あんふぁんメイト

「あんふぁん」「あんふぁんぷらす」本誌でも活躍する「あんふぁんメイト」は読者を代表するスペシャルサポーター。あんふぁんメイトがブログで日々のちょっとためになる情報を発信します。

音楽と子育てと日々の雑楽談♪

秋の歌「もみじ」

朝晩がだいぶ冷たくなり

秋らしい気候に移ってきましたね¨̮♡︎

先日、息子が公園で拾ってきた“どんぐり”を大切そう〜に手に握りしめて帰宅し、玄関にそっと置いてくれました。

その“どんぐり”を見て秋を一足早く感じました。

͙͛

今回はこれからの季節に親子で聴いて歌ってほしい

童謡「もみじ」についてのお話。

………………………………………………

紅葉 (もみじ)
歌:童謡・唱歌
作詞:高野辰之
作曲:岡野貞一
①秋の夕日に照る山紅葉(やまもみじ)、
濃(こ)いも薄いも数ある中に、
松をいろどる楓(かえで)や蔦(つた)は、
山のふもとの裾模様(すそもよう)。

②渓(たに)の流(ながれ)に散り浮く紅葉、
波にゆられて離れて寄って、
赤や黄色の色様々に、
水の上にも織る錦。

………………………………………………

※童謡は著作権フリーです

私の簡単な解説↓↓

①の歌詞

秋の夕陽に照らされる山々の紅葉。

濃い色・薄い色と沢山あります。

松を彩る楓やつたの色彩が

山のふもとを着物の裾の様に観せる。

②渓谷に流れに行く散った紅葉。

そんな紅葉は川の水で様々に離れ寄って流れて行く。

赤や黄色の様々な紅葉。

まるで、にしき織りの様に美しい。

………………………………………………

昔の歌は短歌や和歌の様に

五七五 などで区切られている曲も多いので長年子供達に歌われ伝わっていたんじゃないかな?っと思います。

いや〜〜

童謡「もみじ」

ロマンが、と言いますか、大人になって情景を浮かびながら歌うと、本当に綺麗な歌だと感じます。

歌いながら秋の箱根に行きたいなぁ〜なんて…‧⁺◟︎( ᵒ̴̶̷̥́ ·̫ ᵒ̴̶̷̣̥̀ )

先日、私のコーラスサークルでも「もみじ」歌ってみました↓

上手では有りませんが、、ママ達の歌声です↓↓

どうぞ♪

関連キーワード

コメントを投稿する

■お名前
■コメント

※コメントは承認制です。反映までしばらくお待ち下さい。
日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

キーワード検索

幼稚園関連サイト

  • こどもがまんなかPROJECT
あんふぁんWebは子育てママを応援しています。