手作り・レシピ


イースターのシンボルで作る
エッグプランター

春の訪れを祝う行事でもあるイースター。
イースターエッグの中で育つ小さな植物の成長を見守りながら春を感じてみませんか?

今月の行事 イースター

キリスト教の復活祭とゲルマン民族の春を祝う祭りが合わさった行事。毎年日付が変わり、2017年は4月16日(日)。


[材料]

  • 画びょう
  • 包丁
  • ペットボトルのふた(水受け用)
  • 植物の種
  • [A]

  • コップ/厚めのパネル(段ボールでも可)/毛足の長い/毛糸/色紙で作ったウサギのパーツ/接着剤
  • [B]

  • 油性フェルトペン(黄色・ピンク)
  • [C]

  • クレヨン/色水(水200㎖+食用色素(緑)0.2g+酢大さじ1)

[作り方]

  • 1種を植えた後の水抜きのため、卵のとがっていない方に、画びょうで直径2mm程度の穴を開ける。
  • 2包丁で卵のとがっている方にヒビを入れ、殻を割って中身を出す。内側をよく洗って、乾燥させる。
  • 3[A]を作る。ウサギの口と目を油性フェルトペンで描く。色紙で作った鼻と耳のパーツを接着剤で貼る。
  • 4厚めのパネルにコップの底とペットボトルのふたを使って二重の円を描き、ドーナツ形に切り出す。
  • 5パネルに隙間が空かないよう、毛糸を巻きつけていく。巻き終わりは毛糸の端同士を結んで留める。
  • 6殻の七分目くらいまで土を入れる。種同士が重ならないように数粒植えたら、水で土を湿らせる。
  • 7パネルの中心の穴にペットボトルのふたをはめ、殻を載せる。ウサギの手のパーツなどを接着剤で貼る。
  • 8[B]を作る。2色の油性フェルトペンを使って交互に色を塗る。⑥の工程を行い、ペットボトルのふたに載せる。
  • 9[C]を作る。クレヨンで模様を描いた殻を5~10分色水に漬け、乾かしたら⑥をする。ふたに載せれば完成!

今月のあんふぁんメイト高島 愛さん

ブログ「子供とつくる*デザイナーの超簡単レシピ」

家にあるアイテムを使って、季節感ある小物を作るのが得意。ブログではペーパーコースターを使ったオーナメントや、毛糸のヘアゴムの作り方も紹介中です。

関連記事

関連記事

キーワード検索

幼稚園関連サイト

  • こどもがまんなかPROJECT
あんふぁんWebは子育てママを応援しています。