ママライフ

旭化成ホームプロダクツ

「フロッシュ」

日常に欠かせない商品が誕生した背景や知られざる裏側を紹介する「開発のヒミツ」。今回はドイツで誕生し、現在世界40カ国以上で販売されている「フロッシュ」シリーズから、食器用洗剤のヒミツに迫ります。

「フロッシュ」の食器用洗剤は全6種類。スタンダードタイプでは「アロエヴェラ」(写真左)が一番人気。また、油モノなどしっかり洗いたいときは日本オリジナルの洗浄力強化タイプ「ブラッドオレンジ」(写真右)を。甘い香りに包まれながら食器洗いができます。ちなみに商品名は“環境の変化に敏感な生き物”であるカエル(ドイツ語でフロッシュ)が由来です。

この人に聞きました
片桐佳代さん

旭化成ホームプロダクツ ウェルネス事業推進本部 ウェルネス事業マーケティンググループ
マーケティング部での「サランラップ」「ジップロック」の市場調査、広告宣伝担当を経て、2015年秋から現部署で「フロッシュ」の広告宣伝を担当。
5歳児のママ。「子どもの将来を考え、私自身もママとして環境に優しい商品を使うよう心掛けています」

人にも自然にも優しく毎日の食器洗いをお手伝い

人にも自然にも優しく
毎日の食器洗いをお手伝い

ヒミツ1

中身から容器まで、環境への配慮を第一に

環境先進国ドイツで誕生。使用済みの洗剤は、微生物によって水と二酸化炭素に分解されて自然に返ります。また、植物由来の洗浄成分を使用したり、容器を100%再生PETにしたこともエコポイントです。

ヒミツ2

手肌にやさしいノンアルコール処方

多くの食器用洗剤は、スポンジに含ませる際に最適な粘度に調整するなどの目的でアルコールを配合しますが、これが手荒れの原因のひとつ。そこで“何かを足す”のではなく“余分なものを取り除く”という発想からアルコール不使用に。

ヒミツ3

日本人の生活に合わせたオリジナルも

ドイツでは漬け置き洗いが主流で台所が広めなのに対し、日本は手洗いが主流で、台所スペースが限られていることから、日本独自の商品をドイツと共同で開発。サイズも重かった従来サイズ(500ml)から300mlに変更。高い洗浄力と手肌への優しさを重視する日本向けに「洗浄力強化タイプ」が誕生しました。

プレゼント

「フロッシュ」アロエヴェラ&ブラッドオレンジをセットで10人に
[応募締め切り:10月7日(金)]

「フロッシュ」のアロエヴェラ、ブラッドオレンジの2本に、オリジナルキャラクター・フロッケのストラップ(写真)も併せて10人にプレゼント。

応募はこちらから

関連記事

関連記事

キーワード検索

幼稚園関連サイト

  • こどもがまんなかPROJECT
あんふぁんWebは子育てママを応援しています。