ママライフ

はじめての保活、不安を解消する3つのポイント!

2017年4月時点で、待機児童の数は2万6081人。国は、待機児童ゼロの目標年度を2017年から2020年に修正しました。あいかわらず保活は厳しいようです。はじめての保活、何からどう手をつければいいのでしょう…。2児の母で、都内で認可外→認証→認可と渡り歩いた保活経験者、また現在は保活講座のファシリテータとして活動している飯田陽子さんに話を聞きました。

e3150019392b69429ed3105263b4ef94_s

保活のポイントは「情報収集」+「保育指数算出」+「希望園の絞り込み」

1.情報収集
まずは情報を集めることからスタート。自治体の保育課に行き、保育利用の案内冊子を入手します。自宅近辺に保育園がいくつあるのか? それぞれの受付年齢と入園枠は何人か、“全体像”を把握しましょう。

2.保育指数算出
次に保育利用の案内に添付されている「保育の利用基準表」から、保育指数を算出。
保育指数とは、各家庭における保育の必要性を数字で表したもので、この数値を元に入園調整が行われます。希望した園の中で、保育指数の高い人から入園できる仕組みとなっています。
この保育指数、自治体によって基準や指数が大きく異なります。まずは指数表を参考にして、わが家の保育指数を算出しましょう。うまく算出できない、算出した指数に自信がない場合は保育課に相談してもよいでしょう。

3.保育園選び
保育園には大きく分けて、認可保育園と認可外保育園があります。認可保育園は広さや職員数、設備など、国で定められた基準を満たしたもので、入園申し込みは各自治体で行います。東京都には都の認定を受けた“認証保育園”もあり、こちらの入園基準は園によってさまざま。入園申し込みは保育園で直接行います。認証保育園は国の補助を受けていないため、料金がやや高め。園庭の有無やシャワー室、トイレの広さや数などハード面で認可保育園と規準が若干異なるようですが、基本的にはほとんど同じ環境で保育が行われているようです。
・まずは見学から
園によって保育方針や雰囲気は異なります。実際に自分の目で見て確かめましょう。1つの園だけを見て決めるのではなく、可能な限り多くの園を見学し、自分なりにどういう園がいいか、イメージを固めましょう。
・見学のポイント
見学の時間帯によってはお昼寝や昼食に重なり、保育の様子や雰囲気がわからないことも。そこで利用してほしいのが、未就園児向けの行事や、地域に開放している公開行事。先生と子どもたちの関わり方、園全体の雰囲気を知ることができるので要チェックです。
・保育園の絞り込みの仕方
一番頭を悩ませるのが、保育園の絞込みです。絞込みは、それぞれの家庭で“もっとも優先すべきこと”から考えていきます。家から保育園までの距離を優先するのか、駅や職場からの近さか、また保育園の雰囲気や方針、入園申し込み時の競争率なのか…夫婦でしっかりと話し合い、決めることが大切です。
・それでも迷ったら?
「保育園の立地>設備>雰囲気」
通園は毎日のこと、家や駅、職場からの近さはとても大きいものです。設備として園庭の有無も大切ではありますが、飯田さんは立地を優先して園庭はあきらめました。しかし園庭がなくても、近くの公園までお散歩し、子どもたちを外で遊ばせてくれている様子を見て、必ずしも園庭がマストではないと思ったのだとか。日頃どのように遊ばせているのか、また雨の日はどう過ごしているのかも聞いておくとよいでしょう。その他、衛生面や安全面に対する意識も大切。こちらも確認しておきましょう。

852490048e193304534ef452b17b1e5b_s

・保育園の希望順を書くポイント
絞り込みと同時進行したいのが、保育園の希望順。保育指数が高い人は、第1希望から入りたい順で書くことが可能ですが、指数が低い人は通える範囲を広げつつ、保険のためにもできるだけ多くの園を書いておきましょう。入園後、より希望に近い園に入れるように転園届けを出したり、フルタイムで就労を果たしてから、転園を狙うという選択肢もあります。

入園申し込みの申請時に気をつけること

・必要書類は余裕を持って準備
入園申し込みに必要な書類、申し込み締切日は自治体によって異なります。育休中や就職先が内定している人は、勤務先の勤務(予定)証明書が必要。これは夫婦共に提出しなくてはいけないので、早めに準備しましょう(自営業、フリーランスの人は自分で発行)。また、引っ越して間もない場合は、納税証明書が必要になる場合も。こちらも取り寄せ期間を考慮して。
・申し込みは締め切り1週間前までに
書類に記入漏れがあると、選考基準が低くなるので要注意です。少なくとも締切日の1週間前までには提出し、残りの時間は万が一の不足書類を補充するつもりで動きましょう。
・希望園申請、変更のプチ裏技
締め切り間近の保育課窓口は大混雑です。園の希望順を12月の締め切りまで変更ができる自治体もあるので、その場合は窓口が比較的空いてる10~11月初旬に一旦申請を済ませ、締め切りギリギリまで希望順を悩んで変更届けを出すのがオススメ。窓口まで行かなくても、FAXで変更可能なこともあるので、こちらもチェックしておきましょう。

「保活で最大の敵は孤独と不安です。1人で保活をする心細さと不安を払拭するためにも、児童館などで保活仲間を見つけ、情報を共有することが最後のポイントかもしれません」と、飯田さん。仲間と互いの活動を報告し合いながら、ときに笑いながら保活を進めていけると、心が折れずにがんばれますね。

<文:フリーランス記者 林 未香>

関連記事

関連記事

キーワード検索

幼稚園関連サイト

  • こどもがまんなかPROJECT
あんふぁんWebは子育てママを応援しています。