小学生ママ

たしざんとひきざんの意味、ちゃんとわかってるかな?

勉強好きを育てるツボ

一年生のうちのたしざんとひきざんは、絵を見てかぞえたり、指を使ったり、ノートに書いたりして、目で計算をしているお子さんがたくさんいます。

最初はそれでも良いのですが、二年生に向かうにつれ。少しずつ、頭で計算できるように訓練する必要があります。

 
それには、たしざん・ひきざんの意味をしっかり身につけるのが大事。

 
■たしざん → あわせていくつ ふえるといくつ

おにぎり1こと おにぎり3こ あわせて4こ
   1  +   3    =   4

 
■ひきざん → のこりはいくつ

おにぎり3こ  おにぎり1こ たべました。 のこりはいくつ?
   3  一   1   =    2

 
これを完ぺきに理解ができるようになると、頭の中でしっかりイメージができていきますが、一年生には、まだ「求められていることが何なのか」「答えを導き出すにはどうしたらいいのか」がわかりません。

大人には、それ自体があまり理解できないのですが…

ここをしっかり子どもがわかっていないと計算ミスが続出していくことになります。

 
それから、もう一つたしざん・ひきざんで理解してもらいたいのが

■10のかたまり

十進法ですね。

10を1つのかたまりと考える方法です。

これは、10以上の計算のときに必要になります。

 
これを完ぺきにできるようにするには あわせて10になる数の組み合わせを知ることです。

10  =   1   +   9  
10  =   2   +   8  
10  =   3   +   7  
10  =   4   +   6  
10  =   5   +   5  
10  =   6   +   4  
10  =   7   +   3  
10  =   8   +   2  
10  =   9   +   1

何度も練習していき、すばやく組み合わを当てることができるようになります。

これが、理解できていないと。低学年のさんすうで、もっともつまずきやすい「くり上がり・くりさがり」の計算に戸惑ってしまいます。

戸惑うことで=苦手意識が強くなっていくと、さんすう嫌いなお子さんになってしまいます。

 
低学年で習う計算の概念は、さんすうの基本中の基本。これらがほんとうにわからせるには、シンプルで単純な計算をくりかえすしかありません。

今は先取りではなく、今日、学んできたこと。昨日以前に習ってきたことが子どもの中に根付いているかを確認する勉強法を心がけましょう。

それこそが、我が子のさんすう力を伸ばす秘策です!

知育アドバイザー&編集者 いしびき きょうこ

プロフィール

いしびき きょうこ
いしびき きょうこ
書籍・雑誌の編集者であり、編集者・知育アドバイザー。絵本をはじめ、子育て、知育、教育、学習など、乳幼児から親向けの雑誌や書籍の企画編集に携わる。また、知育アドバイザーとして幼児向けデジタルコンテンツ、幼児教室のカリキュラムづくり、キャラクタープロデュースも行う。学研教室、小学館ドラネットキッズデジタル学習システム、ベビーザらス会員向けおよび全国の産婦人科向け情報誌『babyco』プロデュースと企画編集やNHK「みんなのうた」イラストディレクション、NHK「みんなのうた ありがとうグラスホッパー!」舞台のキャラクターデザイン、及び ビジュアルデザインディレクションと幅広く活躍中。

関連記事

関連記事

キーワード検索

幼稚園関連サイト

  • こどもがまんなかPROJECT
あんふぁんWebは子育てママを応援しています。