小学生ママ

新学期からの差がつく勉強のツボ!

勉強好きを育てるツボ

夏休み、子供たちは元気に過ごしていますか?

宿題は順調に進んでいますか?

 
もし、少々、時間に余裕があるようでしたら、プラスして復習を入れてみましょう。

これをやっておくのとおかないのとでは、新学期からの勉強の理解度が大きく異なります。

ぜひやって欲しいのが…
「たしざん、ひきざん」「音読(おんどく)」です。

とくにさんすうの復習は絶対にやっておいてほしい勉強です。

夏休みにやることで、わが子のさんすうの弱点が見えてくるので、新学期からの勉強方法が、ママにもわかるはずです!

できることよりも、できないことに重点をおいて勉強ができれば学力アップにつながります!

 
まずは、5になるたしざん。
1  +  4  =
2  +  3  =
3  +  2  =
4  +  1  =

次に 10になるたしざん
1  +  9  =
2  +  8  =
3  +  7  =
4  +  6  =
5  +  5  =
6  +  4  =
7  +  3  =
8  +  2  =
9  +  1  =

こんな風に、順番に並べことから始めると、5や10のかたまりについて も理解できると思います。

 
それから、「虫食い問題」もおすすめです。

1  +  □  =  6
□  +  5  = 10
□  −  2  =  5
8  −  □  =  7

ひきざんの虫食い問題は、たしざんの力も必要になりますので、これを繰り返しやっておくと、理解度は上がります。

 
また、夏休みの時に、ぜひやっていただきたいのが「時計の読み」です。

一年生の後半になると「時計の読み」をやりますが、この時計の読みこそ、子供たちにとって一番の難関問題!!

夏休み中に「何時に起きるのか」「あと何分で出かけないといけないのか」「◯時◯分までにそこに行くには、家を何時何分に出ないといけないのか」など毎日の生活から慣れるようにしておきましょう。

実際に、算数の授業で習うときに、あとで、絶対にラクになりますよ!

 
夏休みは、ママが学校の勉強を知るいい時期でもあります。

教科書を開いて、わが子がどんなことを勉強して、どこにつまずいているのかを、ぜひ知っておいてくださいね。

それが、新学期からの勉強に差をつけるワザです!!

知育アドバイザー&編集者 いしびき きょうこ

プロフィール

いしびき きょうこ
いしびき きょうこ
書籍・雑誌の編集者であり、編集者・知育アドバイザー。絵本をはじめ、子育て、知育、教育、学習など、乳幼児から親向けの雑誌や書籍の企画編集に携わる。また、知育アドバイザーとして幼児向けデジタルコンテンツ、幼児教室のカリキュラムづくり、キャラクタープロデュースも行う。学研教室、小学館ドラネットキッズデジタル学習システム、ベビーザらス会員向けおよび全国の産婦人科向け情報誌『babyco』プロデュースと企画編集やNHK「みんなのうた」イラストディレクション、NHK「みんなのうた ありがとうグラスホッパー!」舞台のキャラクターデザイン、及び ビジュアルデザインディレクションと幅広く活躍中。

関連記事

関連記事

キーワード検索

幼稚園関連サイト

  • こどもがまんなかPROJECT
あんふぁんWebは子育てママを応援しています。