ママライフ

材料3つで“バスボム”を作ってみた!入浴剤や排水溝の掃除にも!

以前に会った、アロマブランドのPRの方が「バスボムって、簡単に作れるんですよ。私も子どもと一緒に、よく作っています」と教えてくれました。某有名せっけんショップでも、カラフルでかわいいものがよく売られていますが、決して安いものではないので、「え! 本当に作れるの?」と思いつつ、ネットで調べてみると、いくつものレシピが出てきます。早速私も娘と一緒に作ってみました。

new_IMG_1519

材料は、重曹とクエン酸、片栗粉(コーンスターチ)の3つだけ!

たくさんあるレシピを調べてみると、基本の材料はこの3つ。
・重曹
・クエン酸
・片栗粉orコーンスターチ
これに好みで、岩塩やアロマオイルを加えます。
基本の配合比率にもパターンがあり、重曹:クエン酸:片栗粉(コーンスターチ)=3:1:1または2:1:1だとわかりました。「コーンスターチと片栗粉の違いはあるのかな?」と思い、一応両方のパターンで作ってみます。

〈材料〉
重曹、クエン酸、片栗粉orコーンスターチ、
アロマオイル(なくてもよい、使う場合は子どもが3歳以上から)、
飾り用のドライの花びら、岩塩(なくてもよい)

new_FullSizeRender2

〈道具〉
製氷皿やシリコンの型、ガチャガチャの入れ物、クッキー型、スプレー、ビニール袋

new_FullSizeRender12

ビニール袋に材料を入れて混ぜるだけ、計量しなくてもOK!

最初に、ビニール袋に材料を入れます。計量器で測るのが面倒だったので、大さじ1を基準にして、重曹を6杯、クエン酸を2杯、コーンスターチを2杯入れました。袋の口をぎゅっと結んで、粉がよく混ざるように上下に振り、シャカシャカします。

new_FullSizeRendernew_IMG_1495

しっかり混ざったら、アロマオイルを3〜4滴たらし、再びシャカシャカ。その後、スプレーで少しずつ水を加え、その度にシャカシャカと振ります。一度に水をたくさん入れると、クエン酸が反応して発泡してしまうので、少しずつ入れて混ぜます。袋の外から粉を手でぎゅっとつかんで、「なんとなく形が残るかな」くらいになったら、型に入れていきます。

new_FullSizeRender5

もし花びらや岩塩などを入れる場合には、完成したときに上にくるよう一番下に入れておきます。型に入れるときは、指先でやさしく固めながら詰めていきます。ガチャガチャの容器には、少しあふれるくらいまで入れるのがいいようです。

new_FullSizeRender3

new_FullSizeRender6

そのまま数時間〜半日ほど置いておきます。私の場合は、2時間くらいで固まって、型から抜くことができました。ガチャガチャの容器に入れたものは、固く詰めすぎたせいか出すのが大変で、一部分が崩れてしまいました。

new_FullSizeRender8

シュワシュワ発泡していい香り! お湯もなめらかになる

その日の夜、早速お風呂で使ってみました! シュワシュワと心地いい音と一緒に、アロマの香りがほんのり香ってきます。「シュワシュワが楽しいね!」「いい香り〜。もうひとつ入れる!」と子どもたちも大喜び。バスボムが全部溶けた後のお湯は、いつもよりなめらかでとろみがあり、肌にふれるとすべすべした感触でした。ちなみにコーンスターチと片栗粉の違いは、使用感にあまり差が感じられませんでした。

今回ドライの花びらを入れたのですが、排水溝が詰まらないように入浴後にすべてすくって集めておきました。片付けが面倒な人は、入れないほうがいいかもしれません。

new_FullSizeRender11

バスボムを入れたら、追い炊きはNG! 家族全員が同じ時間帯にお風呂に入れる日に使う

「バスボムを使ったお湯は、追い炊きができるか?」も気になり、家の風呂釜の説明書を見ると、市販の入浴剤のラベルに『風呂釜に影響を与えない』と記載されているものはよいが、イオウや炭酸ガスを発生させる入浴剤、湯が濁るタイプの入浴剤は、機器に悪影響を及ぼす恐れがあるので、使用しないでくださいとありました。

バスボムは、シュワシュワしているのが炭酸ガスで、コーンスターチや片栗粉を使用しているのでお湯が少し白く濁るので、追い炊きはNG。家族みんなが同じ時間帯にお風呂に入れる、週末などにバスボムを使うのがいいのかもしれません。また「アロマオイルがないけど、香りはつけたい」場合は、使わなくなった香水を代用して使っている人もいました。

今回色づけはしていませんが、食用色素やローズクレイパウダーなどを使えば、きれいな色に仕上がるので、ぜひ次回は試してみたいと思います。

入浴剤としてはもちろん、排水溝掃除にもなるから一石二鳥

バスボムを使うとお湯がなめらかになる上、そのまま流すことで排水溝の掃除にもなるのが嬉しいポイント。製氷皿に小さなバスボムをいくつか使って、キッチンの排水溝掃除用にしてみたいと思いました。

材料も少なく作り方も簡単なので、子どもと一緒に作るのにぴったり。小さなお子さんには、バスボムの中に小さなおもちゃを忍ばせてみたり、カラフルな色とかわいい形にして、お風呂が楽しくなるようなバスボムにするのもおすすめ。ぜひ、みなさんも作ってみてくださいね。

<写真・文:フリーランス記者 武田由紀子>

関連記事

関連記事

キーワード検索

幼稚園関連サイト

  • こどもがまんなかPROJECT
あんふぁんWebは子育てママを応援しています。