ママライフ

「アルプスの少女ハイジ」が実写映画化! あの名シーンはどう映像化される?

小さい頃、大好きだったアニメのひとつが「アルプスの少女ハイジ」。幼な心に憶えているのが、ハイジが過ごすアルプスでの自然豊かな暮らし。原っぱをごろごろ転がってみたり、ブランコをこぐときにテーマソングを歌ってみたりと、アルプスへの憧れを胸に、ハイジになりきって遊んでいたのをよく覚えています。

そんな名作アニメが、実写映画「ハイジ アルプスの物語」になり、8月26日(土)から公開されます。ハイジファンとして、「これは見逃せない!」と、ひと足先に鑑賞してきました。

s_『ハイジ』メイン

舞台はスイスのアルプス。大自然に囲まれた美しい場所に来たハイジ

舞台はスイスのアルプス。両親が亡くなり、親戚のデーテおばさんに面倒をみてもらっていたハイジは、おばさんの仕事の都合で、アルプスの山小屋にひとりで住むおじいさん(アルムおんじ)の元に連れて行かれてしまいます。無口で人付き合いが苦手なおじいさんだけれど、少しずつハイジを受け入れ、心を通い合わせるようになります。ハイジはヤギ飼いのペーターと仲良くなり、アルプスの暮らしを満喫しはじめますが、再びデーテおばさんがやってきて、「フランクフルトの大きなお屋敷に住める」とハイジを連れ去ってしまいます。そこで出会うのが、お嬢様のクララ。足が悪く車いすで暮らしているクララの話し相手として、ハイジが連れてこられたのでした。

ストーリーは、アニメとほぼ同じ。実はアニメにも原作があり、元祖はスイスの作家ヨハンナ・シュピリによる1880年に出版された児童文学「アルプスの少女ハイジ」です。これまで60以上の言語に訳され、5000万部以上が発行されている人気の物語です。

ハイジはカーリーヘアに! アニメのイメージと変わらない、すばらしいキャスティング

ハイジ役を演じるアヌーク・シュテフェンは、撮影当時まだ9歳。500人の候補の中からハイジ役を射止め、デビューを果たしました。アニメのおかっぱのようなヘアスタイルから、カーリーでラフなパーマが愛嬌たっぷり。キュートでエネルギッシュな雰囲気がハイジ役にぴったりです。両親を亡くし、数奇な運命をたどることになっても、いつも前向きで積極的に生きるハイジに元気がもらえます。

s_「ハイジ」サブ2

やんちゃなペーター役の少年や、アルムおんじを演じたブルーノ・ガンツなど、アニメのイメージにぴたりと合うキャスティングもすばらしいです。クララは足が悪い以外は元気ですが、線が細く美少女という点は同じです。

子ヤギのユキちゃん、かわいいリスのようなアルプスマーモットなど、おなじみ動物たちも登場します。アルムおんじが飼っていた犬、ヨーゼフはいませんでしたが、クララの屋敷で飼っている子猫たちもいました。

干し草のベッド、パン、ヤギのミルク。気になる3つは、どう映像化されていた?

そして、もっとも気になっていた3つ。干し草のベッドと、白パン・黒パン・溶けたチーズのパン、絞り立てのヤギのミルクはどうでしょうか?

干し草のベッドは、アルムおんじの屋根裏にありました! 茶色ではなく青めの干し草で、シーツなどは敷かないで、そのまま寝床として使っていました。白パン・黒パン・チーズのパンもすべてありました。黒パンはペーターの家に遊びに行った時に、白パンはクララの家に行った時に食卓に登場します。ペーターのおばあさんは歯が悪く、固い黒パンが食べられないことから、ハイジはクララの家で白パンを隠して持って帰ろうとする優しいエピソードもありました。暖炉で加熱したチーズをナイフで落とし、とろ〜り溶けたチーズをのせて食べるパンは、とてもおいしそうでした。木皿に絞り立てのヤギのミルクを注ぎ、ごくごく飲むシーンは、とても豪快です。一度は、自分も体験してみたいと思いました。

s_「ハイジ」サブ1

大人になった今だからこそ分かる、ハイジが伝えたかったこと

アニメのほとんどがリアルに再現されていたので、それを見るのも楽しいですが、それ以上に、幼い頃によくわからなかった物語のストーリーや登場人物の心情、ハイジが置かれた状況がよくわかり、「アルプスの少女ハイジ」の魅力を改めて理解できたような気がします。

また、どんなときも人を思いやることの大切さ、夢や希望をもつことの強さ、やりたいことは人に何を言われてもやる…など、子どもはもちろん、大人にも響くメッセージがたくさんあります。ストーリーもとてもシンプルでわかりやすいので、子どもでも十分楽しめます。夏休み最後の思い出に、「ハイジ アルプスの物語」をぜひ親子で観に行ってみてくださいね。

————————————
「ハイジ アルプスの物語」
8月26日(土)、YEBISU GARDEN CINEMAほか全国ロードショー

監督:アラン・グスポーナー
出演:アヌーク・シュテフェン、ブルーノ・ガンツ、イザベル・オットマン他
WEB:http://heidimovie.jp
©2015 Zodiac Pictures Ltd / Claussen+Putz Filmproduktion GmbH / Studiocanal Film GmbH
———————

<文:フリーランス記者 武田由紀子>

関連記事

関連記事

キーワード検索

幼稚園関連サイト

  • こどもがまんなかPROJECT
あんふぁんWebは子育てママを応援しています。