ママライフ

ママが調査!コレ買い!?隊

ママが調査!コレ買い!?隊

電動アシスト自転車編 その2 パナソニック サイクルテック「ギュット・アニーズ・DX」

“子どもを乗せて”を卒業後も活躍してくれる使い勝手の良さを調査!

  • 今回の調査はコレ

    パナソニック サイクルテック「ギュット・アニーズ・DX」

    多彩なラインナップが揃い、ライフスタイルに合わせて選べる子乗せ自転車「ギュット」シリーズに、従来品と比べて1回の充電で走れる距離が延びた「ギュット・アニーズ・DX」が新登場。幼児2人同乗基準適合タイプ。13万9000円(税抜き)。

【今回のコレ買い隊】

合田真実さん
パナソニックサイクルテックの電動アシスト自転車を愛用中。2017年には3人目を出産予定。パパも乗れるように、もう1台欲しい!
井口さやかさん
普段、自転車に乗る機会がないので、気になっていた電動自転車。この機会に乗り心地を調査したい。

充電が長持ちする大容量バッテリーが自慢

 パナソニック サイクルテックの電動アシスト自転車「ギュット」は、〝ママになっても私らしく〟をコンセプトに生まれたシリーズ。「〝いかにも〟子乗せ自転車というデザインにならないように、親子の安全を第一に考えながらも、ファッションの一部として楽しめ、子どもを乗せる時期が終わって、チャイルドシートを外してもおしゃれに乗れるモデルを毎シーズン考えています」と、商品企画部の坂井ひとみさん。楽に子どもの乗せ降ろしができる20型サイズなど、車体設計にもこだわっています。

 2016年11月に発売された「ギュット・アニーズ・DX」は、従来のモデルより充電の回数を減らせることが最大のポイント。搭載バッテリーを12Ahから16Ahに変更したことで、1回の充電での走行距離が37kmから50kmと、約35%向上したそう(※)。「1日平均7km、だいたい30分前後を走った場合でも、ほぼ1週間、充電がもちます」という坂井さんの言葉に、「それはうれしいです!  マンションの駐輪所で、自転車から子どもを降ろして手をつなぎ、荷物を持って、さらに充電のためにバッテリーも持ってと大変で…」と合田さん。
 実は以前、子どもにバッテリーを持たせたところ落としてしまったことも。「充電の回数が減るのは、本当にありがたい。週1回で済むなら、パパに頼みます!(笑)」とも。※パワーモードで走行時。

雑貨テイストを取り入れ、よりオシャレに使いやすく

 坂井さんをはじめ、「ギュット」の企画・宣伝担当者は女性が多く、トレンドやママたちのリクエストを、同性の目線で取り入れている点も特徴なのだそう
 「例えばバスケット。少し目を粗く、パイプを太めにすることで、従来の〝ママチャリ〟のイメージではなく、雑貨風に仕上げました。最近は、幼稚園や保育園への送迎を朝はパパ、夕方はママという家庭も多いので、夫婦で共用しやすい5色を用意。今回の新商品には、ママから人気のマットネイビーも初登場しています」(坂井さん)
 また、チャイルドシートに装着するシートカバーもクッション性を高め、汚れをふき取れるよう撥水加工も。「カバーもさまざまな柄があるので、コーディネートを楽しんでいいただければ」とも話します。
 坂井さんからレクチャーを受けた後は、「ギュット・アニーズ・DX」と一緒に屋外へ! 「乗り降りしやすいようにハンドルとサドルの間隔を広めにし、前にお子さまを乗せたときも運転がしやすいように設計しています」と、坂井さんの説明を聞きながら、合田さんがお試し。「これだけスペースがあれば、乗り降りもしやすいですね。裾幅の広いボトムスでも脚さばきが気になりません」

小柄な人でもスタンド操作がしやすい

 「ギュット・アニーズ・DX」にはスタンドにも秘密が。「タイヤが小さい幼児同乗自転車は、上り坂などでも後ろに乗せた子どもの重みで前の車輪が浮いてバランスを崩さないように、自転車の全長は長めに設計するように決められています。そのため、小柄な人だとスタンドを立てるときに足が届きづらいことも。そこで、スタンドの形を工夫したんですよ」という坂井さんの話に、さっそく、井口さんがスタンドに足をかけると-。「身長153cmの私でも、ラクに操作ができます」。
 スタンドに足踏み部分を設けたことと、テコの原理を応用していることが、立てやすさのヒミツ。さらにスタンド幅が広いので、倒れにくくもなっているのだそう。「スタンドを立てると同時に、ハンドルが動きにくくなる仕組みなので、前にお子さんを乗せていたり、前かごに重い荷物を入れていたりしても、ぐらつきにくいんですよ」と坂井さん。
 最後に、テスト用のコースで試乗体験。電動アシスト自転車が初めてという井口さんが、後ろのチャイルドシートに2歳の暖乃ちゃんを乗せて運転スタート。「坂道でもとってもスムーズ。娘の重さも感じませんね。これならどこまでも走れそう」と感激の様子。「普段の移動は徒歩か車で、自転車という選択肢はあまりなかったのですが、ギュットは車より気軽だし、自転車よりパワフル。乗り心地も良くて、欲しくなっちゃいました」

 日々、パナソニック サイクルテックの電動アシスト自転車を愛用する合田さんは、ハンドルに付いている液晶スイッチに注目。「残っているバッテリーで、どれくらいの時間を走れるという表示もあるんですね。私が持っているものは、距離が表示されていたような…」。実は数年前と比べると、液晶スイッチも進化。「女性から、距離より時間の方がわかりやすいというお声をいただき、時間表示もできるようにしました」と坂井さん。こんな細やかな気配りが、ママたちの人気の秘密のようです。

20161130_IMG_1078re

調査結果

  • 従来品と比較して1回充電の走行距離が35%アップし、充電の回数が減らせる
  • 小柄な人でも操作しやすいよう、スタンドの形が工夫されている
  • スタンドを立てるとハンドルがロックされるので、安定感がある

調査ママの〈コレ買いたい〉度は?

  • 合田真実さん

  • ボーナスで買いたい!

    今、乗っている電動アシスト自転車のバッテリーは重い上、頻繁に充電しなくてはいけないくて大変。1週間に1回充電すればいい点が気に入りました。

  • 井口さやかさん

  • じぃじ、ばぁばにおねだり

    車で行くほどではないけれど、歩くには遠い場所へのおでかけにぴったり。日常の行動範囲が広がりそう。自転車が生活必需品だったら、即買い決定ですね!

  • 幼児用自転車ヘルメットを2人に

    幼児用自転車ヘルメット「チャイルドプチメット」を2人にプレゼント。ワンタッチバックでカバー付き。アジャスターダイヤルで、47cm~51cmでサイズ調整ができます。色は、ピンクとブルーの2色。
    ※色は編集部にお任せを。

    プレゼント応募はこちら

関連記事

関連記事

キーワード検索

幼稚園関連サイト

  • こどもがまんなかPROJECT
あんふぁんWebは子育てママを応援しています。