あんふぁんメイト

「あんふぁん」「あんふぁんぷらす」本誌でも活躍する「あんふぁんメイト」は読者を代表するスペシャルサポーター。あんふぁんメイトがブログで日々のちょっとためになる情報を発信します。

国内!海外!子供連れで楽しむ旅行記

【イベント・神戸】アニメーションの仕組みもわかるよ!『手塚治虫展』

7月8日(土)から8月31日(木)まで、『神戸ゆかりの美術館』にて、

『手塚治虫展』が開催中!!

入館料:一般1,000円、大学生750円、高校生550円、小中生400円

※のびのびパスポート持参の神戸市の小中学生は無料

 

参加メンバー:

オット:無類のアニメ&漫画オタク。特に昭和に出版されたものをこよなく愛し、手塚作品は大好物。

私:アニメ&漫画は好きだけど、読書する時間があるなら外で遊びたいタイプ。唯一、定期的に読んでいるのは夫が購読してる【少年ジャンプ】。

娘(小1):夫の遺伝子引き継ぎまくり、アニメ&漫画大好き。最近、『アルプスの少女ハイジ』に熱中。『未来少年コナン』も大好き。平成生まれだけど、昭和モノ好き。

息子(2歳):電車&車大好き。トーマス教信者。

IMG_0797

 

昨年は、ジブリ等の美術監督をされている山本二三さんの「山本二三展リターンズ」で訪問しました。(そのときの記事→【イベント・神戸】ジブリで馴染みある風景だらけ「山本二三展」)

 

客層は、手塚治虫展だとやはり年齢層高めでしたね。幼児を連れているのは我が家くらい。

でも、アニメーションの仕組みがわかる展示や、ゾートロープ(回転してる筒のスリットから中を覗いたら絵が動いてるように見えるやつ)等の仕掛け装置が置いてあって、アニメに興味のある子なら真剣に見ちゃう?

アニメ好きの娘は『ブッダ』のアニメがずっと流れているブースにずっとつかまってました。

 

私は、手塚治虫展に興味のない息子と早々に退却。ゆかりの美術館の外には地元っ子達が水着&浮き輪持参で遊んでるちょっとした水遊び場があるんです。六甲ライナーの高架下なので電車好き息子は大興奮スポットでした。

IMG_0794

私達が退場した1時間後に満足して出てきたオットと合流。手塚ファンのオット曰く、「ここは(入館料)1,000円以上の価値がある!」と。

未完成のページ(コマ割りとセリフのみ)が展示されているのですが、「死ぬ間際まで筆を離さなかった先生のことを思うと…。描きたいものは頭の中でいっぱいあったんやろなー」と涙ポロリ。オタク(夫)、感情移入しまくりです。

IMG_0789

展示室内で唯一撮影OKな書斎再現コーナー。

 

IMG_0790

展示出口に設置されている記念写真用パネルはキャラクターいっぱい描かれていて可愛い♡

関連キーワード

コメントを投稿する

■お名前
■コメント

※コメントは承認制です。反映までしばらくお待ち下さい。
日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

プロフィール

西郷佳名恵

西郷佳名恵

兵庫県

夫・娘6歳(小1)・息子1歳(1歳児クラス)
子供が喜ぶ顔を見るのが大好き!子供向けイベント大好き!長期休みは国内外問わず、どこへでも行っちゃいます。

カテゴリー

最新記事

2017年11月

1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

ブログランキング「おでかけ」

キーワード検索

幼稚園関連サイト

  • こどもがまんなかPROJECT
あんふぁんWebは子育てママを応援しています。