ママライフ

オーガニックは高い!だからナチュラルで? 子どもに”いい”ものを選ぶには

子どもにはなるべく“きれいな食材”を与えたい。誰もがそのように思っていても、オーガニック製品は意外と高額。せめて「ナチュラル」と銘打たれているものならば、きっと添加物が少なくて安心、と思っていませんか。

001_001_image1

野菜だけではなく、乳製品や化粧品、服飾品にまでおよぶ”オーガニック”の動き。今こそしっかり知っておきたい

きっちりと基準を満たした認証があるオーガニック

「“ナチュラル”と“オーガニック”では全然意味が違います」と話すのはオーガニック・トレード・アソシエーション(OTA)のモニーク・メアーズさん。北米に拠点を置く同協会はオーガニックライフを推奨し、適正な取引や品質の管理、そしてその知識を広めるために世界各地でセミナーを開催しています。
モニークさんによると、「オーガニック(=有機)」と呼ばれるのは、世界179ヵ国において厳密な定義と規定によって認証されているもの。その製品にはアメリカでは「USDA:United States Department of Agriculture)」、日本では「有機JAS」と必ず明記されています。認証の根拠が明確で、そうでない食品とはっきりと見分けがつく、かなり透明性の高いものです。

001_001_image1

日本でも定期的にセミナーを開催するモニークさん。「オーガニック」を理解しやすいようにさまざまなスタイルでセミナーを実施

「ナチュラル」表示の意味

化学肥料や農薬などを使用せず、その栽培地も少なくとも過去3年に渡ってそうした化学物質を使用されていないこと、という厳しい条件のもとで栽培されたものを指すのが「オーガニック」。微生物やミネラルといった自然の力で育てられたもの、といってもいいでしょう。いっぽうで、日本で「ナチュラル」と表示されているものは、原材料が人工のものでないものを指していて、オーガニック農法で意味する「自然」とは同義ではないのだそう。たとえば遺伝子組み換えや農薬がたっぷり使われている材料を使用していたり、食材そのものに化学薬品が使われていても、人工のもの、たとえば、生クリームの代わりに植物油脂のクリームを使用したりしていなければ、「ナチュラル」と表示することができるのです。これはウソでもなんでもありませんし、オーガニックな食材を使用した「ナチュラル」な商品もたくさんありますが、ただ「ナチュラル」と書いてあるからといってすべてが「安全な食品」を意味するとは限らないということです。

001_001_image1

米国の認証マークがついたオーガニック食品。日本では米国との相互認証がされているので、米国で認証されたものをオーガニック製品として輸入・販売が可能

オーガニックの目的

ちなみに、オーガニックは「安全」と目されることが多いですが、モニークさんによると「それは単に自然なだけ。100年前にはまさに現代で“オーガニック”と呼ばれている農法(化学肥料などを使わない)が当たりまえでした」とのこと。遺伝子組み換えや化学肥料、農薬といった化学物質を用いた人工的な農法は生産を効率的、かつ大量に行うために近年開発されたもので、自然ではありません。オーガニック農法ではそうした現代の人工製造物に頼らずに作物を生産するため、「自然である」というわけです。モニークさんによると、米国でなされている研究ではオーガニック農法によって温室効果ガスの排出を減少させられることが報告されていて、農法の違いによる環境への影響も大きいことがわかっているそう。人体へも深刻な影響のある化学薬品を使わないことで、結果的にそうでない食品よりも安全性が高いということになるのであって「安全な食品」を生産することが目的で行われているわけではありません。

001_001_image1

雑草が生え放題に見えるオーガニック農法。しかしこれこそがかつてあったような農法で、より自然に近く環境への負担が少ない

オーガニック野菜、そのお味は

なにしろお高いオーガニック製品。目に見えない環境への配慮など、ともすれば“意識高い系”のお話で終わりかねませんが、実際に生活に取り入れたときに実感する“良さ”ってあるのでしょうか。最もわかりやすいのは、野菜。山梨県にあるオーガニック農園「カルタファーム」で、そこになっているキュウリを味見させてもらいました。
持ってみるとチクチクと痛いくらい、しっかりトゲで武装したキュウリ。色はまだらで、形もちょっと不格好。でも、カルタファーム代表の根津和彦さんによると、野菜は殺虫剤も化学肥料もない中で切磋琢磨しながら育ち、実をなすのだそう。皮は固そうだしトゲも普通のキュウリと比べるとなんだかちょっと大きめですが、虫から身を守るためにそうなったのだと考えると、なるほど、と納得。見せていただいたのは原生種で、本当になにも手を加えていないものなのだそうで、市販されているキュウリとは異なります。とはいえ、洗って食べてみるとその味はまさにキュウリ。苦みや渋みが感じられるところがむしろ“手を加えていない”ということを実感させます。朴訥(ぼくとつ)でとっつきやすいとは言えないところに、ゆるぎない野性味を感じるといったところ。モニークさんによると、有機野菜はそうでない野菜よりも栄養価が高いそうですが、確かにふつうのキュウリとは違う強さが感じられました。
大量生産ができず手間もかかるため、オーガニック食品はどうしても値段が高くなってしまいますが、こうして環境問題にまで影響があると聞けば、生活に取り入れてみようかな、という気持ちになりますね。

001_001_image1

アグレッシブで朴訥だけど、やっぱりキュウリ。これが本来の自然の姿だったのだな~、となんだか感心

<文・写真:フリーランス記者 岩佐 史絵>

関連記事

関連記事

キーワード検索

幼稚園関連サイト

  • こどもがまんなかPROJECT
あんふぁんWebは子育てママを応援しています。