ママライフ

大流行の予感の母子留学!マレーシアがねらい目なワケ

2016年の文部科学省の発表によると、2020年度から小学校での英語が正式教科になります。英語教育に熱心な人もそうでない人も、子どもの英語教育についてしっかり向き合わなくてはなりません。そこでかなり気になるのが、母子留学。マレーシアでその現状を目の当たりにし、その成果の高さに驚きました!

01_penan_s

マレーシアの人気リゾート地として知られるペナン。世界遺産の古い街並みが魅力の静かな都市

英語教育は東南アジアがねらい目

楽天やユニクロにはじまり、いまや社内での公用語を英語に、という動きは日本有数の大企業の多くに広がりつつあります。英語ができなければ大企業に就職できない⁉ まさか、そんな…と思いつつも、世界的に広がるグローバリズムに乗り遅れないためにはやっぱり英語の必要性は否めません。「でも、私も夫も英語が苦手で…」という人も多いでしょう。でもそこは問題ありません。英語ができなければ、留学してしまえばいいじゃないの!

留学といえば、早くて高校生、あるいは大学や、場合によっては社会人になってから、というイメージですが、実は就学前から親と一緒に留学する“母子留学”がじりじりと人気上昇中。それも、アメリカやオーストラリアといった英語圏の国ではなく、東南アジアが注目株。「フィリピンに語学留学」がすでに定着しているように、母子留学でも東南アジアを目指す人は少なくありません。

フィリピンはタガログ語のほかに、公用語を英語に定めており、映画やテレビ番組など小さいころから英語放送に触れて育ちます。また、マレーシアやシンガポールはかつて英国が宗主国であったため、英語を話す人がとても多いという特徴があります。タイやインドネシアなども、外交官や企業からの駐在員の子どもたちが通うインターナショナルスクールが多く、それらは総じて日本のインターナショナルスクールよりも学費が安いことが大きな魅力となっています。

イチオシはマレーシア! その理由は?

そんな中、筆者のイチオシはマレーシア。マレー系、中国系、インド系などいろいろな民族の国民がいますが、互いを尊重し合うことで平和的に共存を続けている多民族国家です。公用語はマレー語ですので、公文書などで必要であるものの、それ以外ではそれぞれ自分の民族の言語(中国系の人は中国語、インド系の人はヒンディー語)を話しながら暮らしています。では中国系の人とインド系の人が話すときは? マレー語より英語が使われることが多く、特に英国統治時代に教育を受けた世代は誰もが英国風の英語を話すことができます。たとえばお店やタクシーなどでちょっとした会話ならすべて英語ということは珍しいことではありません。日常生活で英語を使うシチュエーションが実に多いのが印象的です。なによりも、2020年までに先進国入りを目指すマレーシアは、政府主導で教育に力を入れているため、英国式の教育方針を擁するインターナショナルスクールが充実しているのが大きな魅力。地元の人々の教育意識が高いため、インターナショナルスクールといえども外国人だけでなく地元の子どもも多く通っています。

そんな環境でありながら、家賃や学校の授業料などはそれほど高くない東南アジア基準。また、外食文化ゆえ安く食事を済ませることができ、生活費も抑えることが可能。ちなみに、多民族国家なため食のバラエティは目を見張るほど。東南アジアではおいしくないお店はすぐに淘汰されてしまうので、安くておいしいお店を探すのにも困りません。ちょっと長めの滞在となっても、きっと自分好みの味が見つかるのはうれしいポイントです。

02_food_s

中華系の住民が多いため、ペナンでは食も大きな楽しみ。地元の人のおすすめレストランを探訪するのも忘れずに

目撃! マレーシアの幼稚園

そんな環境のマレーシア。特に中国系の住民が多いペナン島のインターナショナルプレスクール(日本の“幼稚園”に相当)をのぞいてみると、おっとびっくり…壁に貼られている「手をきれいに洗いましょう」とか、「廊下を走ってはいけません」といったポスターまで、すべて英語で書かれています。中国系のスクールで、ここでは中国語の勉強もするものの、その会話はすべて英語のみ。実は先生も生徒も中国語で話すことができますが、きっちり英語のみで会話が進んでいきます。授業内容は遊びももちろん、年齢によっては算数やスペリングの勉強もあり、まさに学校。音楽や芸術のクラスにも力を入れる学校が多いのが印象的です。

このスクールに“留学”する5歳の日本人の女の子Aちゃんは、通い始めて半年ほど。すでに英語での会話に慣れ、先生やほかのお友達との会話もまったく問題ありません。時折中国語が混ざるのは、特別クラスの中国語レッスンのたまものでしょうか。最近では英語だけでなく、中国語をも学ばせたいとあえて中国系のスクールを選ぶ親御さんもいるそうで、なるほど、一度に2つの言語を学ぶことができてお得かもしれません。お母さんに話を聞くと、Aちゃんはマレーシアに来るまで英語学習を一切していなかったものの、2週間後にはカタコトでも英単語を話し出すようになったそう。1カ月も経つとお店で欲しいものを自分で注文したりできるようになったといいます。英語が身に付くスピードもさることながら、なによりもうれしかったのは入ってすぐにお友達ができたこと。異文化が当たり前に身の回りにあるマレーシアの子どもたちにとって、国籍や民族が違うお友達を受け入れるのはまったく問題がなかったのでしょう。お母さんは「お友達と話すという形で、学習というより自然に身に付いたと思います」と話していました。

こうした幼稚園への留学は、1週間から1か月程度のお試しやサマースクールで体験することが可能です。スクールバスで自宅やホテルまで送迎してくれるスクールも多く、短い期間でも気軽に利用することができそうです。このような未就学児の留学生を受け入れる学校はたくさんあり、日本人向けの留学エージェントでも取り扱っています。

03_schools

完全に英語環境の幼稚園。プレスクールは5歳までの子どもが通うが、算数や作文の授業が行われている

04_class_s

楽しそうな授業風景。あまり授業という感じはなく、子どもたちが楽しく学んでいるのもいいところ

語学学校や大学の短期英語コースなど、付き添いの親御さんも時間つぶしならぬ自分磨きに励むのがおすすめ。英語だけでなく、中国語やヒンディーはもちろん、フランス語やドイツ語などさまざまなコースを日本の学校に比べて安く受講することができます。また、中華系住民が多いことからマレーシアの中でも食の都といわれるペナン島ではクッキングクラスに通うのもよさそう。「ピクルス&スパイシスPickles & Spices」はマレー系のナズリナさんにマレーシア料理を教えてもらうのですが、ただのお料理教室ではなくマレーシアの食文化を学ぶのにも役立ちます。

世界遺産にも登録されている旧市街のジョージタウンの中にある彼女のスクールでは、まず市場に食材を買いに行くところからスタート。日本では見かけない食材の数々を見て回るだけでも興味深いのですが、それらをどのように調理するかまで教えてくれるので、自分でもお料理をしてみたい!という気持ちが湧き上がってきます。市場では果物などの味見も、売り子さんにお願いすれば気軽にさせてくれるので、地元の味を試してみるのも楽しい体験です。

市場をめぐって買い物を済ませたら、いよいよ教室へ。教えてもらえるお料理はそのとき手に入る食材によって異なりますが、苦手な食材などは事前に伝えておけばそれは避けてくれるでしょう。レッスンはもちろんすべて英語で行われるので、たとえば午前中に語学学校、午後にクッキングクラスといった過ごし方はとても有意義。プレスクールではちゃんとランチやスナックが出るので、ママも自分の時間をめいっぱい、気兼ねなく過ごすことができるでしょう。

05_cooking_s

クッキングを教えてくれるナズリナさん。市場めぐりも地元の人と一緒に行くとかなり楽しい

1週間程度のお試しならちょっとした旅行気分で行けるのもいいところ。子どもが小さいうちは吸収力が高いので、たった1週間でも確かな手ごたえがあるようです。

取材協力:マレーシア政府観光局 http://www.tourismmalaysia.or.jp
マレーシア専門留学エージェント OLC http://www.olc-international.com

<文・写真:フリーランス記者 岩佐 史絵>

関連記事

関連記事

キーワード検索

幼稚園関連サイト

  • こどもがまんなかPROJECT
あんふぁんWebは子育てママを応援しています。