ママライフ

親子3人、4人…。ベッドで寝てる? 布団で寝てる?

みなさんのお宅では、家族でどうやって寝ていますか? 夫婦2人のときと違って、場所やスペースの問題、両親と子どものポジショニングの問題など気になることも多く、「ほかのお宅はどうしているの?」と関心のあるママもいるのではないでしょうか? そこで、子どもの人数別に各家庭の寝方を聞いてみました。

新婚時代のダブルベッドに悩む人多数

子どもの人数に関係なく、今回話を聞いたママたちの多くが口を揃えて言っていたのが「新婚時代に買ったダブルベッドが邪魔すぎる!」という話。子どもが生まれると、落下や事故防止のために低い位置で子どもと寝たいのに、高さがあるダブルベッドは使い勝手が悪いようです。また、寝るスペース確保のためにベッドをつなげたくても部屋の大きさが足りないので不便だそう。「布団で川の字で寝たいのに、買って数年しか経っていないベッドを捨てるに捨てられない」というのは、ママあるあるのようです。

親子3人の場合、どうやって寝てる?

子どもが1人の場合は、寝方にあまり苦労はしていないようです。「ダブルベッドに2歳の子どもとママ、同じ部屋に敷いた布団にパパが寝ている」という人や、「4歳の子どもを真ん中にして家族3人でダブルベッドに寝ている」という人も。ダブルベッドにはベッドガードをつけたり、足をとってしまったり、子どもを壁側に寝かすなど、みなさん落下防止の対策はしているようです。「夜泣きのある赤ちゃん時代からの流れで、3歳になってもずっと夫婦別室で寝ている」との声もありました。

親子4人の場合、どうやって寝てる?

寝方イラスト1

子どもが2人になると、スペース使いが難しくなってきます。「ママと2歳の次男がダブルベッド、5歳の長男がダブルベッドと部屋の壁の間の狭いスペースに布団を敷いて、パパが足元に布団を敷いて、なんとか家族4人で同じ部屋に寝ています。でも長男がスキあらばダブルベッドに登ってくるので、結局、寝相の悪い子ども2人とママがギュウギュウ詰めで寝ている」という寝不足ママも。さらに「3人分の布団に家族4人で寝ています。6歳の長女、ママ、3歳の次女、パパの順番。狭いからか、気づくと長女が枕元、次女が足元で寝ていたりしてぐちゃぐちゃです」との意見もありました。

親子5人の場合、どうやって寝てる?

寝方イラスト

子どもが3人になると、ママの隣で誰が寝るのか?が大きなポイントになってくるようです。「ダブルベッドにシングルベッドをくっつけて寝ています。壁側から生後4か月の次女、ママ、4歳の長男、2歳の長女、パパの順番で寝ることが多いです。次女には添い乳しているので、ママの隣で寝られるのは長男か長女のどちらか一人。マイペースな長女が甘えん坊の長男に譲ることが多いですが、長女も『ママ、ママ』になると大変。結局、ママに子どもたちが集まって、パパはシングルベッドで一人ゆっくり寝ていることが多いです」。他にも「ダブルベッドの木枠は処分して、マットを2つくっつけて、両親で子どもたちをサンドするように寝ています。朝起きると家族全員違うポジションにいることも多く、左右も天地もない状態ですね」というママも。

子どもたちとくっついて寝られる時間に幸せを感じつつ、できればゆったり寝たいというのがママたちの本音のよう。限られたスペースや寝具を、パズルのように上手に組み合わせて、目指せ!親子の安眠!

イラスト:久保庭友紀子
<文・写真:フリーランス記者 飯作紫乃>

関連記事

関連記事

キーワード検索

幼稚園関連サイト

  • こどもがまんなかPROJECT
あんふぁんWebは子育てママを応援しています。