ママライフ

レキットベンキーザー・ジャパン

ミューズ ノータッチ泡ハンドソープ

1953年に日本初の薬用固形せっけんとして誕生した「ミューズ」から新登場した「ミューズ ノータッチ泡ハンドソープ」。“ママたちの役に立つ商品を”という思いから、楽しく手洗いできる工夫がされた商品です。

電池式ディスペンサーは、手をかざすと自動で泡が出る仕組み。本体キット(写真左/ディスペンサー、ボトル1本)は全3種類(グレープフルーツの香り、グリーンティーの香り、キッチン用)。詰め替えボトル(写真右)は全5種類(グレープフルーツの香り、グリーンティーの香り、オリジナルの香り、フルーティフレッシュの香り、キッチン用)※単三電池×4本付き。オープン価格

この人に聞きました
山本記代美さん

レキットベンキーザー・ジャパン マーケティング本部 シニアブランドマネージャー
2008年入社。2015年から同部署で「ミューズ」を担当。ハンドソープなどさまざまな商品の販促・宣伝を担当。3歳になる自身のお子さんも「ノータッチ泡ハンドソープ」のファンだそうで「園の先生に“色の変わるせっけんで洗ったらキレイになったよ”と宣伝してくれているみたいです(笑)」

泡の色の変化で
子どもの“手洗いしたい”を応援

ヒミツ1

しっかり手洗いのサインは“泡の色”

子どもに手洗いさせると、大体は“泡を乗せて、サッと流して”終了。これでは汚れや菌は落ちません。そこで泡に色を付けて、泡が白くなったらしっかり手を洗っているサインという工夫をしました。泡を白くしようと、子どもたちがゴシゴシすることで、結果的に手の隅々まで泡を十分広げられるので、しっかり手洗いができます。

ヒミツ2

優しい香りで、癒やし効果も

泡の色によって、グレープフルーツやグリーンティーなどさまざまな香り付き。手洗い後、香りが残るので、汚れを落とすだけでなく、優しい香りで癒やしの効果も。

ヒミツ3

手を触れずに泡が出るので衛生的

固形を皮切りに、液体、泡と形を変えて商品展開をしてきたミューズ。2012年からは新たな形として自動で泡が出るノータッチタイプを販売中。手をかざすだけで泡が出るため衛生的で、さらに子どもも遊び感覚で楽しく手洗いすることができます。

プレゼント

「ミューズ ノータッチ泡ハンドソープ グレープフルーツ」(泡ハンドソープ本体+250mlボトル)を8人に
[応募締め切り:11月7日(火)]

応募はこちらから

関連記事

関連記事

キーワード検索

幼稚園関連サイト

  • こどもがまんなかPROJECT
あんふぁんWebは子育てママを応援しています。