ママライフ

永谷園

「すし太郎」

日常生活に欠かせない商品のあまり知られていないヒミツを紹介する「開発のヒミツ」。今回は手軽にちらしずしができ、発売から今年で39年目を迎えるロングセラー商品「すし太郎」の裏側に迫ります。

「すし太郎」シリーズには4人前タイプが2種類。「すし太郎 黒酢入り」(写真左)は、レンコン、ニンジン、タケノコ、カンピョウ、シイタケ入り。黒酢のまろやかな味わいがアクセントに。「すし太郎 彩りちらし」(写真右)は、別添えの“混ぜ込み梅ごま”で、桃色のちらしずしができます。どちらも温かいご飯に混ぜるだけで、簡単にちらしずしを作ることができます。

この人に聞きました
國井紳一郎さん

永谷園 営業本部 販売戦略部 戦略二課
大阪・東京・名古屋の各支店で営業を担当後、2014年から現部署に。“商品を売る”営業という仕事から、“売るための戦略を考える”毎日で、「家では妻の声も參考にします。商品を買う世代である妻からのアドバイスは貴重。でも“それは違うんじゃない”と厳しい意見を言われることも(笑)」。

“ちらしずし”を家族で手軽に楽しめるカタチに

“ちらしずし”を家族で
手軽に楽しめるカタチに

ヒミツ1

子どもの好きな“すし”で新たな挑戦

お茶づけの素などのドライ商品を扱い成長した同社が次に企画したのが「ファミリー向け」商品。当時、子どもの食べたいメニューのベスト3だったカレー、ハンバーグ、すしの中から、「家族で食べられるもの」としてすしが選ばれました。

ヒミツ2

“手軽さ”と“食べやすさ”へのこだわり

“食べたいときに食べられる”というコンセプトの下、ご飯に混ぜるだけでできる手軽さにこだわりました。甘酢の量を調整し、ちらしずしとしての彩りとバランスを考えた具材にすることで、子どもが楽しく食べられる工夫も。

ヒミツ3

消費者ニーズに合わせてバージョンアップ

それまで米酢のみの味付けだったものを、世の中の健康志向に合わせて、体にいい「黒酢」をプラス。またパーティーでのちらしずし需要が高まっていることから、酢飯が桃色で華やかになる「彩りちらし」を新たに発売しました。

プレゼント

「すし太郎」シリーズの2商品をセットで10人に
[応募締め切り:11月3日(木・祝)]

「すし太郎 黒酢入り」と「すし太郎 彩りちらし」(各1個ずつ)をセットで10人にプレゼント。

応募はこちらから

関連記事

関連記事

キーワード検索

幼稚園関連サイト

  • こどもがまんなかPROJECT
あんふぁんWebは子育てママを応援しています。