あんふぁんメイト

「あんふぁん」「あんふぁんぷらす」本誌でも活躍する「あんふぁんメイト」は読者を代表するスペシャルサポーター。あんふぁんメイトがブログで日々のちょっとためになる情報を発信します。

けせらせら、転勤族の妻、子育て迷走日記

【アレルギー検査】会計窓口で凍った!恐るべし医療費!アメリカは高いよ!

かねてから気になることがあり、
アレルギー検査をしに病院へ行きました。

 

まず看護師さんが
体重、身長、脈拍等を計り、

その後、お医者さんが来て、
耳の中、鼻の中、のどを診察。
問診が行われました。

 

そして、アレルゲンを特定するために
皮膚テストをすることになりました。

 

皮膚テスト、その1

まず最初に行われたのが
背中の皮膚を出血しない程度にひっかき、
アレルゲンを吸収させて
15分待ち、反応を見るテスト。

 

使われたのは4センチくらいの長さの
プラスチックのスティック状のもの。
先の方が固いブラシみたいになっていて
そこに液がつけてあり、75か所、
毎回ギュッと強く押し付けられました。

 

やる前に「痛い?」って聞いたら
「痛くないわよ」と言われたけど

...痛かったー(涙)。

 

IMG_6036

 

診察室で一人待つこと15分。

 

お医者さんが診察室に入ってきてチェック。
「春の木と草、夏の草、それから犬に反応してるわね」

その後、看護師さんが入ってきて
ワタシの携帯で写真を撮ってくれたので見ると、
75種類のアレルゲンでも
反応しているものはかなり赤く腫れ
反応していないものは普通の皮膚の状態と、
はっきりと差が出ていました。

 

それをオットに見せたら、

「これはひどい!痛々しい!
ブログにはのせない方がいい!」

と、NGが出たので、
写真は割愛させていただきます。m(_ _)m
(ブログに載せようって思ってたのよくわかったな)

 

正直、これで終わりだと思っていたのです。
しかしそうではなかった...。

 

皮膚テスト、その2

どのアレルゲンに反応するか
さらに特定するためにもう一つテストすると
お医者さんから知らされました。

 

そして、お医者さんと入れ替わりに
診察室に入ってきた看護師さん。

 

手にしていたトレーには注射器が14本!?

 

ぎゃー!!

ありえないー!!

 

アレルゲン液を腕の皮膚に注射針で刺し
アレルギー反応を起こすかどうか見るテストでした。

 

ちょっ、、
そんなに??

と、焦りまくりで看護師さんに言うと、

多い人はこの倍よ。

と、看護師さん。

 

全然嬉しくないし...(涙)

 

ここからはもう『まな板の鯉』です。

 

そして今回も待つこと15分。
反応がはっきり分かれました。

 

でも、一番調べたかったものが
今回は反応が出なかったので
少しずつ濃度をあげて皮膚テストを
進めていきました。

 

追加1回目➞15分後➞反応なし。

追加2回目➞15分後➞反応なし。

追加3回目➞15分後➞反応なし。

 

1回目、2回目と繰り返すごとに、
「反応出ないんだからこれでおしまいでいいんじゃ?」
という気持ちでいっぱいでしたが、
お医者さんの判断でまだ進めるとなり、
「これが最後よ」
と、最後の注射を受けました。

 

追加4回目➞15分後➞反応あり

 

ガーン...

 

この時の写真もオットに見せると、

「これは...鳥肌が立った...
ブログには絶対のせない方がいい!」

と、NGが出たので、
その写真は割愛させていただき
帰宅後、しばらくたってからの写真を掲載します。

 

【閲覧注意】

 

IMG_6057

 

反応が出てしまったので、
お医者さんからこのアレルギーに関して
いろいろなお話を伺い、
看護師さんからもご指導を受けました。

 

そして最後に会計窓口へと向かいました。

 

会計受付のお姉さん、
笑顔で書類を私から受け取り、
パソコンで確認、そして、

「本日の診察料は、1383.10ドルでした。」

 

 

 

...?

 

 

は...???

 

 

はぁーーー!?

日本円にして、15万6千円!!

きゃふん!!
(心の中で叫ぶ!!)

 

 

もちろん、保険に加入しているので
実際に私が支払った額はこの内の何割かですが、
自己負担だけで、軽く万単位です(涙)。

 

うそでしょぉ~~(涙)。

 

恐るべし、アメリカの医療費!!

 

関連キーワード

コメントを投稿する

■お名前
■コメント

※コメントは承認制です。反映までしばらくお待ち下さい。
日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  • 大河内えりなさん

    2018/1/9

    さやかさん:あけましておめでとうございます。さやかさんもおなか大丈夫ですか??写真、注射跡の痛々しい手を載せるならサムズアップでもして少しでも陽気な写真にしなくっちゃと思って(笑)。日本だったら、どこまでやる必要がある検査なのか、お医者さんが考えて判断してくれると思うんですけど、今回のは、無保険の患者さんも多々いる中、私がまともな保険に入っていたので、この人には全部の検査をしてもとりっぱぐれないなって思われたのかなって。こわい世界ですなー。

  • 中山さやかさん

    2018/1/8

    あけましておめでとうございます☺︎ さ、さすがアメリカの医療費!!笑 恐ろしいですし、腕の注射跡も恐ろしい…サムズアップはgoodだったと言う意味ではないですよね。笑!?日本でも同じような検査の仕方なんでしょうかね?きになるー。。。

関連記事

プロフィール

大河内えりな

大河内えりな

アメリカ

夫・娘ウメちゃん10歳(小4)・息子タイくん7歳(小2)。父も夫も転勤族、ゆえに小さい頃から引越続き。高知、千葉、札幌、神奈川、イギリス、再び神奈川。名古屋、バンコク、東京、千葉、次はアメリカへ!

カテゴリー

最新記事

2018年01月

1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

ブログランキング「その他」

キーワード検索

幼稚園関連サイト

  • こどもがまんなかPROJECT
あんふぁんWebは子育てママを応援しています。