あんふぁんメイト

「あんふぁん」「あんふぁんぷらす」本誌でも活躍する「あんふぁんメイト」は読者を代表するスペシャルサポーター。あんふぁんメイトがブログで日々のちょっとためになる情報を発信します。

けせらせら、転勤族の妻、子育て迷走日記

ランチ問題あるある、日本人の子どもたちが一度は通るであろう道【アメリカ現地校】

新学期始まって以来、
「ランチはお弁当がいい~」
と、毎日ごきげんでお弁当を持参していた
息子タイくん。

 

 

でも、1週間ほど前から
「これからは毎日カフェテリアにしようかなー」
と、さりげなく、でもワタシに聞こえるように
言うようになりました。

 

カフェテリアとは学校にあるいわゆる食堂のこと。
アメリカ現地校では、お昼ご飯は教室ではなく
校内にあるカフェテリアに移動して食べるのですが
お弁当を持ってくる子、そこでランチを買う子、
いろいろなのです。

 

もともとタイくんはカフェテリアランチが
好きだったからいいんだけど、
ピザとか、ハンバーガーとか、
野菜はあってももらわないとか言っていたので
どうよ?しかも毎日?
とハハとしては思ったのもあり。

 

そこで、

 

「お母さんの手作り弁当...
嫌いになっちゃったのね...
かっ、悲しい...」
(by 女優w)

 

と、冗談で言ってみたわけです。

 

そんなハハを見た息子、

「いやっ。やっぱりお弁当でいいや!」

と、慌てて撤回。

 

まぁ、それでその後もお弁当を持って
行っていたんですね。

 

でも先日、先生との面談があり
その真相がわかりました。

 

どうやらランチタイムに
お弁当で『変なもの』を持ってきていると
からかわれているらしいのです。

 

あー、、

そっか。。

それでだったかー。。

 

おにぎりとか、お箸で食べるご飯とか、
日本では『変なもの』でもなんでもないものも
アメリカのしかも田舎の子どもたちの中には
奇妙なものを食べているぞ!と
いろいろ言ってくる子たちもいるんですって。

 

ザ・あるあるですね。

 

確かキンダーの時、
別のクラスの日本人のお友だちが
お弁当をクラスメートにからかわれて
悲しい思いをしていたという話を聞き
「タイくんのクラスにも、そういうこと言う子もいるの?」
と、本人に聞きだすと
「うん、そういうこと言う子もいるよ。」
と言っていたけど、息子は
「は?何言ってるの?って全然相手にしていないよー。」
と言っていたので
まー、現地校ではそういうことがあるんだなー
とは知っていました。

 

今回、3者面談で先生は、

「他人に何を言われても
自分に自信を持っていればそれでいい。
私もね、自分の名前をおかしな名前だって
からかわれたりする事もあるけど
私は自分の名前に誇りを持っているし
他の人がどうこう言うことでもないと思っている。
ね、わかるでしょ、タイくん?」

と、息子の目を見ながら
真剣な表情でそう伝えていました。

 

その様子を見て、
そこまで先生がここで言うくらいだから
先生から見たら目に余る状況もあったんだなと
ワタシは察しました。

 

帰り道、一緒にいた娘に聞くと
「今年のクラスではまだ言われていないよ」
って。

 

そっか、娘も息子も、こちらから聞くまで
そんな話はいつもしないから知らなかったけど
去年までは娘もずっと言われてたんだね。

 

でもね、それでもね、
娘はワタシが作るお弁当が良かったんですって。

 

...いい子だよ(T^T)

 

というわけで、その日の晩、
「カフェテリア、毎日でもいいよ。」
と、息子に伝えました。

 

すると息子、
「オッケー。でも、お弁当がいいって
僕が言ったらその日は作ってね、いい?」
と。

 

...いい子だよ(T^T)

 

Jpeg

関連キーワード

コメントを投稿する

■お名前
■コメント

※コメントは承認制です。反映までしばらくお待ち下さい。
日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  • 大河内えりなさん

    2017/10/10

    岬さん:ありがとうございます♡「子どもは正直=思ったことをすぐ口にする=万国共通」なんだなって思います。ただ、そこに他人が自分と違っていることを否定して表現することが許されるかと言うと、そうではないんだぞ!って。でもね、きっと、そういう風に言う子もいれば、違いをポジティブに受け止めれる子たちもきっとたくさんいて、娘も息子もプラスチャージしてるんじゃないのかなって思っています。それから現地校の担任の先生がとても信頼できる方で、この先生になら安心して息子を預けることができると思えたのも、ありがたいことだな、恵まれてるな、と思っています^^。

  • 岬さちこさん

    2017/10/8

    読んでいて切なくなりました。やっぱりそうやって奇異の目で見られてしまうことってあるんですね・・・。でもお子さんたちがお母さんを思う気持ちや学校生活を頑張っている様子に胸が熱くなりました。素敵なお子さんたちですね♡

関連記事

プロフィール

大河内えりな

大河内えりな

アメリカ

夫・娘ウメちゃん10歳(小4)・息子タイくん7歳(小2)。父も夫も転勤族、ゆえに小さい頃から引越続き。高知、千葉、札幌、神奈川、イギリス、再び神奈川。名古屋、バンコク、東京、千葉、次はアメリカへ!

カテゴリー

最新記事

2017年12月

1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

ブログランキング「入学準備」

キーワード検索

幼稚園関連サイト

  • こどもがまんなかPROJECT
あんふぁんWebは子育てママを応援しています。