ママライフ

「子どもの預け合い」どうしてる? 預かるときに確認すべき3つの基本!

乳幼児を育てていると、「子どもの預け先、どうしよう」と悩んだことがあるママは多いのでは。助け合いの精神で、お互いに預けたり預かったりするママ友がいれば、ありがたいですね。できればトラブルなく、双方が気持ちよく頼ったり頼られたりする関係が理想的です。「子どもを預かったことがある」というママに、よくあるトラブルと、それを回避する秘訣、本音を聞いてみました。

PP_syashinwotoriau_TP_V

「よその子を預かったことがある」ママは約半数!

アンケートの回答者152名のうち、「ママ友の子どもを預かったことがある」は、約半数の73名。1回に預かる時間の平均は、1時間未満が12名、2~3時間が47名、それ以上が14名でした。

azukeai01

預かった理由は、「ママ友が病院、役所の手続き、PTAなどの用事のため」が一番多く、次に、「ママ友が、兄弟の習い事や病院などに付き添うため」、そして「仕事」。そのほか、「お互いの子ども達が『一緒に遊びたい』と言ったため」という理由もありました。

預かる時に、お礼はもらっている?

ママ友の子を預かったことがある73名のうち、「なにかお礼をもらった」という回答は28名。

azukeai02

お礼の中身は、お菓子やジュース・ビール、果物、夕飯のおかずなど、今回の回答では、すべて食べ物、飲み物でした。確かに、自分の子どもも一緒に食べられるものをお土産にしておくと、一石二鳥ですね。

azukeai03

「お礼をもらっていない」とする42名のうち8名は、「ママ友と、『子どものおやつや水筒は持参』というルールを決めている」と回答。預かる側の金銭的な負担をなくす意味でも、このようなルールがあるといいですね。
実は、アンケートを実施するにあたって、現金、図書券や商品券など、シッター代に代わるお礼をもらっている人もいるのでは予想していたのですが、今回は、そのような回答はありませんでした。

子どもを預かっているとき、こんなトラブルありました!

ママ友の子どもを預かったときに頭を悩ませるのが、子ども同士のケンカ。「子どもたちがケンカをして、預かった子が『ママ―』と泣き出した」(ぱるるんぱさん)、「相手の親がいない中でのケンカの仲裁に困った」(さっちゃんママさん)など。自分の子どもをひいきしてはいけないと、過剰に気を遣ってしまいそうですね。「外遊びでケガをしないかハラハラ」(Hana☆さん)。子どもにある程度のケガはつきものとはいえ、このハラハラ感、わかります。
「わが子は女の子。預かっていた男の子がおもらしをして、着替えがなくて娘の服を着せた」(さぶりんさん)。預かってもらう際は、着替え一式を持たせるとよいですね。
「回数が増えてきたので、託児所代わりに使われても困るなと思い、急な預かりは断るときも作った」(うさぴょんさん)。「預かってくれたママが、共通のママ友に、『大変だった』とグチっていた」(か~ちゃんさん)なんて報告も。預かる方も、無理のない範囲で引き受けたいですね!「預かったのに、ありがとうの挨拶がない」(四人ママ)という回答もありました。

「預かってよかった」理由の第一は「信頼関係の構築」

今回のアンケートで印象的だったのは、預かったことがある人がおおむね、「預かってよかった!」と満足していること。
「人の役に立てていると思うと充実感があった」(saoriさん)、「ただ自分の子どもと一緒に遊ばせていただけなのに、すごく感謝された」(か~ちゃんさん)、「自分が信頼されているのを実感できてうれしかった」(まきさん)など、ママたちの自己肯定感につながったようです。「ママ友の役に立てて、信頼関係が深まった」(ひろみんさん)、「お互いもっと仲良くなれた」(めいさん)など、5人に1人が、ママ友との信頼関係が深まったり、仲良くなれたりしたと回答しています。育児で孤立しがちなママたち、預けたり預かったりすることで、深いつながりを得られると実感しているようです。
「自分の子がお友だちとどんな付き合い方をしているか近くで見られる」(Lilymamaさん)、「わが子にほかの子と遊ぶときの楽しさやルールを教えられた」(ma-yu☆さん)など、子どもの教育にも活かせそうですし、何より、「わが子は一人っ子なので、友だちと家で遊べることがとても楽しかったみたい」(サーチャンさん)、「わが子が幸せそうだった」(ゆうさん)など、お友だちを預かると自分の子も喜びますよね。預かるのは大変かと思えば、「子ども同士で遊んでくれるので、家事がはかどった」(まころんさん)という意見も。

預かる際に確認しておくべき3つのこと。

「気持ちよく、ストレスなく預かるために、気を付けていることがあれば教えてください」という質問への回答で見えてきたのは、以下3つの確認の大切さ。
 ・飲み物、おやつの確認
 ・ゲームの与え方についての確認
 ・テレビの見せ方の確認
特に、「アレルギーがあるか聞いておく」(こはんさん)は命にもかかわることですから大切ですね。ゲームの与え方やテレビの見せ方は、各家庭の方針があります。
基本的には、預かっている家のペースでいいのでは、とも思いますが、余計なトラブルを回避するためにも、予め確認しておくといいですね。
「なるべくテレビを見ないでおもちゃで遊ぶよう誘導する」(やすさん)など、預かるママの腕の見せ所でもあります。
「何時まで預かるのか、時間の確認をする」(ぱんださん)も必須ですね。そのほか、「LINEでこまめに連絡を取る」(まなわんさん)も参考になります。

私にも、子どもの預け合いができるママ友がいます。預かってもらって助かるのはもちろん、よその子を預かると気分転換になりますし、子どもが甘えてこないので、仕事が進むという意外な利点も(笑)。預かる側はがんばりすぎない、預ける側は相手に負担をかけないように気遣うことで、お互いに「助かった」「楽しかった」と言えるといいですね。

<文:フリーランス記者 鯰美紀>

関連記事

関連記事

キーワード検索

幼稚園関連サイト

  • こどもがまんなかPROJECT
あんふぁんWebは子育てママを応援しています。