手作り・レシピ

おいしさプラス わが家の定番

筑前煮

材料をそれぞれ下ごしらえする手間はありますが、お鍋一つでできるので、素材ごとに煮ているお煮しめよりも手軽です。
お正月のおせちには、ニンジンを梅形に型抜きすると華やかな印象に。

材料(4人分)

  • 鶏モモ肉 1枚
  • ゴボウ 1本(150g)
  • レンコン 1節(200g)
  • 干しシイタケ 4枚
  • コンニャク 1枚(200g)
  • サトイモ 小8個(350g)
  • ニンジン 1本(150g)
  • 絹さや 10枚
  • 酒 100㏄
  • しょうゆ 大さじ3
  • サラダ油 大さじ2
  • A 砂糖大さじ2と1/2

    みりん大さじ2

    だし300㏄

作り方

  1. 鶏モモ肉は、大きめのひと口大に切る。ゴボウは皮をこそげ、乱切りにして水に5分さらす。レンコンは、皮をむいて縦に4等分に切ってから、乱切りにし、水にさらす。干しシイタケは1カップの水で戻し、軸を切って半分に切る(戻し汁は取っておく)。
  2. コンニャクは、スプーンでひと口大にちぎり、2分下ゆでする。サトイモは、皮をむいて塩でもみ、1分ゆでて水気を切る。ニンジンは皮をむいて、1cm厚さに6枚切り、梅形に抜く。残りはひと口大の乱切りにする。絹さやは筋を取り、さっとゆでる。
  3. 鍋にサラダ油を熱し、鶏モモ肉を炒める。色が変わったら、干しシイタケ、ゴボウ、ニンジン、サトイモ、コンニャクを順に加え、都度炒める。酒を振り掛けてひと煮立ちさせる。
  4. まず酒だけを加え、コクとうま味をプラス

    多めのお酒を加えることで、コクとうま味をプラスします。しっかり煮立ててアルコールを飛ばすことが肝心。

  5. Aと干しシイタケの戻し汁を加える。煮立ったらアクをすくい、クッキングシートで落としぶたをして5分煮て、しょうゆを加え、再び落としぶたをして15分煮る。レンコンを加え、途中、鍋を揺すって上下を返しながら、8分ほど煮る。器に盛り、絹さやを散らす。

とりわけレシピ

1歳半頃~具材を切ってとろみを付ければ「のっぺい汁」

①出来上がった筑前煮を80g取り分け、それぞれの具材を1.5cm角に切る。かたくり粉小さじ1を倍量の水で溶く。②小鍋に入れ、だし300㏄を加えて中火にかけ、5分ほど煮る。水溶きかたくり粉をもう一度混ぜてから回し入れ、ひと煮立ちさせる。味をみて、薄いようなら、筑前煮の煮汁を少し足す。細切りにした絹さやを載せる。

レシピ・料理制作・スタイリング
髙山かづえさんあんふぁんサポーター

料理研究家。家庭でも作りやすいレシピを日々研究し、雑誌や広告のレシピ開発に携わる。著書に「作りおきスープの素」「作りおき野菜スープの素」(ともに文藝春秋)など。

関連記事

関連記事

キーワード検索

幼稚園関連サイト

  • こどもがまんなかPROJECT
あんふぁんWebは子育てママを応援しています。