小学生ママ

「見直しの力!」は伸ばす力! これすごく大切!

勉強好きを育てるツボ

この一年、学校で受けたテスト用紙を持ち帰ってきたとき、「あ~~、なんでこんなところを間違えるかな〜」と何度か思いませんでしたか?

うちの子が小学一年生の時(昨年度ですが)、毎回そう思って、何度も落胆しておりました(笑)
 
引き算なのに足しちゃった。
くりあがり計算でくりあがるのを忘れちゃった。
漢字で、一本抜けちゃった。

なんで~~~ あんなに練習したのに、どうして~~~!!! と何度も崖から突き落とされた感じでした。(今もあまり変わりませんが、笑)
 
担任の先生との面談で、我が子のあまりのポカミス続きに「先生、ポカミスを治すにはどうしたらいいんですか?」とつい聞いちゃいました。

すると、こんな良いことを教えてくれたんです。
 
「ポカミスは、中学生になっても高校生になってもあります。
 なので、小学校の低学年なんて、ポカミスだらけ!落胆することはありませんよ。」

「ポカミスを治すには

 (1) テスト用紙の空いているところや裏側に、途中の計算を書く!
   ・くりあがった数を書く ・漢字の書き順を実際に書いてみる
 (2) 見直しする
   ・空いているところに書いて確かめながら見直す」

「最近のお子さんは、テスト用紙がきれいなんですよ。
 きれいじゃなくちゃいけないことはないのにね。
 大人だって、空いているところに書いて確かめなくっちゃわかりません。
 それから、一番重要なのは、見直すこと。最初は、ドキドキしているのでとくにポカミスが
 多く出ちゃうんです。それをなくすには、見直ししかありません」

 
中学受験や高校、大学受験でも、必ずと言っていいほどミスは起きます。それをなくすために、今から、「見直す」習慣を身につけさせてください。

テスト時間のなかに、見直す時間を作れるように、家で練習してみてください。

時間を意識して解けるようになれば、集中して問題に取り組む力も身につきます!

「見直す力」は、学力を伸ばす力になるんですね!

知育アドバイザー&編集者 いしびき きょうこ

プロフィール

いしびき きょうこ
いしびき きょうこ
書籍・雑誌の編集者であり、編集者・知育アドバイザー。絵本をはじめ、子育て、知育、教育、学習など、乳幼児から親向けの雑誌や書籍の企画編集に携わる。また、知育アドバイザーとして幼児向けデジタルコンテンツ、幼児教室のカリキュラムづくり、キャラクタープロデュースも行う。学研教室、小学館ドラネットキッズデジタル学習システム、ベビーザらス会員向けおよび全国の産婦人科向け情報誌『babyco』プロデュースと企画編集やNHK「みんなのうた」イラストディレクション、NHK「みんなのうた ありがとうグラスホッパー!」舞台のキャラクターデザイン、及び ビジュアルデザインディレクションと幅広く活躍中。

関連記事

関連記事

キーワード検索

幼稚園関連サイト

  • こどもがまんなかPROJECT
あんふぁんWebは子育てママを応援しています。