ママライフ

魅力発掘隊17人が見つけた!大阪・豊能町のとっておきを紹介

魅力発掘隊17人が見つけた!豊能町のとっておき 豊能町で“本当に豊かな暮らし”を実感 子育てを楽しめるまちです

自然に囲まれた暮らしと、オフィス街への通勤の両方を実現できる大阪府豊能郡豊能町。約2万人が住むこの町の魅力を見つけて・発信しようと、昨年10月から「豊能町魅力発掘隊」が活動を開始。あんふぁん世代にうれしい情報を紹介します。

map_toyono_s

▲クリックして大きい地図を見る

pic_toyono_01

キャラクター・とよのん

pic_toyono_02

豊能町立ひかり幼稚園は、お隣が町立光風台小学校。週4日の小学校での給食タイムはママたちにうれしいポイントです

梅田までわずか50分 静かな里山での生活が実現

 大阪府の北西部に位置し、東は京都、西は兵庫に接する豊能町(とよのちょう)。北摂山系の妙見山、清流・初谷川とその渓谷といった、豊かに息づく自然に恵まれた町です。しかも大阪市内までは電車や車で50分程度。阪急川西能勢口駅で乗り換えて、梅田までスムーズに到着できます。このアクセスの良さと、静かな環境に魅力を感じて、最近では都会から、家族の移住者が増えています。
 実は豊能町は、「子育て・教育環境が整っている」といわれているのを知っていますか? そのゆえんは、人口2万494人(2016年10月時点)に対して、幼稚園、保育所、認定こども園がそれぞれ1つずつ、小学校は4校、中学校は2校と、充実していること。待機児童はゼロ、18歳まで医療費が無料というのも、子育て世代には助かりますね。

大好きな故郷の魅力を子どもにも伝えていきたい

 豊能町では、町の魅力を「見つけて・発信」しようと、昨年10月に「豊能町魅力発掘隊」を結成。メンバーは、豊能町と周辺の市に住む20代~50代の男女17人。
 「大好きな故郷の魅力を子どもに伝えたい」(新光風台・34歳・主婦)、「子育てしやすい町。治安もいいです」(光風台・37歳・自営業)、「自然の恵みが豊かで心地よい町なのに、人口が減少しているのがもったいない」(川西市・33歳・会社員)、「近いけれどあまり訪れる機会がない豊能町をもっと知りたい!」(池田市・52歳・主婦)、など、それぞれが積極的に参加しています。
 魅力発掘隊メンバーが挙げた、豊能町の魅力ポイントを紹介しましょう。

pic_toyono_03

四季折々に美しい表情を見せる棚田(川尻地区)

豊能町のココがいいよ!

pic_toyono_04

豊能町立スポーツセンター シートス(新光風台)【MAP①】

 プール、本格アリーナ、トレーニングルームなど、充実のスポーツ施設。手頃なレッスン料の幼児のバレエやダンス教室も大人気。

pic_toyono_05

豊能町立図書館(光風台)【MAP②】

 かつては利用率全国1位になったほど、住民から愛されています。児童コーナーにはテーマごとの絵本も。

pic_toyono_06

初谷渓谷【MAP③】

 妙見山から吉川地区に流れる初谷川のほとりに広がる渓谷。夏は、川遊びやバーベキュー、キャンプを楽しめます。

pic_toyono_07

とよのコスモスの里【MAP④】

 牧地区にあるコスモス畑。9月~10月中旬、100万本のコスモスが揺れる風景は圧巻です。

pic_toyono_08

貸農園・体験農園(高山・吉川地区など)【MAP⑤】

 自分で育てた野菜のおいしさは格別。初心者向けの体験農園もあります。

pic_toyono_09

住宅事情
 豊能町は、役場のある東地区と、能勢電鉄が通る西地区に分かれ、1960年代後半から80年代にかけて開発された住宅地があります。

pic_toyono_10

 広い敷地に、ゆったりと建てられた中古物件は価格も手頃(写真は1580万円)。リノベーションして移り住む若い世代も増えています。

pic_toyono_11

おかし作りがんばったよ!(ひかり幼稚園)

移住して暮らすファミリーに聞きました

伸び伸びとした子育てをサイトで発信しています

大阪市内から光風台へ移住した
宇都宮頼子さん(37歳)・八重子ちゃん(5歳)・三尋くん(0歳)

pic_toyono_12

 一昨年の12月、一家で移り住んだ宇都宮頼子さん。「自然いっぱいの伸び伸びとした環境で子育てをしたかった」と話します。ご主人とともに豊能で暮らす丁寧な暮らしを綴った「とよのていねい」というサイトを立ち上げ、日々魅力を発信しています。
http://utweb.jp/toyono/

こども園にもすぐに入園 子育てしやすいまちです

大阪市内から希望ヶ丘へ移住した
和田あやさん(34歳)・奈乃佳ちゃん(5歳・右)・紗奈ちゃん(3歳・左)

pic_toyono_13

 ご主人が農業を始めたいと、2年前に移住。「コンパクトなまちのサイズと、大阪市内へのアクセスが良いことが魅力でした。こども園にもすぐに入園できたんですよ」と和田あやさん。ペーパードライバーだった和田さんですが、移住を機に車の運転も始め、豊能ライフを満喫中です。

NEWS

週末に出かけよう
農産物直売所「志野の里」

 昨年10月にオープンした、豊能のとれたて野菜や米、納豆、地酒などを販売する「志野の里」。おすすめは、スーパーフードとして話題の“ヤーコン”。甘みがあり、生でも炒めてもおいしくいただけます。
 土・日曜の午前9時~午後3時営業▽TEL 072-739-3424

pic_toyono_14

“ヤーコン作りの達人”山浦紀男さん

INFO

知ってる? 豊能町のこんなこと・あんなこと

阪急から能勢電鉄、千里中央や池田から阪急バスを利用
 住宅地の多い豊能町西地区へのアクセスは、阪急から能勢電鉄で、梅田駅から光風台駅まで約40分。東地区へのアクセスは、阪急池田駅や北急千里中央駅、JR茨木駅から、阪急バスで40分~1時間程度。

子育て支援が充実
 幼稚園は、3歳児から5歳児まで、現在103人が元気に登園。保育所、こども園の待機児童はゼロ。18歳まで医療費が無料など、子育てへのサポートもしっかり。

暮らしやすさ=犯罪の少なさ
 大阪府警察本部の発表では、2016年11月時点で、ひったくりはゼロ件。「この10年以上、ひったくりは発生していません。大阪府内の市区町村では珍しいと思います」と豊能町秘書政策課。

問い合わせ豊能町役場
TEL 072-739-3413(秘書政策課) 9:00~17:30(土・日曜、祝日を除く)
大阪府豊能郡豊能町余野414ー1
http://www.town.toyono.osaka.jp/

関連記事

関連記事

あんふぁんWebは子育てママを応援しています。