ママライフ

ああ、おかあさま

[今回のテーマ]
ママ友がいてよかった・助かった・救われたコト

子どもをきっかけに仲良くなったママ友だけど、同じママだからこそ、気持ちをわかってくれたり、子育ての悩みを共有できたり、その存在に救われることもありますよね。困ったときはお互い様で、助け合うシーンもよくあるのではと思います。そこで今回は「ママ友がいてよかった・助かった・救われたコト」をリサーチ。みなさんから寄せられたエピソードを紹介します。

2017年9月26日〜10月17日、あんふぁんWebでアンケートを実施。回答数:176件

イラスト:たかはしみき

本当にありがたい! 動けないときのやさしい気遣い

  • 風邪を引いてしまい寝込んでいたとき、「果物をむいた物などを玄関のドアノブにかけてあるから食べて」とメールが来た。夫は自分と子どもの食事は心配するけど、私の食事のことは考えてくれていなかったので、本当にうれしかった(なっちゃん、45歳)
  • 具合が悪いときやぎっくり腰になったときに代わりに子守してくれ、さらに長時間立つのが辛いだろうと夕飯を作ってくれた(ユズハルダイ、35歳)
  • 3人目妊娠中、悪阻のため動くことが辛かったとき、上の子の幼稚園の送迎をしてもらって助かった。また、夕食の足しに…とコンビニの枝豆やミニトマトなど、私も子どもも食べやすいものを「うちの買い物のついでがあったから」と買って来てくれて、その気遣いがとてもうれしかった(aoko、35歳)
  • 妊娠中に子どもが風邪を引いて買い物に出かけられず困っていたとき、ママ友が少し遠いところに住んでいるにも関わらず買い物をして、しかもお見舞いの品まで持ってきてくれた(ふみふみ、34歳)
助かった! 緊急時の子どもの送迎&預かり代行
  • 幼稚園の遠足のとき、下の子がケガをしてしまい病院に行くことに…。上の子も一緒にと思っていたら、ママ友が「見てるから大丈夫だよ」と言ってくれた。お弁当や自由時間も面倒をみてくれたので、子どもも途中で帰らずに最後まで楽しめとても助かった(あゆ、43歳)
  • 2人目妊娠中、切迫早産で緊急入院になったときに上の子を預かってくれた。夫も仕事があるし、両方の実家が遠方なので本当に助かった。子ども自身もそのママ友になついていたので、自分も安心してお願いできた(くっく、32歳)
  • 仕事の関係で土曜保育を利用することがあったが、どうしても時間までに迎えに行けないことがあり、同じ日に子どもを預けていたママ友にお迎えをお願いしたことがあった。その後もお互いにこうした助け合いをすることがあり、園が変わった今でもそのママ友とは仲良し♪(匿名、25歳)
  • 娘が肺炎になりしばらく休むことに。そんなとき、ママ友が幼稚園への提出物を家まで取りに来て代わりに出してくれ、とても助かった(ema、38歳)
  • 子どもが発熱した際に、仕事を抜けられなくて預かってもらったことがあり、本当に助かった(だんごママ、41歳)
気分リフレッシュ♪ 誘ってくれてありがとう!
  • 子どもの反抗期に毎日ヘトヘト…。そんなときに「大丈夫? 今度子ども同士遊ばせよう! 家においで!」と声をかけてくれた。たくさん話を聞いてくれた上に、子どもはママ友の旦那さんが見てくれたので、心も身体もリフレッシュできた(ゆいさきママ、31歳)
  • 夏休みに子ども達とだけずっと1カ月以上一緒にいたら発狂してそう…と思ったが、ママ友達のおかげでバーベキューしたり、お祭り行ってそのままお泊りさせてもらったり、子ども達だけでなく自分も楽しく過ごせた。普段から精神面でとても救われている(しばちろ、31歳)
  • 1人目の子どもで、まわりのママ友とどう接したらいいかわからなかったとき、育児サークルに誘ってくれたママ友。入りたいなぁ…と思いながらも踏み出せなかったのでうれしかった。サークルでもママ友の輪が広がって楽しいことが増え、感謝している(うらひ、36歳)
幼稚園・保育園でわからないことを教えてもらえる
  • 子どもが連絡帳を書き忘れて宿題が分からなかったときに教えてもらえた(いもきち、40歳)
  • 学校行事や持っていくものでわからないことがあっても、ママ友になら気軽に聞くことができる。学校に電話するのはためわれるので、いつも助かっている(もぐら、34歳)
  • 保育園で必要なものがどこに売っているか、この行事のときには何が必要かなど、保育園で教えてもらえていなかった情報を教えてくれた(あさみん、35歳)
ホッ… 悩み・話を聞いてくれて気がラクに
  • 子育てで行き詰まったときに話を聞いてくれた。少しでも、息抜きできて救われた(アイラ、40歳)
  • 愚痴を聞いてもらって気持ちが和らいだ(匿名、28歳)
  • 他のママ友との関係性などで相談し、とても救われた(匿名、36歳)
  • へこんでるときに、私もだよと共感してくれた(エミリ、35歳)
  • 1歳を過ぎても歩かなかった娘のことで悩んでいたとき、ママ友が「早く歩き出したからってすごいわけでもないし、そのうち歩くようになるのだから気にしていては時間の無駄」と言ってくれ、気分が軽くなった(なでしこりんご、35歳)
  • 離乳食を子どもがあまり食べずに悩んでいたとき、他の人の前だと張り切るものだよとランチに招待してくれた。離乳食も作ってくれて楽しかったし、そのおうちの子の食べ方とかも見られて参考になった(きのこのこのこ、31歳)
  • 子育ての悩みを共有し合うことで、心の負担が減る(ある、27歳)
先輩からの助言で助かった!
  • 子どもの顔にぶつぶつができたときに、発疹は仕方ないものだと思って放っておいたら、ママ友が近くの皮膚科を教えてくれた。連れて行って薬をもらったらすぐにきれいになってびっくりした(Trifle、39歳)
  • 幼稚園の情報を全然知らず、収集法もわからなかった私。ママ友がいろいろと教えてくれて、イベントに参加したりいろいろな幼稚園入園説明会などに参加できて本当に助かった(あられ、31歳)
  • 育児で悩んだとき、経験したことからアドバイスをもらえるので助かっている(みい、31歳)

次回のテーマ

商品券2000円分を5人に!

子ども同士遊んでいたら、ケガをしてしまったり、させてしまったり。悪気はなくても、親からするとドキドキ、ハラハラ。ときには、モヤモヤが残ったり、子ども同士では解決しない問題に発展することもありますよね。子ども同士のトラブルがきっかけで、疎遠になってしまった、逆に仲が深まった、など、ママ友との‟子ども同士のトラブル‟についてのエピソードを募集します。

応募はこちら

[応募締切:11月20日(月)]

みんなの書き込み

関連記事

関連記事

キーワード検索

幼稚園関連サイト

  • こどもがまんなかPROJECT
あんふぁんWebは子育てママを応援しています。