ママライフ

手間をかけずに脱・マンネリ!お弁当のお助けワザ3 八木佳奈さん(フードスタイリスト

教えて!あんふぁんサポーター

手間をかけずに脱・マンネリ!
お弁当のお助けワザ3

今回のあんふぁんサポーター八木佳奈さん(フードスタイリスト)

雑誌、広告でのスタイリングや料理制作で活躍中。自身も8歳と4歳の女の子を持つ保育園ママ。「毎日おいしい 幼稚園のおべんとう」(大泉書店)、「魔法のパン」(主婦と生活社)など、著書多数。

あんふぁんサポーターとは…育児や家事、仕事も頑張る子育てママの応援団。さまざまな業界の専門家がメンバーとなり、ママたちが元気になる情報を発信していきます。

  • 主菜は作り置きして味付けだけ変える

例えばミートボールやハンバーグのタネは一気に焼いて冷凍ストック。解凍して加熱するときに味付けすればOKです。「しょうゆ・みりん・酒・砂糖で照り焼き風」「ソース・マヨネーズ・青ノリでお好み焼き風」など、調味料を変えることでバリエーションを広げられますよ。

  • 市販品は味を薄めて

冷凍食品をはじめ市販品は味付けが濃いものが多いので、味付けのだしとして使いましょう。ひじきの煮物などはおにぎりやポテトサラダに加えてもいいですね。また、わが家は冷凍野菜やミックスベジタブルをさっと炒め、ベーコンやピザ用チーズを加えて卵焼きの具にしています。

  • 赤・黄・緑で栄養バランスを

この3色を意識すると、彩りだけでなく栄養バランスがいいお弁当になります。また、ミートボールに型抜きしたニンジンやスライスチーズを載せる、ハンバーグ・ミニトマト・ヤングコーンをまとめてピックに刺すなど、主菜と組み合わせるといつもと見た目も変わりますよ。

関連記事

関連記事

キーワード検索

幼稚園関連サイト

  • こどもがまんなかPROJECT
あんふぁんWebは子育てママを応援しています。