ママライフ

ああ、おかあさま

[今回のテーマ]
もらってうれしい!? あげて楽しい!?
ママ友とのプレゼントで気を付けているコト・困ったコト

子どもの年齢が近いこともあって、お世話になることも多いママ友。仲良くなれば誕生日プレゼントや出産祝いを贈ったり、お世話になったお礼やおすそ分けをしたり、またはされたり…なんてこともありますよね。プレゼントやお返しのやり取りは楽しいことも多いですが、なかなか気を遣ってしまう面も。そこで今回は、「ママ友にあげるプレゼントで気を付けているコト」や「ママ友とのプレゼントで困ったコト」についてリサーチしました。

2017年8月24日〜9月18日、あんふぁんWebでアンケートを実施。回答数:271件

イラスト:たかはしみき

トリッキーな海外旅行土産に困惑…

  • 海外旅行好きなママ友は、毎回海外に行った際に現地の名物の置き物を買ってきてくれる…が趣味が合わず。どんどん増えていく異国情緒漂う置き物たちのやり場に困っている(グラグラ、36歳)
  • ハワイ土産のコーヒーを飲んでみてくださいと言われたが、実際開けてみたらコーヒーの芳香剤(フレグランス)でびっくりした(アポーペン、36歳)
  • インドネシアのお土産といって、怪しい紅茶の葉っぱを貰ったが何となく気持ち悪くて捨ててしまった(だんごママ、41歳)
人気ナンバーワンはやはり無難な“消えもの”
  • 気を遣われないように、物や金券などではなく相手の子どもが好きそうなお菓子や果物にしている(くーちゃん、33歳)
  • もらって迷惑にならないように消耗品をあげるようにしている(はやぶさ、36歳)
  • 自分がおいしいと思っているお菓子をあげることが多い。または、家に来てもらったときに出した食べ物で、おいしいと言ってくれたもの(なっぱりん、48歳)
  • 負担にならないよう、食べ物にする(ぴよこ、36歳)
  • なるべくシンプルなものをあげる。好みがあまりわからないときはスイーツにしている(匿名、36歳)
普段から好みをリサーチ!
  • 日頃のLINEや会話から各自の好みをリサーチする。サプライズが好きなので、いかにバレないでするか当日までドキドキ(せらせな、33歳)
  • 普段から食べ物の好き嫌いやアレルギーなどをそれとなく会話の中で聞いておく(マナティ、38歳)
  • 好きそうなものをSNSからリサーチしている(とど、34歳)
  • 好きなものと嫌いなものを覚えておいて、好きなものを季節のラッピングで包んでプレゼントする(ちびママ、37歳)
金額の相場は1000円前後。高すぎず安すぎないものがベスト
  • 高価なものをプレゼントすると反対に気を使わせてしまうので、値段は1000円くらいまでのものにしている(ぽんぽん、36歳)
  • あまり高すぎず、気を遣わせない程度のもの(ゆぅゆぅ、34歳)
  • お値段もそんなにはらないもので、今流行ってるもの。値段が高いと気を遣ってしまうから(あゆん、34歳)
  • 値段も高くなく子どもの好きそうなものにしている。保育園で使えそうな子ども同士お揃いのものなど(YNSSS、34歳)
実は細かいところまで気を付けています…
  • 家族全員にいきわたるように数が足りるもの渡す(ぴっころりん、38歳)
  • 何が好きか嫌いかわからないので、香りのするものはできるだけ避けている(ずくなしあこほ、32歳)
  • 自分では買わないがあったら便利だったりデザインが凝ったものを選ぶようにしている(かえる、37歳)
  • ママ友の出身地をしっかりと覚えておく。もし、関西出身の人でなければ、関西の有名なものをあげたい(プリキュア、37歳)
  • 気心の知れたママ友やおしゃれなママ友はこだわりがあるので欲しい物を聞く。サプライズをしてくるママ友へはサプライズで考える(ねこばす、43歳)
好みの分かれるものは困ります…
  • サイフやバックなどのプレゼント。人それぞれ好みがあるし、愛用しているお気に入りがあるので自分で選んで決めるならプレゼントとしてはどうかなと。嫌々使ってくれたり、捨てるに捨てられないというのは少し困る(マナミ、25歳)
  • 全く使わない香水をいただき、その後感想を聞かれて困った(しーちゃんのママ、30歳)
  • 全然趣味じゃない服やアクセをもらったときなど、身につけなきゃそのママ友に失礼かなぁと思って気を遣う…(りんママ★、29歳)
  • ハンドクリームをプレゼントしたことがあったが、後でハンドクリームは普段使わないという話を直接聞き気まずかった(いぬ、27歳)
ありがたいけれど…日持ちがしないものはNG
  • 手作りのお菓子をもらうが、日持ちがしないので困る(EK、27歳)
  • ご主人のお仕事の関係で、賞味期限の近い冷蔵品をしょっちゅうもらってとくれたママ友。むげに断れないし、食べきれずに困った。ただでもらうのも申し訳ないし、わざわざお菓子を買ってお返しもしたりして、逆に無駄なお金を使った(まみむめも、47歳)
  • 食べきれないからと普段料理しない野菜や魚をもらったが、食べ慣れてなかったり、好みでなかったりして、結局捨ててしまうことになって困った。もらうときに断ればいいのだが、言いづらくてもらってしまう…(ぽんぽん、36歳)
ギブ&テイクのバランスって難しい…
  • 相手より少なくお土産をあげてしまい困った(ゆーちゃん、41歳)
  • よく帰省するママ友からお土産をいただいてばかりで、お返しが追い付かない(かめの、43歳)
  • ママ友のお土産が思いのほか豪華で、うちは箱菓子を分けたものだったので困った(のんすけ、33歳)
  • 役員の任務が終わった時に一緒に役員をやっていたお母さんからプレゼントをもらったが、私は何にも用意していなかった…(ちえみ、31歳)
プレゼントやお礼の止めどきがわからない!
  • お礼のお礼…など、エンドレスになってしまったことがある(とうがらし、35歳)
  • 10人くらいのママ友グループで一年間全員分の誕生日プレゼント交換になり、とりまとめが大変だった(トントンママ、37歳)
  • プレゼントをあげるのが好きなママ友から何かをもらうたびにお返しをしていたが煩わしくなり、「いつももらって悪いから、もうプレゼントは大丈夫だよ」と伝えたら、「えー気にしないで。プレゼントすることが好きなので」と返され、今でもちょくちょくプレゼントをくれる…。正直もう止めてほしい!(悩めるシュフ、33歳)

次回のテーマ

商品券2000円分を5人に!

子どもをきっかけに仲良くなったママ友だけど、同じママだからこそ、その存在に救われることもありますよね? ママ友がいてよかった、助かった、救われたエピソードについて教えて!

応募は締切ました

[ 応募締切:10月17日(火)]

みんなの書き込み

関連記事

関連記事

キーワード検索

幼稚園関連サイト

  • こどもがまんなかPROJECT
あんふぁんWebは子育てママを応援しています。