ママライフ

カーッとなったとき、ママたちが取る行動と対策は?

「叱るのはいいけれど、怒ってはいけない」という言葉をよく耳にします。感情的になって、勢いで怒ることは、ママにも子どもにもよくないことです。でも…、それは百も承知でもカーッとなってしまうとき、ありませんか? 暴言や、ときには手がでてしまいそうなとき、どうにかそれを回避するために、ママたちはどんな行動を取っているのでしょうか?筆者のまわりのママ友20人にアンケートを取ってみました。

カーッとなることは誰にでもある!

4a669bf5e01aa28157804e6b7964be9e_s

今回アンケートを取った結果「子どもにカーッとなって怒ったことがある」と答えたママは全員! 程度は違えど、すべてのママが経験したことがあるとの回答でした。どの理由もすべてママなら「あるある」と共感できるものばかり。

・急いでいるときに限って、だらだらとしていて何度「準備をして!」と言っても急がない
・体調が悪く、頭が痛いなかで夕飯の支度をしているときの兄弟げんか
・夫の飲み会や残業が多く、ワンオペ育児が続いて不満が溜まっているとき
・むし歯になってしまい、これ以上増やさないために歯磨きをしたいのに激しく抵抗するとき

焦り、体調不良、疲れ、不安、期待など、怒りの根底にはママが抱えるさまざまな状況があります。だからこそ、子どもに感情的になって怒りをぶつけてしまうことは、ママの罪悪感に繋がってしまうようです。

自分なりの対策があるのは約半数

それでは、冷静になるための対策はどんなものがあるのでしょうか?「カーッとなったときに自分なりの対策がありますか?」という質問に「ある」と答えたのは11人。9人は対策がなく、感情のやり場に困っているとの返答でした。怒鳴ったり、無視をしてしまったりし、そのあとで後悔することを繰り返しているそう。そのことに悩んでいるママもいれば、仕方のないことと割り切っているママもいました。

対策には大きく分けて2つの傾向が

b3ceb1dd75252f3bc55b1e43173bab9a_s

対策があると答えたママの行動には大きく2つの傾向がありました。
■大きな声を出す
・タレントのくわばたりえさんは、カーッとなったとき、「この宝物!」と子どもに叫んでいるとブログに書いていて、実践している
・「心配ないさ〜」と大声で歌ったり「エイドリアーン」と大音量で叫ぶ
・本当は「いい加減にして!」と叫びたいところを、両手を広げてオペラ調の高い声で「あ〜」と歌う

ママは耐えに耐えて限界がきて爆発するので、とにかく一回、怒りやエネルギーを体から外に出すことが大切とのこと。大きな声に一瞬子どもはびっくりするようですが、ママの姿を見て、笑い出し、緊迫した場が和む、との意見がありました。

■その場を離れる
・「トイレに行く」と言って意味もなく水を流し、流れる水を眺める
・数秒だけ玄関から外に出る。ベランダに出るよりも我に返れる
・冷蔵庫を開けて頭を冷やす

場所を変えることで空気が変わり、怒りで湯気が出ている頭をクールダウンさせてくれる効果があるようです。少しの時間ですが子どもが置いてきぼりになるので、戻ったあとのフォローが大切になりそうです。

そのほかには「鏡で自分の顔を見る」「黒い邪気を口から出すイメージで深呼吸する」などの意見もありました。

これは使えそう!という行動があったら、今度カーッとなってしまったときにぜひ試してみてください。子どももママも平穏に過ごせる時間が少しだけ長くなるかもしれません。

<文:フリーランス記者 飯作紫乃>

関連記事

関連記事

キーワード検索

幼稚園関連サイト

  • こどもがまんなかPROJECT
あんふぁんWebは子育てママを応援しています。