ママライフ

子どものバレエ発表会舞台裏!かかる費用やママの仕事は?

女の子に人気の習い事のひとつがバレエ。ただ、「発表会にお金がかかりそう」「ママたちの関係が大変そう」というイメージもあるようです。先日、小学校3年生の娘の発表会が終わりましたので、母の会の活動やかかる費用など、バレエの発表会の舞台裏をご紹介いたします。

衣装やヘアセット…。お母さん全員が発表会前にやらなければいけないこと

今回は、発表会の2週間前に当日身につける衣装(レンタル品)を受け取りました。汚れたり切れたりしないようお母さんたちが着替えを手伝い、まずはサイズの確認。衣装をつけての動きに慣れるよう、普段の練習でも数回衣装でレッスンをします。サイズが小さすぎて着られない場合は交換になりますが、サイズが大きい場合はお母さんがお直しをします。

IMG_2934

娘は細身なので毎回“ムシ”と呼ばれるホックの受け部分を縫い付けて詰めます

不器用な私が苦手なのがヘアセット。ワックスウォーター、水溶性のハードジェル、スタイリングスティック、ハードスプレー、ヘアネット、シニョンネットを駆使して乱れないようシニョンを作ります。娘は髪の量が多いのでつかみ切れず毎回大変。何度かやり直しをして、完成までに10分以上かかってしまうことも…。

IMG_6639-300x400

首を長く、頭を小さく見せるため、バレエのシニョンはなるべく潰します。後頭部に“お団子”ではなく“甘食”が張り付いているイメージが理想なのだそう

発表会当日のベースメイクもお母さんの仕事。ドーランを、顔、首、肩、背中、腕〜手の甲に塗り、おしろいをはたきます。普段使っているファンデーションとは色味もテクスチャーもまったく違うドーランの扱いに、初参加のお母さんは苦戦! 恐る恐る塗ってはムラになったところにドーランを足し、それがまたムラになってさらにドーランを足し…といつまでも仕上がらないので、ベテランのお母さんがお手伝いに入ります。その後で先生が舞台用のメイクアップをしてくれます。

発表会を見に来てくれたおじいちゃん・おばあちゃん、お友達へのお礼やお返しも大切。私は、親戚には後日写真を、お友達にはハンカチや文具程度のミニギフトを渡しました。

先生へのお礼の準備や撮影など。母の会の活動って何をするの?

明確に「母の会」が組織されているバレエ教室もありますが、娘の教室は、発表会の前だけ長くいる保護者が中心となり連絡を取り合います。

〈発表会前の母の会の活動〉
・先生にお渡しするお礼の準備(商品券と花束。それぞれ5000円程度を家庭数でワリカン)
・当日の持ち物や諸注意も経験者ママが早めに皆さんに連絡する
・事前に場当たり稽古(=出演者の立ち位置や出ハケ、照明・音響など裏方の確認を行うもの。音には乗らずに場面ごとに確認をしていく)や、ゲネプロ(=リハーサル、通し稽古。衣装をつけ、本番と同じ条件で実施)がある場合は手伝いをする。具体的には、舞台袖で待機している子どものトイレや水分補給、出ハケのタイミングを教える、音出しなど

〈発表会当日の母の会の活動〉
・当日に場当たりやゲネプロがある場合は必要に応じてお手伝い
・お教室単体の発表会の時は、先生や舞台監督、音響や照明さんなどスタッフのお弁当を買いに行く
・代表者数名が撮影可となっている場合は撮影係を決めておき、撮影する
・発表会後に先生にお礼を渡す
・返却された衣装の汚れやほつれ、枚数などのチェック

〈発表会後の母の会の活動〉
・代表者が撮影をした場合、画像をクラウドにアップする、DVDにして配布するなど

こうした活動を通して母同士も仲良くなりますし、子どもたちの成長を見守る仲間としての絆が強まります。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

発表会当日のタイムスケジュール

発表会当日の流れは、その教室単体の発表会なのか、複数団体で構成される発表会なのかで異なります。今回の娘の発表会は市民会館で行われた複数団体参加のもの。待機時間が長くなりますし、ほかの団体と楽屋が一緒になるので、迷惑にならないよう気を遣いました。

〈発表会当日のタイムスケジュール例〉
・10時に楽屋集合
・衣装に着替えて10時半からゲネプロ
・参加全団体そろってのフィナーレの場当たり
・12時近くに楽屋に戻り、練習用レオタードに着替えて昼食
・12時半からメイク開始。終わり次第静かに待機
・13時半頃、体にもドーランを塗り、おしろいをはたき、衣装をつける。以降飲食もトイレも厳禁
・14時半から本番

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

今回の発表会にかかった費用

区民祭のプログラムへの参加だったので、参加費6000円(娘は1曲プラスフィナーレに出演)、衣装代送料込8940円。撮影も自由にできて写真やDVDの購入も無し。ほかは個人的に、新しいタイツ(800円)、バレエシューズ(1000円)、アンダーパンツ(820円)を購入しました。今回は格安!

バレエを習うことを検討しているお母さんは、母親がどの程度お手伝いをするのか、発表会の頻度、発表会はどういう形態で行っているのか、費用はどのくらいか、確認できるとよいですね。

独特のルールも多いバレエ。衣装のお直しやシニョンなど、面倒だなと思うこともありますが、場当たりやゲネプロなどは舞台ならではの貴重な経験! スポットライトを浴びて堂々と踊る娘たち、笑顔でステージから降りてくる姿、花束やプレゼントを抱えて嬉しそうな表情を見ていると習わせていてよかった、と思います。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

<文・写真:フリーランス記者 森藤理絵>

関連記事

関連記事

キーワード検索

幼稚園関連サイト

  • こどもがまんなかPROJECT
あんふぁんWebは子育てママを応援しています。