ママライフ

子連れママのマナーは悪い!?人のふり見てわがふり直そう!

ANJ86_tukuenoshita20141115104929_TP_V

「母親のマナーが悪い!」という意見、あなたはどう思いますか? 日本の社会はママに厳しすぎる? 確かに、そういう部分もあるかもしれません。でも、ママたちは周りの人に迷惑をかけないように、最低限のマナーを守っているでしょうか? 子連れママのマナーにまつわるエピソードを聞いてみました!

4人に1人が「子どもが生まれてマナーが悪くなった」と自覚!

 子連れでのお出かけ、本当に大変ですよね。気持ちに余裕がなくて気が回らないこともありますし、つい自分に甘くなってしまうこともあります。
 今回アンケートに答えてくれた198人のママのうち、約4人に1人が「子どもが生まれてから自分自身のマナーが悪くなった」と答えています。具体的には、「ケープはしているがどこでも授乳してしまう」(りえさん、34歳)、「持ち込み禁止の場所で、持っていたお菓子をこっそりあげた」(hanaxxxさん、42歳)、「子どもが床にこぼしたものをいちいち拾わなくなった」(とどさん、33歳)、「普通のごみ箱におむつを捨てたことがある」(ふじさん、35歳)。

「他人にマナーの悪さを指摘された!」という経験は?

 そして、実際に「マナーに対して他人に注意されたことがある」ママが約5人に1人。
 最も多かったのが「電車やお店で騒いでいたら怒られた」というもの。
 次に多かったのが「電車の座席で靴を脱ぐように注意された」。このトラブルは、心がけ次第で防げそうです。
 「スーパーで目を離していたら、子どもが商品を積みあげて遊んでいて、『危ないよ』と注意された」(ママンさん、35歳)、「薄着で遊ばせていたら、知らない人に『風邪をひく!』と言われた」(ぴのこさん、39歳)。冷静に考えると怒られたというよりは、親切なアドバイスかもしれませんね。でも、私も初めての子育てで気持ちが張り詰めていたときには、他人のちょっとした一言にも涙が出ていたことを思い出しました。
 「電車の中で騒ぐ子どもに注意しても聞かなかったとき、他人が子どもに注意してくれた」(年子母さん、40歳)という意見も。親が言っても聞かないので、他人の一言がありがたいこともあります。

「周りのママのマナーの悪さが目につく」という意見が続出!

 自分のことはわからなくても、人のことはよくわかるものです。ほかのママを見ていて、「同じママとして恥ずかしい」と思うことがありますよね。
 「子どもを見ないでスマホばかりのママ」(まさおさん、42歳)、「子どもが人のおもちゃを取り合いしていても、知らん顔をする」(ゆりままさん、41歳)。公園や児童館での子ども同士のトラブルに無関心な親に不愉快な思いをするママは多いようです。
 「風邪を引いている子を平気で家に連れてくる」(ラムチョップさん、29歳)。
 「ママ友同士で話し込み、子どもを野放しにしている」(みーちゃんさん、32歳)、「ベビーカーを三人並んで押していて道路をふさいでいる」(のじおさん、35歳)。集団になると目立ちますし、マナーが低下しがちですので要注意です。
 「飲食店でおむつ替えをしていた」(あやさん、32歳)、「食事の場でオムツの後ろを引っ張ってのぞき込み、大のチェックはやめて」(ちょびさん 41歳)。ありがちな光景ですが、衛生的にも気分的にも迷惑ですね。

ちょっとした心がけで、ママの汚名返上を!

 「子連れだというだけで嫌がられている」と感じることは多いですよね。冷たいなぁと悲しくなることもありますが、私も反省することが多々あります。小さな子どもの世話をしていると、神経質ではいられなくなりますが、図太くなるのは考えもの。「第三者からどう見えるか、不快な思いをさせていないか気をつけている」(みおいくさん、37歳)のように、他者目線を忘れないようにしたいものです。ぬんさん(32歳)の「子どもが産まれる前の感覚を忘れないようにする」という意見にもハッとさせられました。ママとしても女性としてもステキであり続けるために、気遣いと思いやりを忘れないようにしたいですね。

<文・写真:フリーランス記者 鯰美紀>

関連記事

関連記事

キーワード検索

幼稚園関連サイト

  • こどもがまんなかPROJECT
あんふぁんWebは子育てママを応援しています。