手作り・レシピ

1月「お正月」子どもと一緒に作れるおせちやお正月飾りのアイデア

あんふぁんメイトのあなたも行事ママ

1月の行事お正月

一年の始まりを祝う伝統行事。その年の年神様を迎えるために、門松やしめ飾り、鏡餅を飾る。おせちやお正月飾りにひと工夫して、さらに楽しめるアイデアを紹介します。

ママのひと手間LEVEL

★ ☆ ☆ 時短でできちゃう!★ ★ ☆ ちょっとひと手間★ ★ ★ ガッツリ手作り

  • 又多実千恵さん

    ひと手間LEVEL★ ★ ★

材料費500円以下で完成!
リメイクしめ縄飾り

玄関に置くしめ縄飾り。なるべく「安く・かわいく」作るために、自宅にあるものでデコレーション。松ぼっくり、お花紙で作った菊の花、お菓子の包み紙を使った金の扇、紅白の毛糸、ご祝儀袋に付いている水引きを、グルーガンやワイヤーを使ってしめ縄に留めていきます。今回は、たまたま近所の畳屋さんでイ草の束をもらったので、イ草をねじって輪っかにするところからチャレンジしましたが、輪っかの状態になったものが100均でも売っています。子どもと一緒にデコレーションに挑戦しても楽しいですよ。

ココがポイント

おしゃれに見せるコツは、飾りを右下に固めるなど、左右非対称に配置すること。松ぼっくりや金の扇など存在感のあるアイテムを使うと、さらに本格的に見えます。

又多実千恵さんのブログをチェック
「目指せ材料費ゼロ!enjoyリメイク工房」

  • 高島愛さん

    ひと手間LEVEL★ ★ ☆

動物やお人形さんの
洋風アートな福笑い

台紙やパーツに使ったのは、100均で売っている折り紙や画用紙。ポップな柄や鮮やかな色みのものを選ぶと、洋風な仕上がりに。

お正月は、昔ながらの遊びを子どもに教えられる機会。福笑いの定番といえば「おかめ」ですが、子どもにはあまりなじみがないので、お人形さんや、動物をモチーフにして作りました。小さい子なら目隠しをしなくても、パーツを並べるだけで楽しい遊びに。顔のパーツの位置や名前も一緒に覚えられます。メガネやヒゲなど普通の福笑いにはないパーツを増やしても盛り上がります。

ココがポイント

髪の毛や肌を鮮やかな配色にするとアートな仕上がりに。動物の福笑いは、ウサギの耳やライオンの鼻など特徴的なパーツで、いろいろな動物に変身させられます。

高島愛さんのブログをチェック
「子供とつくる*デザイナーの超簡単レシピ」

  • 長谷川文さん

    ひと手間LEVEL★ ☆ ☆

おせち料理がキュートに♡
ウサギさんかまぼこ

ニンジンは電子レンジで軟らかくしてから、細めのストローで型抜きします。同様にストローでかまぼこに穴を開け、その中に先ほどのニンジンを入れたら、つぶらな目が完成。

おせちの定番・かまぼこをウサギに変身させました。包丁を2回入れて、ニンジンの目を付けるだけなのでとても簡単。子どもたちは「かわいい! 」「これなぁに?」と大興奮。先を争って食べてくれました。

ココがポイント

耳は分厚い方が、ピンと立ってかわいいです。2 ~ 3ミリの厚さにして、耳の端を内側にしっかり折り曲げるとウサギさんらしくなります。

長谷川文さんのブログをチェック
「夢はユーチューバー!旅行&買い物大好き3人ママ」

あんふぁんWeb“フォト広場”
「お正月フォトコンテスト」実施中!

あなたのおうちの行事の楽しみ方をアップしてね。大賞には商品券3000円分をプレゼント。

投稿締め切り 2017年1月21日(日)

関連記事

関連記事

キーワード検索

幼稚園関連サイト

  • こどもがまんなかPROJECT
あんふぁんWebは子育てママを応援しています。