ママライフ

直行便で子連れにうれしい!ポーランドのヴィエリチカはヘルシーな世界遺産!?

20170222135706

すべてが塩でできている礼拝堂。地下にいても坑夫たちは欠かさず祈りを捧げていた

成田から直行便あり! 気軽に行けるポーランド

日本(成田)から首都ワルシャワまで直行便もあるポーランド。2017年7月には増便され、週4便が両国をつなぎます。直行便がある、というだけでぐっと子連れにも行きやすく感じるもの。ヨーロッパで成田空港から直行便で行けるのは14か国のみ(2017年7月現在)ということを考えると、これはぜひ子連れで行ってみたいものです。なにしろポーランドといえば長い間“東側”の国としてべールに包まれていた存在。世界遺産のアウシュビッツ・ビルケナウがあまりにも有名ですが、実は美しい旧市街の街並みや豊かな自然などほかにもたくさんの世界遺産があるのです。

20170222135706

世界遺産、クラクフの旧市街にある聖マリア教会はシンプルな外観からは想像できないほど豪奢で美しい

ポーランドを代表する世界遺産の数々

とかく悲惨な歴史が語られることの多いポーランドですが、敬けんなカソリック教徒が人口の大半を占めるのどかで穏やかな国。数百年の歴史ある木造教会群もポーランドの世界遺産として代表的なもののひとつです。そしてもうひとつ、そんなポーランドらしい世界遺産が、ヴィエリチカ岩塩坑。古都クラクフから車で30分ほどの近郊にあるヨーロッパ最古の岩塩鉱です。ヨーロッパには古くから使われていた塩鉱がいくつもありますが、こちらは規模の大きさ、そしてつい最近まで実際に稼働していたこともあって1978年に世界遺産に認定されたのでした。現在は年間150万人もの人が訪れる、ポーランドきっての人気スポットとなっています。

20170222135706

坑道の全長はなんと300㎞! 降りるときは階段だが、最後にはリフトで一気に地上に戻れる。最後のリフトが狭いのと、階段も多いのでベビーカーは難しそう

冒険心をくすぐるツアーも家族で参加できる

この岩塩鉱は地下327m、坑道の長さは300㎞にも及ぶとあって、かなりの規模を誇ります。9層にわかれた構造のうち、観光客が訪れることができるのは3層まで。見学するには入場の前にガイドツアーに参加しなければなりませんが、残念ながら日本語のツアーはありません。ただ、「坑夫たちのルートMiner’s Route」を選択すれば、ヘルメットにヘッドライト、作業着を着ての本格的ないでたちで普通の観光客と違う、もっと詳しく塩鉱内部に触れることが可能。こちらは地元の小学生などもよく訪れる、社会科見学コースのような感じですが、大人でも楽しめます。家族で参加するのがおすすめです。

20170222135706

作業着に身を包み、ヘルメットをつけて。一般のツアーと違うコースを歩くので、歩きやすい靴で参加を。この日は地元の高校生グループが参加していた

聖キンガ礼拝堂などすべてが塩でできた礼拝堂は必見

ヴィエリチカのハイライトといえば、坑内に設置された数々の礼拝堂や装飾。一度塩鉱に従事すれば何か月も地上に出ることができなかった坑夫たちも、やはり敬けんなカソリック教徒たち。坑内に40を超える礼拝堂を彫り、信仰を忘れず地下での仕事の無事を祈ったのでした。なにがすごいって、塩鉱なのでそれらの素材はすべて塩、というところです。中でもその規模や彫られているレリーフの美しさで知られる聖キンガ礼拝堂は、頭上に下がるシャンデリアまでも塩でできているという徹底ぶり。ポーランドの人々の敬けんぶりもさることながら、芸術的技術の高さにも驚かされます。

20170222135706

最大の聖キンガ礼拝堂内には宗教画『最後の晩餐』も壁に彫りこまれている。現在はパーティーなどに使われることもある幻想的な空間

塩の効能? 研究が進む療養施設

もうひとつ、興味深いのが、岩塩鉱に併設された施設です。科学的な証明はさておき、約1000年もの歴史あるこの岩塩鉱では働いている坑夫たちには肺病が見られなかったというデータがあるそうで、それに基づいて多くの研究が現代でも活発に進められています。というのも、坑内の空気には塩分が含まれているといい、それが肺病やアレルギーの症状を緩和すると考えられているのだそう。そのため、ヴィエリチカにはヘルスリゾートも設置され、子ども向けの施設ではサマースクールのように楽しくわいわい活動しつつ自然の恩恵にあやかろうというプログラムもあります。
また、敷地内に近年設置されたばかりの「Graduation Tower(Teznia Solankowa)」は小枝で組んだ壁の中を塩水が循環し、塩分を含む細かなミストが充満するエリアで、これもまた癒しを目的に作られたものです。とはいえ、治療や効能を求めて、というよりのんびりと友と語らうために訪れる地元の人が多いよう。確かにガーデンの緑に囲まれた中、流れる水の音が涼しげでのどかな雰囲気。特に夏場は毎日でもふらっと散歩に来たくなるような施設です。せっかく世界遺産を訪れたなら、ぜひこちらにも足を運んでみましょう。観光地めぐりでとかく忙しくなりがちな旅行中、ほっと一息つくいい時間になることはまちがいありません。

20170222135706

壁がすべて小枝で編まれた不思議な建物。内部を塩水が通っているので、近づくとちょっと涼しく、リフレッシュ。塩鉱とは別料金

ヴィエリチカ岩塩坑 入場料(ポーランド語以外のガイド) 大人:84ズロチ
子ども(4歳~16歳):64ズロチ
ファミリー(大人2人、子ども2人):232ズロチ
グラデーションタワー 入場料 大人:9ズロチ
子ども(4歳~16歳):6ズロチ
ファミリー(大人2人、子ども2人):16ズロチ

(通貨:1ポーランドズロチ=約30円※2017年7月現在)

<文・写真:フリーランス記者 岩佐 史絵>

関連記事

関連記事

キーワード検索

幼稚園関連サイト

  • こどもがまんなかPROJECT
あんふぁんWebは子育てママを応援しています。