育アドバイザー&編集者 いしびき きょうこ

プロフィール

いしびき きょうこ
いしびき きょうこ
書籍・雑誌の編集者であり、編集者・知育アドバイザー。絵本をはじめ、子育て、知育、教育、学習など、乳幼児から親向けの雑誌や書籍の企画編集に携わる。また、知育アドバイザーとして幼児向けデジタルコンテンツ、幼児教室のカリキュラムづくり、キャラクタープロデュースも行う。学研教室、小学館ドラネットキッズデジタル学習システム、ベビーザらス会員向けおよび全国の産婦人科向け情報誌『babyco』プロデュースと企画編集やNHK「みんなのうた」イラストディレクション、NHK「みんなのうた ありがとうグラスホッパー!」舞台のキャラクターデザイン、及び ビジュアルデザインディレクションと幅広く活躍中。

関連記事

関連記事

キーワード検索

幼稚園関連サイト

  • こどもがまんなかPROJECT
あんふぁんWebは子育てママを応援しています。