ママライフ

小5男子が1年で英検3級合格!オンライン英会話、上達の5つのコツ

好きなときにオンラインで外国人と英語で話ができるオンライン英会話。実際に始めてみると「効果的な学習法がわからない!」という声をよく聞きます。英語学習を始めて1年で英検3級まで余裕で合格、という小5の息子をもつ家庭学習ブロガーのなかやまさんは、オンライン英会話の絶大な効果を実感しているひとり。どうすればぐんぐん上達するのか、コツを教えてもらいました。

001_001_image1

毎日の英会話を楽しみにする息子。ABCから英語を勉強し始めて1年ちょっと。今では小説なども読むように。字が読めるようにしておくと上達も早い(写真:なかやまさん提供)

上達のキーは講師との相性

なかやまさんの息子は小学5年生。4年生の6月から英語学習をはじめ、現在は英検2級受験を目指して勉強中です。オンライン英会話は昨年の9月から開始し、1年が経過しましたが、今ではお母さんに文句を言うときにうっかり英語が飛び出してきたり、自分で作った物語を講師に話して聞かせたりと、かなり自在に使えている様子。これだけのスピードで英語をモノにできたのも、オンライン英会話のたまもの、となかやまさん。上達のキーはなんといっても講師との相性だと言いきります。
どんなに評価の高い講師でも、気が合わなければまったくレッスンになりません。初心者であればあるほど英語そのものが嫌いになってしまう可能性もあるので、まずはお気に入りの講師を見つけることが肝要です。これはどのスクールでも同じことが言えますが、DMM英会話を例にしてみましょう。

講師の評価内容をよく読み込もう

気が合うかどうかを判断するには、やはり一度は講師のレッスンを受けてみなくてはなりません。どの講師のレッスンをとるか、目安となるのは講師の評価。DMM英会話の場合は、講師が星の数で評価されようになっています。ユーザーからのコメントも見ることができるので、星の数だけではなく、そちらも参照するのがおすすめです。星1つの評価がついていても、その内容が「回線や音質が悪かった」というものであれば、それは講師への評価ではなくスカイプなどのシステムへの評価であって、講師のレッスンスキルには関係がないからです。また、「楽しかった」「やさしかった」といった個人的な感想もあまり参考になりません。
参考になるのは「手品をしてくれた」「ギターを弾いてくれた」「科学のお話をしてくれた」といったコメント。たとえば小さな子どもの場合は子どもと遊ぶのに慣れている講師なら飽きずに最後までレッスンを受けられるし、興味のある話題になれば子どもは一生懸命話をしようと前向きになります。ほんのちょっとのことで子どもの食いつきが全然違ってくるので、未就学児や低学年の子には特にじっくりと講師を選んであげるのがいいでしょう。「キッズ向け」「初心者向け」というタグがついていても、実は子どもの扱いに慣れていない講師もいれば、逆にそうしたタグがついていなくてもとても子どもと気が合う講師もいます。星の数だけでなく、コメント欄を読みこんでみると、より講師の人となりがわかるので、参考にしましょう。ちなみに、フィリピン人の講師は陽気な人が多く、小さな子どももなつきやすいようです。

同じ講師でレッスン、が理想

いつも同じ講師とレッスンを進めていくのも上達のポイントです。毎回自己紹介に時間を割かなくてもよくなりますし、子どもの間違いの傾向などを講師も覚えていてくれるので、自然にレッスンがカスタマイズされていきます。ただ、いつも同じ講師のレッスンを予約できるとは限らないのがオンライン英会話。人気のある講師は争奪戦で、次はいつ予約できるかわかりません。
なかやまさんは毎朝同じ時間に同じ講師の予約をしていますが、これは毎朝サイトをチェックして、その講師が何時にスロット(レッスン予約を開始すること)するかを確認し、そのタイミングで予約をすることで可能となっています。人気のある講師は、スロットした直後、1~2分で予約が埋まってしまうので、その時間を逃さないようにしましょう。なにそれ、超めんどくさい!と思うなかれ。いつスロットするかを聞くと教えてくれる講師もいますし、時間がわかっていればそれほど大変ではありません。ジャニーズのコンサートチケットを買うようなノリで無心になりましょう。

興味のあるトピックの資料を事前に用意する

レッスンは、ABCから学ぶ超ビギナー用から英検対策、メディカル英語など、教材を使用する場合が多いです(教材は有料無料あり)。ただ、子どもが既存の教材を嫌がる場合は自分で教材の代わりとなるものを用意するのも手です。
子どもの興味のあるトピックに強い講師を選び、あらかじめ話題にしたい内容を決めておき、講師に資料を送っておきます。今年の9月ごろ、なかやまさんの息子は土星探査機カッシーニに夢中だったので、カッシーニに関するニュース記事などをあらかじめ用意し、それについて話をさせるようにしました。興味のある内容なので、息子は教科書通りではない表現方法や新しい単語をみるみる覚えていったそう。その話題になると大人顔負けの議論ができるようになりました。講師にも事前に送っておくことで、いろいろ調べておいてくれるので、会話がとても有意義。こういう対応をしてもらえるのも、仲のいい“いつもの先生”だから、とありがたみを実感しているといいます。

「休まない」ことで頭が英語脳になっていく

最後に、実はこれがもっとも難しいかもしれませんが、なかやまさんが重要視しているのは「休まない」こと。習慣化することで頭が“英語脳”になっていき、休んでしまうと回転が悪くなって単語がすぐに出てこなかったりと少し後戻りしてしまうのだそう。これでは効率が良くないので、たとえお気に入りの講師の予約をとるのに失敗しても必ずなにかレッスンを入れて英語に触れさせるのがおすすめです。
「なにか楽しみを見つけるといいですよ」となかやまさん。いくら継続は力なりとわかっていても、ひたすら勉強をさせるだけでは親も子も続きません。なかやまさんの場合は「かっこいい講師がいるんですよ(笑)。講師選びも楽しいし、息子が彼と楽しく会話しているのを聞いているとこちらも楽しい気持ちになります」と、講師の“ファン”になって予約作業自体を楽しむことにしているそう。毎日息子のレッスンを近くで聴いているだけですが、なかやまさんは以前よりも映画などの英語がよく聞き取れるようになったそうで、なんだかうれしいオマケもついてきました。なかやまさんのお気に入り講師たちはネイティブスピーカーではなく、国籍もさまざま、発音のクセもさまざまですがネイティブの英語が聞き取れるようになっているのです。息子も、英検準2級のリスニングの正解率は9割を超えており、「オンライン英会話、あなどれません」とにっこり。結果がついてくることにこそ、もっとも満足できるもの。親も子も大満足で今日もオンライン英会話にいそしんでいます。

<文:フリーランス記者 岩佐 史絵>

関連記事

関連記事

キーワード検索

幼稚園関連サイト

  • こどもがまんなかPROJECT
あんふぁんWebは子育てママを応援しています。