ママライフ

買い替えて良さを実感!小学生必需品のえんぴつ削り、セロテープ、とびなわ!

子どもの文具と道具、買い替えてみて初めて良さを知った商品があります。今回はそんな品々を紹介します!

頑丈さで選んだMade in Japanのえんぴつ削り

「まさか、えんぴつ削りが壊れるなんて…」

長女が小学校に入学のタイミングで購入した、手動のえんぴつ削り。4年経ったある日、つまみ部分が突然ポキッ! 一番負荷がかかる部分なので、一度折れたものをボンドでくっつけても使えませんでした。2代目はもっと頑丈なものをと、初めて真剣にえんぴつ削りを探すことに。

そして見つけた! Made in Japanのえんぴつ削り、「Angel-5 プレミアム」(カール事務器)

_87A0283

ちょっと小ぶりですが、なかなかの安定感。このサイズは子どもの手になじみやすいサイズかも。板金製のボディがシンプルかつ、なんとなくレトロでオシャレです。

_87A0227

「いつでも確実にメンテナンスができるシステム」もウリのこちらの会社、ホームページを調べてみると、“修理定額料金表”を発見。わが家の鉛筆削りAngel-5プレミアムを定額料金の修理に出した場合は、1680円(会社への送料のみ別途自己負担)でした。このくらいの金額で修理してもらえるのならうれしいかも。
「永く使い続ける“長寿命商品”」とうたわれているように、子どもの成長に一番長く寄り添う、愛着のわく道具になるのかもしれません。(メーカー希望小売価格3000円税別)

軽く切れてストレスフリーのセロテープ

学校の道具入れの中に必ず1つ入っている“セロテープ”。100均でお手軽に購入することもできますが、使っているうちにテープの切れ味が悪くなったり、右と左のボディがパカッと外れたり…ということがありますよね。このセロテープに出会うまではそんなものだろう…と諦めていました。

「切り口まっすぐ直線美(mini)」(ニチバン)

小さなボディからは想像がつかないしっかりとした安定感。何よりテープを切る時に小さな力できれいにカットできるのが、とても気持ちいい! “切り口まっすぐ直線美”というだけに、テープの切断面が美しいのもうれしい点。
不思議なことにこのテープの刃、想像していたものと違い凹凸が少なく鋭くないのです。これなら小さな子どもが指をケガする危険が減りそう。
_87A0268-2

力を入れずに軽く切れるので、カットする時のストレスが軽減されて「何度もテープを切りたくなるね!」と、わが家の5歳児も喜んで使っています。(メーカー希望小売価格:480円税別)

_87A0287刃の面を下にして置いても安定のデザイン

頑丈で跳びやすい! たかが“とびなわ”、されど“とびなわ”!

これまで使っていた“とびなわ”、持ち手の部分を踏んで割ってしまったり、持ち手がなくなったり、突然縄が切れてしまったりを繰り返してきました。同じような商品を買ってはダメにして捨てるの繰り返し。もっと丈夫なものはないのだろうか?と探してみると、スポーツメーカーから出ているものがありました!

ASICSの「クリアトビナワジュニア」
もしかして競技用?! いいえ、普通に子どもたちが使うとびなわとして販売されています。カラーバリエーションも豊富で、わが家はそれぞれが好きな色を選び購入しました。

_87A0326

しかし、これも実際に使ってみなければ良いのかどうか分かりません。ロープの長さを調整して初とび。「おおおー! いい感じ! 跳びやすい!」と娘たち。さすがJNF日本なわとび競技連盟公認だけあります!

1本756円(税込)するので迷ったのですが、結果的には◎。持ち手の部分がキャップ式になっているものとは違い一体型、それに頑丈なので子どもが踏んだくらいでは割れることもなさそうです。

子どもが嬉しそうになわとびをする様子を見ながら「たかが“とびなわ”、されど“とびなわ」、道具は大切だなと再認識しました。

<文・写真:フリーランス記者 林 未香>

関連記事

関連記事

キーワード検索

幼稚園関連サイト

  • こどもがまんなかPROJECT
あんふぁんWebは子育てママを応援しています。