ママライフ

元サッカー日本代表・北澤豪さんにインタビュー【前編】

元サッカー日本代表・北澤豪さんにインタビュー 子どもの性質のとらえ方や習い事、夫婦の協力関係まで、気になるアレコレ聞いちゃいました! 小学校低学年の今だから実践したい「強い心を持った子ども」の育て方

4月から小学生になる年長さん、そして新2年生、3年生に進級する子どもたち。自信をもって行動できる子どもになってほしいけれど、親として何をすればいいの? どう接して、どう声をかけていけばいい?――そんなママたちのお悩みに、3人の子どものパパでもある北澤豪さんがアドバイス! ご自身の豊富な子育て経験をもとにお話を伺いました。小ママ必読の“北澤流子育て法”を前編と後編でお届けします。

◆プロフィール

1968年、東京都町田市生まれ。小1よりサッカーをはじめ、読売サッカークラブ・ジュニアユース~修徳高等学校~本田技研工業サッカー部を経て、1991年、読売クラブ(現・東京ヴェルディ)へ。日本代表として多数の国際試合で活躍する。2003年の引退後はサッカー解説者を勤める傍ら、サッカースクール「FOOT」を主宰。「世田谷フットボールアカデミー」の総合監修として、子どもの心と体の育成にも尽力中。2012年6月より、日本サッカー協会理事。高3・中3の男の子と小学5年の女の子のパパ(2015年3月現在)。

“落ち着きのない子”は“運動量の多い子”
子どもの性質はポジティブにとらえればいい

――3人のお子さんの幼稚園時代、北澤さんはどんなパパでしたか?

ママと一緒だと子どもが離れたくなくて泣いちゃうので、幼稚園には3人とも僕が連れて行ってました。だから、僕は幼稚園に9年間通ったんですよ!(末っ子の)娘が卒園した時は「やりきった!」っていう感じでしたね。

――お子さんが小学校に上がってから、親としての接し方などは変えたりしたのでしょうか?

まず、「ここがこれから通う小学校だよ」って子どもを連れて行きました。校庭に入れる時には、そこで遊ばせたりしましたね。
子どもが何か問題を起こした時には、本人に気づいてほしくて、わざと目の前でママとパパがもめている姿を見せたりしたこともあります。

そうすると、子どもが「ママとパパが言い合いしているのは、ボクが悪いからなんだ…」ってなるんですよ。
それから、大切なのは子どもの友だちのママと顔見知りになること。子どもの友だちや親がどんな人なのかを知っておくと、何かあった時に話しやすいんですよね。だから、僕はママたちにどんどん話しかけるようにしています。

でもね、今から考えると、小学校時代には、もっと汚れさせることや我慢させることを経験させればよかったな、って後悔もあります。だって子どもが上履きを忘れたとするでしょ。妻は「靴下だけで、冷たい思いをさせればいい」って言うんですけど、僕は子どもがかわいそうになっちゃって、届けに行ってましたからね~(笑)。

――お子さんたちにはそれぞれ個性の違いがあると思いますが、どのように見極めているのでしょう?

うちは3人いるから「ここはお兄ちゃんと違うよね」って比べやすいんですが、大変だったのは長男の時。親も経験ないし比べる兄弟もいない。だから、外からの情報を集めました。子どもは学校にいる時と、家にいる時では全然違う顔をしているんですよ。だから、先生と話すと思いがけない発見がある。それに、先生は子どもたちをどう見ているのか知りたいし、その意見がうちとまったく違うときはちゃんと話もしておきたいですしね。

それから、家でもサッカースクールでも、子どもが「何に関心があるのか」「どんな時に進んでやるのか」っていう“性質”を意識しています。たとえば、うまくいかない時に立ち直りが早い子もいれば、いつまでもぐずぐず引きずる子もいる。でも、そうやって引きずったり、時間のかかる子は、物事をゆっくり受け入れるタイプなんですよ。そんなふうに子どものことをポジティブにとらえるようにできるといいですよね。

――ポジティブにとらえるのはコツがいりそうですが…。

全部をポジティブにとらえるんじゃなくて、悪い状況も考えるわけです。だって“悪いこと”の方が多いでしょ(笑)。その“悪いこと”を悪くならないように、どうやったらよくなるのか、だからこそポジティブに考えるようにするんです。
僕はね、子どもの頃“落ち着きのない子”だった。野球をやっていたんだけど、「バッターボックスに立っていられないんじゃないか」って言われて(笑)。でも、その“落ち着きのない”っていうのをポジティブにとらえると“運動量の多い子”ってなる。そういう風に親父が前向きにとらえてくれて、「お前、サッカーをやってみないか」って言ってくれたんです。「えー、オレ野球やっているのに」って思ったけど、サッカーをやってみたら最高に楽しかった!! あの時、無理矢理“落ち着いた子”にさせられていたら、今頃僕はどうなっていたのか。親父には本当に感謝しています。

親として言動がブレないように
子どもに言ったことはメモって作戦をたてる!

――子どもにアレコレ声をかけても効果が感じられない、という悩みを持つママは多いと思うのですが、そんな時はどうされていますか?

それはね、子どもと親の思いはズレるから。考え方も違うし、仕方ない(笑)。でも、「仕方ない」っていうのがひどくなると、子どもをほっぽらかしになっちゃう。それはダメですよね。だから“この子は何が好きなのか”とか子どもの個性を把握して、そういうことをどれだけ意識して、分かったうえで接するかが肝心だと思います。そうやって、子どもたちがそれぞれにもっている本能的なものを伸ばして、それを能力に変えていくことが親の役割なんじゃないかな。

僕はね、自分が前に言ったことがブレないように、子どもたちにいつどんなアドバイスをしたかメモしているんです。

で、「○月○日に、俺はこう言ったよな。あれから5日経っている。どうなったんだ」って聞く。子どもはビックリしますけどね(笑)。でも、そうやってメモをとって作戦をたてている。少し時間をおいてもう一度声かけしたほうがいい場合もあるし、あまり時間をおかないで「あれどうなった?」って確認したほうがいいこともありますしね。
これは自分のプレーや反省点を必ずメモしていた現役時代からの習慣で、そうやって自分が生かしてきたことを、父親としてもやっているんですよね。

――では、北澤さんの子育て哲学とは何でしょうか?

うちではなるべく「失敗しても、また取り戻せばいいんだ」ということを教えるようにしています。発想の転換をして、ネガティブなこともポジティブにとらえられるように。だって、道はひとつじゃないし、ひとつの道がだめなら、また次の道を探してそこに向かって努力すればいいわけですし。

それから、子どもたちが持って生まれた本能のようなものを自覚して、トレーニングしてそれを使える能力に変えていくこと。その能力を、必要なときにきちんと発揮できる“強い心”を育てることが大切だと思います。そのためには、親としてそれぞれの哲学が必要だし、そうした基盤がないと子どもへの接し方もブレてしまうんじゃないかな。

それから、これは習慣なんだけど、子どもが「いってきます」ってでかけていく時には、僕は必ず玄関まで見送りに行ってます。いつも「一歩外に出たら、自分の力でがんばれよ!」そういう思いを込めて送り出しているんですよ。

関連記事

関連記事

キーワード検索

幼稚園関連サイト

  • こどもがまんなかPROJECT
あんふぁんWebは子育てママを応援しています。