ママライフ

これで安心!初めての子連れ飛行機。失敗しない3つのポイント!

年末年始に里帰りや海外旅行を企画しているファミリーも多いのでは。一度離陸すると、密室の中で何時間も過ごすことになりますから、何かと不安ですね。空の旅を快適に過ごすために、そして周りに迷惑をかけないためにも、準備が大切です。

20130604_haneda_airport_1513_w800

予約の際に、確認しておくべきこと

機内で快適に過ごせるかどうかは、ほぼ準備にかかっていると言っても過言ではありません。まず、赤ちゃんが一緒の場合は、事前にバシネット(簡易ベビーベッド)をリクエストします。バシネットは取り付けられる席が限られていますので、早めのリクエストが必要です。私の息子は生後2か月が初フライトでしたが、ほとんどの時間をバシネットの上で寝て過ごしました。親は、何かと出入りする必要が出てきますので、通路側の席を確保しましょう。
次に持ち物です。機内では一般的に、ミルク、ベビーフード、紙おむつ、キッズミールなどが用意されています。どのようなものが用意されているか、事前に航空会社に確認しておきましょう。実は、息子は生後8か月の時に、機内でCAさんに出していただいた粉ミルクを飲んでアレルギー症状が出てしまい、大変な騒動になりました。それ以前も粉ミルクを飲んだことはあったのですが、特定の成分に反応してしまったようです。飲み物やお菓子は、できるだけ普段慣れているものを口にした方が安心です。

機内を快適に過ごすためのグッズ

機内では、子どもはたいくつしてぐずってしまうこともあるので、おもちゃも必要です。シールブック、絵本、水に反応するタイプの塗り絵などが便利です。少し大きくなれば、迷路遊びやなぞなぞの本も良いでしょう。音の出るおもちゃは周りの方の迷惑になるので適切ではありません。
その他、機内であると便利なものは基本的に普段の外出時と同じですが、おむつ、ウエットティッシュ(おしりふき)、ビニール袋、着替え、防寒着(温度設定が低めの場合があります)、哺乳瓶、粉ミルク、お菓子、トレーニングカップなど。さらに、乗り物酔いの薬、大きめのタオルなどもあると便利です。

周りの方へも配慮して、快適な空の旅を!

席についたら、あらかじめ必要となりそうなものは小さなカバンにまとめて、足元へ置いておきます。座席の横や前後の方に、子どもがいて迷惑をかけるかもしれないむね、断っておくと良いでしょう。子どもが前の人の座席を足で蹴るというようなことがないように、マナーには気を配りましょう。
離陸の際は、小さな子は耳抜きができず耳が痛くなることがあります。赤ちゃんなら授乳させながら、幼児も飲み物を飲ませたり飴をなめさせたりすると良いようです。
当然ですが、機内で寝る時間が長いほど、親子ともに楽です。機内でぐっすり眠れるように、フライトの前日から睡眠の時間調整をしておくとよいでしょう。どうぞ楽しい旅行を!

<文・写真:フリーランス記者 鯰美紀>

関連記事

関連記事

キーワード検索

幼稚園関連サイト

  • こどもがまんなかPROJECT
あんふぁんWebは子育てママを応援しています。