ママライフ

年末年始、夫の実家に帰省はストレス?ママの本音を教えて!

年末が近づくと、なんだか憂うつ。その原因が、夫の実家への帰省というママは多いようです。みんなは義父母とどうやって接しているの? ママたちの本音と、うまく乗り越えるための秘訣をうかがいました!

a0790_000714

夫の実家はやっぱり気疲れする!

183名のアンケート回答者のうち、「夫の実家に帰るのは楽しみ」というママは約3分の1。「楽しみではない」と答えたママの理由の大半は、「気を使う」でした。「特別イヤなわけではないが義務感しかない」(36歳、あばさん)、「話題がなく沈黙が続くから」(45歳、けこよさん)、「義実家とは性格もペースも食の好みも、すべて合わない」(37歳、まるっちゃん)。確かに、他人の家というだけで疲れますもんね。
「子どもの良いところがすべて旦那の性格とか才能から由来するとか言われること。で、悪いところは私のしつけのせいみたいに言われる」(38歳、ほららんさん)、「義理兄弟の子どもとわが子を比べられる。 接し方が違う」(35歳、みにちゃんさん)。自分は猫をかぶれても、子どもは無理ですからね(笑)。比較されるのはつらいですね。さらには、「お姑さんに『あなたとは相性が合わない』とハッキリ言われているので」(まゆみんさん、38歳)。楽しめるわけがありませんよね…。

ママのストレスの大きさは、夫の言動がカギをにぎる

「夫の実家に帰省中、イラッとする夫の態度」を聞いてみました。「夫は他の部屋で昼寝してほとんど放置される」(31歳、ぽんついんさん)、「自分だけで出かけてしまう」(31歳、チチャカブーさん)。お願い、私を一人にしないで! 放置される理由として、夫がゲームや漫画に夢中になるという回答も少なくありませんでした。つまりこういうことです。「実家に帰ると夫が息子になってくつろいでいる」(39歳、ひのまるさん)。そう、夫は実家に帰ると単なる息子に化けるのです!
さらには、「お母さんの肩をもつ」(39歳、ゆにきんぐさん)、「泊まりたくなかったことを義両親にバラす」(32歳、おつまみですさん)。それ言っちゃダメ!いったいどっちの味方なの!? 「私が目で合図を送っているのに気づかない」(42歳、ちこちゃん2さん)、「私の実家によく行く話を悪気なくするが、お義母さんがよく思ってないことに気づかない」(31歳、ゃんゃんさん)。ああもう、鈍感!
一方で、ナイスフォローな旦那さまも。嬉しかったひと言は?「母はおかしいから気にしなくていいよ」(34歳、くっきーさん)、「母のわがまま聞いてくれてごめんな、ありがとう」(39歳、ほのさん)、「何かおかしなことは言われてないか?言われたことは気にするな。何かあれば必ず言えよ」(38歳、まゆみんさん)。惚れ直しますね。ほかにも、こんなに気がきく旦那さまが。「普段の私のことを誉めちぎってくれる」(34歳、あきこ!さん)、「買い物や子どもを遊びに連れて行く口実で、私も一緒に外出させてくれる」(31歳、うきうきさん)。わかってくれていますね!

a0790_000714

円満の秘訣とストレス解消法は?

円満に過ごすために心がけていることは?「感謝の言葉を意識して伝えること。用意してくれる食事はおいしそうに食べること」(30歳、akimamaさん)。人の家にお邪魔したときの常識ですね。「とにかく動く。話はよく聞く」(42歳、レミリカさん)。聞き役に徹するという意見は多かったです。「手土産を持って行く」(37歳、もんちゃさん)、「子どもの写真を持って行き話題をつくる」(41歳、ねねでぶさん)。なるほど、マメさは大事ですね。「なるべくお酒を飲ませて眠いと言わせると早く解放されるので、こまめにお酒を注ぐ」(33歳、あさりん☆さん)。そういう手がありましたか(笑)。「笑って過ごす!適度に甘える」(Potileさん、38歳)。とにかくニコニコしておくというママも多数。
さて、どうがんばっても多少のストレスはありますよね。みなさんのストレス解消法は?「甘いものが食べたくなるので、デザートバイキングに行く」(38歳、ママ元気さん)、「福袋を買ってストレス発散」(33歳、とどさん)。やはり、食べる、買うはストレス発散の基本です。「帰宅後一人の時に奇声を発する」(匿名希望、38歳)。ご近所にびっくりされないように、気をつけてくださいね!
どんなにステキな義父母でも、他人ですから一緒に過ごすといろいろあります。訪問する側も最低限のマナーは忘れずに。円満に良い年をお迎えましょう!

<文・写真:フリーランス記者 鯰美紀>

関連記事

関連記事

キーワード検索

幼稚園関連サイト

  • こどもがまんなかPROJECT
あんふぁんWebは子育てママを応援しています。