ママライフ

注意できないママ友のNGファッション

直接は絶対に言えない。
態度にも出さない。
ママ友に「その格好って、どうなの?」と思っても、個人の趣味だし、迷惑もかけられていないし…。だから「干渉しない」「注意しない」というマイルールを持っている人も多いのでは?
「言えないけれど、ステキじゃない」―。そんなママ友ファッションの傾向をアンケートからまとめてみました。(あんふぁんWebで2014年8月アンケートを実施。総数180件)


 
【そのサイズ、間違っています。ピチピチ警報】
・いつもパツパツの服の人 (35歳・東京都)
 …歳を重ねるごとに、蓄積されてしまう脂肪を直視しないと、危険かも。
・パンツ+チュニック+スニーカーばかり着ている (36歳・埼玉県)
 …お腹周りが隠れるチュニック。気がつけばいつもこんな組み合わせでは?
・太っているのに太って見えるかわいい服を着てくる (36歳・北海道)
 …だって「太って見えるよ」って誰も言わないから(涙)! 気がつかないんですって……。
 
【アラフォーママがつい…。ブランド志向&イタイ若作り】
・異常なまでのロングヘアやパーマ。歳も歳だと見苦しいのに (40歳・神奈川県)
・40歳を過ぎてからのミニスカートは、顔はかわいくても見ていてイタイ (42歳・東京都)
 …いくら周囲に「変わらないね」と言われても、同世代からもイタイと思われたら、それは
  もうアウトです。
・いつも意識してブランド品を身に着けている (33歳・愛知県)
 …バブルを知らない世代にとって、さりげなくないブランド品=ダサイという法則あり。
 
【現行犯逮捕? ママの露出度にクレーム多数】
・胸が見えそうな服装の方。子どもがいるのに何のために (36歳・福岡県)
・服装が下品。保育園の送り迎えに胸元の開いたシャツでくる (37歳・大阪府)
・公園にワンピースのミニ。参観日にナマ脚なのも理解不能 (37歳・兵庫県)
 …露出に関しては「目のやり場に困る」といった上品さを求める意見もある一方で、「授乳が
  しやすいから仕方ないかも」というママ特有の理解も…。「ノーブラ」という人に対しても、
  安易な判断は難しい!?

 

ママ友ファッション大合戦。ジャージVSハイヒール

そして今回、もっとも多くのダメだし意見が集まった二大勢力(?)。
それがジャージとハイヒールという対極に位置するともいえる服装です。
 
まずは、ジャージに対するダメ出し。
・ジャージにサンダルばかり (36歳・愛知県)
・学生時代のジャージを着ているママ (33歳・静岡県)
・参観日にラフ過ぎる大きなTシャツ&ジャージ (34歳・兵庫県)
 
ジャージ。これはファッションに気を遣わない場合、最高に楽で動きやすい服装です。
が、しかしそれがNGという考えです。
つまりジャージ批判は「いつも同じ服」「子ども中心になっていて、Tシャツしか着ていない」「夢のないファッション(現実的過ぎて、見ていて自分の将来も不安になる)」と同じように、女性としての楽しみを捨てて、髪を振り乱して子育てする姿を「それじゃあ私は、人生に幸せを感じないから!」と、肯定できないママたちからの意見です。
 
そして、ハイヒール。
・ヒールを履いてくる人! (36歳・福岡県)※こんな一言。ほか多数
 
公園や遠足、参観日もハイヒールを強く非難する傾向が。
ヒールを憎むママたちからは「夜会巻きで学校にくる」「キレイなワンピースをいつも着ている」「幼稚園の夕涼み会に子どもよりオシャレしてくる」「日傘をさしてベビーカーを押す」など、もはやファッションセンスの問題よりも、子育て中の母親失格という目線での判定です。心の中には「あなた、そんなチャラチャラして、ちゃんと子育てしているの!?」という叫びがあるのです。
 
では、どちらもアウトなのでしょうか?
 
白いシャツにデニムにスニーカー。清潔でいて、だらしなくない。そんな満点なママファッションもあるでしょう。
でも、みんながそうだったら…、なんかイヤですよね。
 
ジャージのママがみんなセンスがないわけでもなく、ヒールのママが子育てできていないわけではもちろんなく…。
そこを再認識しつつ、お互いが認め合えるママ友環境を築くことで、子どもは多様でグローバルな社会に、がっつり対応できる大人に育つに違いありません(たぶん)。
 
まあそれでも、違う派閥から不要な非難だけ避けたいなら、ジャージ寄りのあなたは服装に気を使えないほど頑張っていることをアピールすることで、周囲に応援してもらいましょう。
ヒール寄りのママは、徹底して家事力の高さを強調。ハイヒールをはいた華麗な全力疾走を見せておくのも効果的かもしれません。

<文:フリーランス記者 三宮千賀子>

関連記事

関連記事

キーワード検索

幼稚園関連サイト

  • こどもがまんなかPROJECT
あんふぁんWebは子育てママを応援しています。