ママライフ

格安orジャルパック?ハワイのパッケージツアーその利点を今こそ見直そう

格安旅行会社てるみくらぶの破産により、にわかに旅行業界が注目されている今日この頃。特に今回は多くの消費者に甚大なる損害を与えていること、また、同社のツアーを利用したことがある人も多いため、他人事と思えない人も多いのではないでしょうか。そんな折、ハワイにパッケージツアーの取材に行くチャンスがあり、旅行のあり方、選び方を考えさせられました。

20170222135706

ただ「ハワイに行きたい」、そんな気持ちにさせてくれる最強のパワースポット、ワイキキビーチ

格安旅行会社パッケージ商品利用 チェックイン時間までさまよう

実は筆者も、ずいぶん前にてるみくらぶのパッケージツアーでハワイに行ったことがあります。そのときは同社の主力商品、“スケルトン”と呼ばれる現地までの航空券と宿泊のみがパッケージされたツアーを利用。航空券、ホテルなどをいちいち調べる暇もないし、現地でやりたいことが決まっているので、観光や食事の場所が定められているタイプのパッケージは敬遠していたのも、格安旅行会社の商品を選んだ理由です。このときは子連れで、4歳の娘を連れての母子2人旅。現地で先に来ていた友人母子と合流して遊ぶのが目的だったので、予算に合った旅行商品を見つけて予約したのでした。

現地に到着したのは朝の6時台。バスでワイキキにあるてるみくらぶのラウンジまで連れて行ってもらい、滞在中の注意点やオプショナルツアーなどの説明を受けたらそのまま解散、あとはホテルのチェックイン時間まで時間をつぶします。まだ朝早く、お店も開いていないし、娘はベビーカーの中で爆睡中だし、さて困った。ビーチでのんびりしようにも、日焼け止めや水着などはすべてスーツケースの中。なにより着替える場所もない。お腹はぜんぜん空いていないけれど、しかたなくホテルの近くにある24時間営業のレストランに入ってぼんやりしていました。それも長くはいられないので、買い物に出かけ、町をうろうろ。数時間も経つとさすがに疲れてきて、イチかバチかとホテルに行き「もし部屋が空いていたら早めにチェックインできないだろうか」とお願いすると、幸い空いている部屋があるとのことで入れてもらいました。それでも5時間くらいワイキキをベビーカーを押しながらさまよっていたことになります。

さて、無事にチェックインすることができ、あとはのんびりマイペースに過ごすだけ! 子連れということもあり、ほとんどノープランで行きたいところがあれば自力で手配します。ノースショアにはぜひ行きたかったので、地元の旅行会社でドライバーガイド付きの車を手配。それから、KCCマーケットにアラモアナショッピングセンター、カハラまでもローカルバスなどを利用して出かけていき、あとはビーチやプールでひたすらごろごろしていました。夜にはスーパーで分厚いお肉を買ってきて、友人が滞在していたコンドミニアムのバーベキュー施設で豪快にステーキ!という体験ができたのはラッキーだったと思います。ワイキキならではの定番の過ごし方をおさえつつ、こんなふうに自分のペースで自由にのんびりできるのって、スケルトンのいいところです。

金額差たったこれだけ!? しかも専用ラウンジ利用でものすごく便利

と、ずっと思っていたのですが、仕事でジャルパックのパッケージツアーを視察したところ、もうびっくり! なんと、てるみくらぶのときに私が自力で手配した、定番のコースがカバーされていただけでなく、行動制限が非常に少なく自分のペースで好きに動くことができるようになっていたのです。それでいて、料金はてるみくらぶに支払ったものよりほんのちょっと高いだけ。行った年や時期などの違いもあるので厳密に比較することはできませんが、具体的に金額を言えば、数年前にてるみくらぶを利用した際は子ども料金の設定がなく(※商品により異なります)、2名で15万円ちょっとでした。ジャルパックでもこうしたスケルトンのみのプランの用意があり、季節や出発直前などのセール商品を見てみるとその金額は1名約8万円。2人分で計算すると格安旅行会社商品よりも約1万円お高くなりますが、こちらにはワイキキに6ルートあるトロリーの自由乗車券がパッケージされていて、マーケットやカハラなどにも行くことができます。なによりも、利用航空会社がJALと決まっているため、子ども向けの機内サービスの充実、機内食が楽しいなど質の良い航空会社を利用できるということを考えれば、その金額差について、どちらのツアーにしようかと悩むまでもありません。

20170222135706

JALの、資生堂パーラーとのコラボ機内食。オムライスやミニハンバーグなど、老舗洋食屋さんの味を再現

さらに、2017年1月にビーチ沿いのシェラトン・ワイキキ内に、ジャルパックの専用「アロハラウンジ」がリニューアルオープンしたそうで、そこには小さな子どもが遊べるキッズルームやおむつ替え、授乳スペースなどがありました。買い物などのちょっとした荷物を置いておけるロッカーもあるのには、もはや感動。チェックインまでの間、少しここで休んでから出かけ、買い物をしてもロッカーに入れてまた身軽になって出かけられます。ビルの中ほどではなく、入り口に近いところにあるのもうれしいところで、ちょっと休みにくるのも気軽です。
日本/ハワイのフライトはほとんどすべてが午前中に到着するので、アーリーチェックインサービスでもない限り、チェックインまでの時間を持て余すことになります。この、ただ説明を聞くためだけではないスペースがあるというのはジャルパックを利用する大きな理由になると思いました。まぁ、JALの場合は到着時刻が午前10時以降なので、待つといってもそれほどでもないのですけれども。

20170222135706

ぺたんと座り込むことができる、ジャルパック専用ラウンジのキッズスペース。小さなお子さま連れには本当にありがたい

料金はツアーに含まれるサービスに見合ったもの!金額だけで決めるのは尚早

ちなみに、ジャルパックにはノースショアやカイルアタウンのような、ちょっと離れた場所への無料ツアーがついているプランもあり、どのツアーも滞在中何度利用してもいいのだそうです。それぞれツアーでは自由時間が長めに設けられているので、なにかと動きがスローな子連れでも、お目当ての店での食事や買い物にしっかり時間をとることができます。1964年の日本人旅行者への規制緩和直後からハワイのパッケージ商品を取り扱って50年超のジャルパックだからこそ、渡航者のニーズをしっかり把握しそれに合った商品造成なのだなぁと、納得です。

いざ旅行商品を予約するとき、つい料金に目が行きがちですが、旅行会社の存在意義とは、いかに値段を下げるか、ではなくて、いかにすばらしいサービスを提供できるか、にかかっています。真正面に海が見える部屋を確約したり、ホテルのエグゼクティブクラブラウンジへのアクセスがついていたり、はたまたスパ利用時にもジャルパックのゲスト専用のラウンジがあったりと、付帯サービスには魅力的なものがいっぱい。余分にお金を出したり自分で努力しても得られない特別サービスがついている、それこそがパッケージツアーを利用する大きな利点なのだなと痛感しました。

そういえば前回、格安旅行会社を利用したとき、ハナウマ湾などは予算に見合ったいいツアーが見つからず断念したのを思い出しました。ジャルパックの無料ツアーつきのパッケージは、スケルトンのツアーに比べるともちろん料金がぐっと上がります。が、こちらのパッケージで行けばなにも自分で調べたり手配したりする手間もなく、行きたいところにはすべて行けたはず。それならば、たとえ料金がスケルトンの倍でも”高い”とは感じなかっただろうなと思うのです。

20170222135706

ノースショアツアーでは自由時間は3時間。ハレイワタウン近くにある有名なジョバンニのガーリックシュリンプワゴンにも立ち寄ることができる

◇ジャルパック 約16万円の成田発ホノルル3泊プラン、1人あたり(子ども料金は大人の料金から一律2万円引き)※2017年2月の利用時、4月から新商品となっている
・航空会社…JAL
・ホテル…ワイキキビーチの真ん中、ビーチサイドにあるシェラトン・ワイキキ
・空港/ホテル間送迎(ホテルの部屋までスーツケース運搬サービス付き)
付帯サービス
・旅行会社ラウンジ…ワイキキの主要ホテルに5か所設置。シェラトン・ワイキキ内ラウンジにはキッズエリア、おむつ替えコーナー、ロッカーなども
・朝食…ブフェ朝食クーポン2枚(1食35ドル相当)付き
・トロリーパス…6ルートあり、主要な観光名所をカバー。アラモアナなどのルートは約10分間隔で運行
・無料ツアー…ノースショア、カイルアタウン、ハナウマ湾などオアフ島の見どころを巡るツアーなど3ルート、滞在中はいくつでも参加可能
・ベビーカーの貸し出しサービスあり

20170222135706

シェラトン・ワイキキホテルのエグゼクティブクラブラウンジからの眺め。この景色の中で朝食がいただけるプランもある

<文・写真:フリーランス記者 岩佐 史絵>

関連記事

関連記事

キーワード検索

幼稚園関連サイト

  • こどもがまんなかPROJECT
あんふぁんWebは子育てママを応援しています。