ママライフ

人気のボルダリングに挑戦!子どもの忍耐力や知育アップにも効果的!?

最近人気急上昇のボルダリング。2015年6月に行われた「東京オリンピック2020種目追加検討会議」で、ボルダリングを含むスポーツクライミングが候補に選ばれたことも人気を後押ししているのかもしれません。「今から始めたら、わが子もオリンピックを目指せるかも?」なんて。
ところで、ボルダリングとはどんなスポーツなのでしょうか。ボルダリングの子ども専用スタジオPEKID’S(東京都渋谷区)をたずねました。

IMG_7514

岩登りが競技として確立されたボルダリング

ボルダリングとは、岩登りが競技として確立されたもので、ロープなどを使わず高さ数メートルの壁を自分の体だけで登るスポーツです。
シンプルで手軽なボルダリングは、子どものスポーツとしても人気が高まっています。PEKID’Sでも、ボルダリングを含むスポーツクライミングがオリンピック競技になる可能性が発表されて以降、保護者からの問い合わせが増え、スタジオ利用者も昨年に比べて1~2割増えている実感があるそうです。要望を受けて、2015年にレッスンクラスも創設されました。
一般的にボルダリングでは、クライミングシューズを履き、滑り止めの粉チョークを使いますが、PEKID’Sでは、衛生面を考えてチョークを使用せず、シューズもスクール上履きを使用するため、初期投資もほとんどありません。

難易度が調整できるので、3歳からO.K.!

ボルダリングは、ルートによって難易度を調整できるので、大人から子どもまで一緒に楽しめます。PEKID’Sでの対象年齢は、3歳から。親子教室も新設され、家族で楽しむ人も少なくないそうです。
やみくもに壁を登っていくのではなく、規定のルートを通るのがボルダリングのルール。スタート前にルートを確認して覚え、シミュレーションを行ってからスタートするのが一般的です。ルートを効率よく進むために、ホールドの感覚と手足の動きなどを組み合わせ考えるので、パズル的な要素もあり、知育も期待できるスポーツです。小さい子はルールにとらわれず、大人に体を支えてもらって、登ってみるところからスタートします。

IMG_7521

7歳男児がボルダリングを初体験してみました!

7歳の息子に挑戦させてみました。まずはマナー説明。下記が注意点です。
・登っている人の近くには寄らない
・ゴールからはジャンプしないでホールドを使って下りる
・マットの上で遊ばない
シンプルですね。

IMG_7517

PEKID’Sでは、コースは難易度によって8段階に分かれていて、ホールドの横に貼ってあるテープの色でルートが示されています。「オレンジのテープが貼ってあるホールドだけを使ってね」と説明を受け、スタート。20分ぐらいで2段階をクリアできました。やはり難しくなってくると、身動きが取れなくなり、壁に張り付いたまま固まってしまう息子。先生が、「左手でホールドをグッと押しながら、右足を…」とていねいにヒントをくれます。足の親指の向きや、体重のかけ方など、ちょっとした体の使い方で、できたりできなかったり。自分の身体をコントロールすることが求められるようです。運動神経の発達に良い影響がありそうな予感。プルプルと腕を振るわせながら、歯をくいしばって壁に張り付いている姿を見ると、精神力も鍛えられるに違いないと確信(笑)。実際に、1時間のキッズクラスでは、落ちても落ちても、何度も挑戦し続ける子どもたちの姿があるそうです。20分ほどの体験を終えた息子は、「また来たい」とポツリ。

IMG_7533

ボルダリングの効能とは?

思った以上に奥が深そうなボルダリング。最後に、ボルダリングの効能を確認してみました。
 ・最初にルートを覚えるので記憶力がつく
 ・シミュレーションを行うときにパズル的要素があり、知育が期待できる
 ・柔軟性と全身の筋肉、体幹が鍛えられる
 ・運動神経の発達を促し、あらゆるスポーツに応用できる
 ・忍耐力を養い、達成感を積み重ねられる
 ・自分との闘いで根性がつく

心身共に鍛えられそうですね。日差しがきつくなり、公園遊びが厳しくなるこれからの季節、家族で楽しめる屋内スポーツとしてもお勧めです。全国でボルダリングスタジオが増加中とのことなので、ぜひ近くのスタジオを探してみてくださいね。

取材協力:PEKID’S SHIBUYA http://www.pekipeki.jp

<文:フリーランス記者 鯰美紀>

関連記事

関連記事

キーワード検索

幼稚園関連サイト

  • こどもがまんなかPROJECT
あんふぁんWebは子育てママを応援しています。