ママライフ

あんふぁんママインタビュー

歌でみんなを笑顔にしたい それが僕の原点です

高橋 優

笑顔が素敵なシンガーソングライター・高橋優さん。
ダイハツのCMソング「明日はきっといい日になる」などで耳慣れて、励まされているママも多いのでは。
高橋さんに、読者親子と一緒に話を聞きました!

あんふぁんママインタビュー/高橋優

失敗も笑い話に変えるしんちゃんはすごい!

―――「クレヨンしんちゃん」映画の主題歌を担当されたそうですが、元々大ファンだとか。

はい、大好きです! 今の世の中って真っすぐに進むことが良しとされていますが、しんちゃんは人を笑わせて鮮やかに〝はみ出す〞ところが僕はすごいと思っていて。だから、主題歌「ロードムービー」の歌詞を書くときも、たとえ遠回りの珍道中でもそこにしか咲かない花を見つけられるとか、一番にゴールしなくてもいいから笑い話の数で誰にも負けない人になる、というテーマを自然と思い付きました。秋田県出身で僕と同郷のひろし(しんちゃんの父)もカッコよくて大好きで、名言本も持ってます(笑)。

―――高橋さんのお父様は地元では有名な民謡歌手だそうですね。その影響で音楽を志すように?

いや、小さいころはただ目立つのが好きなだけでしたね。腹踊りが得意で、親戚のみんなが笑ってくれるのがうれしくて(笑)。父のまねをして歌っても喜んでくれたので、僕はそんなみんなの笑顔を見るのが好きだったんです。中学のときに初めてバンドを組んで、GLAYのコピーをしました。でも、歌を仕事にしたいと思ったのはずっと後で、大学3年生のときですね。

―――(読者の碧生くんから質問)ギターは何歳からしてますか?

14歳かな? エレキギターっていう変な形をしたものを買ったの。最初はX JAPANというグループの曲を弾いたんだよ。

家族が憩いの場、心の安らぎでした

―――幼稚園の頃はどんなお子さんでしたか?

「20歳まで生きられるかどうか分からない」と言われるくらい体が弱くて、すぐに熱が40度まで上がるような子でした。幼稚園には同級生が6人しかいなくて、5人が偶然にも5、6月生まれで、僕だけ12月生まれ。それでなくても入院とかであまり園に顔を出さないのに、時々行ったら先生たちにかわいがられるもんですから、みんなから焼きもちを焼かれて…。世知辛かったですね。幼稚園ってもう既に〝社会〞なんです。

小1になると、「今日も学校楽しかったよ!」なんて親に嘘をついていました。それでもバランスが取れていたのは、両親も祖母も放任主義で、「家に帰れば自分の居場所がある」という安心感があったからなんです。家でも「勉強しなさい」とか「しっかりしなさい」と厳しく言われていたら、我慢がたまって爆発していたかも。僕の中では家族が憩いの場・心の安らぎでしたし、今でも大好きです。

―――今後挑戦したいことは?

故郷を盛り上げたいという思いで僕が主催している「秋田CARAVAN MUSIC FES」を今年も成功させたいです。乳頭温泉にもまだ行ったことがないし、もっと地元を知りたいですね!

あんふぁんママインタビュー/高橋優

大西 恵さん[33歳] 碧生(あおい)くん[5歳](神奈川県)

メッセージ性の強い歌が多いので、真っすぐで、いろんなことを考えている方なんだろうなと思っていました。同年代なので聴いてきた音楽も似ているものが多く、一層ファンになりました。子どものころ「家庭に居場所があったから救われた」というお話には、「息子にもそうしてあげれば外で何があっても大丈夫なんだな」と学ばせてもらいました。今後も応援していきたいです!

高橋優さんが主題歌を歌う「映画クレヨンしんちゃん 襲来!! 宇宙人シリリ」が4月15日(土)から全国ロードショー。野原家にやってきた宇宙人“シリリ”によって、ひろしとみさえが子どもの姿に! 大人に戻るために、シリリの父親を探す日本横断の旅が始まります。新たな“ケツ作”が誕生!

あんふぁんママインタビュー/高橋優

©U/F・S・A・A2017

PROFILE

高橋 優(たかはし ゆう)さん

1983年12月26日生まれ。秋田県横手市出身。2010年にシングル「素晴らしき日常」でメジャーデビュー。2015年、「明日はきっといい日になる」がダイハツのCMソングに起用。主なアルバムに「高橋優BEST 2009-2015『 笑う約束』」「来し方行く末」など。ラジオやテレビでも幅広く活躍中。

関連記事

関連記事

キーワード検索

幼稚園関連サイト

  • こどもがまんなかPROJECT
あんふぁんWebは子育てママを応援しています。