あんふぁんメイト

「あんふぁん」「あんふぁんぷらす」本誌でも活躍する「あんふぁんメイト」は読者を代表するスペシャルサポーター。あんふぁんメイトがブログで日々のちょっとためになる情報を発信します。

絵本de育児&モノ作りダイアリー

苦手!?【小一・国語】どう克服する?読解力はどう伸ばせばいいの?(悩)

先日、私立中学受験予備校の四谷大塚が開催する「全国統一模試」を受験してきました(無料にひかれたのと、ブログのネタに・笑)。

2017-12-2093233

娘が将来私立中学を受験する予定は、今のところないのですが、テストはちょっと面白かったです。受けてみてわかったことは、娘の「強み」と「弱み」、それから私の「甘さと反省点」

無料だし・・・と思って受けてみましたが、娘自身よりも、親の私の方が実りの多いテストだったと感じましたよ。今回はそのあたりの話を書こうと思います。

 

さて、その前に、日本の子供たちの読解力が低下しているのをご存知ですか?

娘の話の前に、親としてはちょっとドキッとする話から。

読解力とは、一言で言えば文章を読み内容を理解する力のこと。日本の子供たちは、これがどんどん低下しているそうです。

具体的にどのくらい読解力が低いとされる子が増えているのかと言えば、

中学3年生の約5人に1人、高校3年生の13人に1人が主語と目的語を読み取れていないと発表した。(日刊工業新聞 2017/11/03

とのことです。

「主語」と「目的語」を読み取れない・・・というのは、多分、こういう問題が苦手な人が多いということです。

【問題】

 Alexは男性にも女性にも使われる名前で、女性の名Alexandraの愛称であるが、男性の名Alexanderの愛称でもある。

 この文脈において、以下の文中の空欄にあてはまる最も適当なものを選択肢(1)〜(4)の中から一つ選びなさい。

 Alexandraの愛称は(  )である。

(1)Alex

(2)Alexander

(3)男性

(4)女性

毎日新聞2016/12/06より引用・一部改変)

 

さて、このブログを読んでいるあなたはどの選択肢を選びましたか?

「Alexandraの愛称は(  )である。」と、主語「Alexandraの愛称」は何か?と、補語を問う問題です。正答は、(1)Alex です。

 

この問題の中学生の解答は下記の通り。

(1)Alex(正答)  38%

(2)Alexander 11%

(3)男性        12%

(4)女性        39%

 

問題文を整理してみます。

主語と述語以外の余分な部分を消してみます。

Alexは(男性にも女性にも使われる名前で、)(女性の名)Alexandraの愛称である(が、男性の名Alexanderの愛称でもある。)

 

赤字部分だけ取り出すと、

「AlexはAlexandraの愛称である」となりますので、

「Alexandraの愛称は(  )である。」の( )に入る選択肢は、(1)Alexとなります。

 

正答率が38%と低く、正答と同じくらい、「(4)女性」を選んでいる子もいます。余分な部分を省くことができず、文の中の主語と述語の関係を見いだすことができなかったのかな・・・?

それか「愛称」という単語の意味がわからなかったとか・・・??

うーん。どちらにせよ、読解力が高いとは言えないと思いました。

 

読解力が低いとなると、そもそも教科書が理解できません。ドリルやテストで文章を読むのが苦痛ですよね。どんどん成績低下・勉強嫌いという負のスパイラルになって行きます。

さらに、教科書が読めなければ自分一人で勉強ができず、勉強の仕方がわからなければ「人工知能に職を奪われる」と問題提起する。(日刊工業新聞 2017/11/03

とも。

読解力が低いということは、「ただ文章を読むのが苦手」というだけでは済まないですね。

 

統一テストから浮かび上がった娘の強みと弱み

さて、娘の四谷大塚全国統一テストの結果からわかった娘の強みと弱みですが・・・。

察しの良い方はすでにお分かりかと思いますが、「読解」が必要な問題の正答率が低かったです。(読解力が低下しているというのは、私自身は新聞やネットニュースで知っていましたが、自分たちにはそれほど関係のない話だと思っていました・・・凹)

一応、娘をフォローしておくと、事前に「統一テストの対策は一切していない状況」で受験しました。

 

算数は平均点で、基本的な問題はバッチリ。でも、長文で書かれた文章題はさっぱり。

国語に至っては、最初の方の文法や漢字あたりはまあまあでしたが、・・・長文読解は・・・なんと全滅。平均点を下回りました。

テストを受けた後、間違った問題を解き直すと、説明すれば理解できる様子でした。理解力や思考力は標準的にあるようで、きちんと自分で答えを出すこともできました。

でも、テスト本番ではほとんど全滅レベルだったということは、「自分で文章を読んで理解する」=「読解力」が低いと言わざるを得ません。

 

統一テストからわかった私の育児の甘さ

実は私、娘は「国語はもっと点を取れるだろう」と思っていました。一応、絵本をちゃんと読んできた自負があったからです。

でも結果は、国語だけでなく算数の文章題も散々な結果(ごめん娘)。

テストの点が低いことはぶっちゃけどうでもいい(今回は何も対策しなかったので点数が低いのは仕方がないと考えている)のですが、間違えた問題や解けなかった問題が「なぜできなかったのか」という理由が重要です。

単なるうっかりミスや時間切れが原因で点数が低くなるなら、すぐに対策できますが、今回問題ができなかった原因は、「読解力が育っていなかったこと」。これは時間がかかりそうです。

しかも、あれだけ絵本をよんでいたのに、親である私は娘の読解力がどの程度なのかを理解していなかったのです。テストの点よりもこっちの方が問題でして、深夜に一人で反省会しました・・・。

 

そして現在、対策中。こんなことをやっています

その1、児童書を読む

夫にもテストの結果からわかった娘の弱み「実は意外と読解力が育ってません」という話をしました。夫からは「ふ〜んそっか〜」という返事でした。わかったのかわかってないのかいまいちな反応で正直ちょっとイライラ(笑)。

が、夫は、ある日突然図書館から「エルマーのぼうけん」(児童書)を借りてきました。

2017-12-13114520

で、夫「これお父さんが昔読んでたんだよ〜」と言いながら娘の前でパラパラとページをめくり、「わー懐かしいなー」とか呟いてました。

当然娘も興味を持ち、夫が娘に途中まで読み聞かせをしました。(しかも面白くなる直前で止めた

その後、娘は勝手に自分で続きを読んでいました。で、シリーズ3冊をあっという間に読破し、先日は一人で「はれときどきぶた」をクスクス笑いながら読み終わりました。

 

これは目からウロコでした。というのも、私は、まだ娘には児童書は早いと思っていたからです。まだちょっと文が多い絵本の段階だと。でも、絵がなくても文字が多くても、興味があれば自分からどんどん読み進められるんですね。夫がそれを計算して「エルマーのぼうけん」を借りてきたかどうかは不明ですが、なんか一本取られたな・・・!

2017-12-2093927b

 

その2、短い文章を音読する

娘が児童書を楽しめるようになったからといって、どんどん読ませるのは負担かもしれません。いきなり長文を読んで細部まで理解するのはちょっと難しいし、興味のない本だと、子供も身構えてしまいます。そこで、短文でもいいから継続的に読んで理解するというトレーニングを繰り返したい・・・と思いました。

そこで見つけたのが、これ。Gakken「おはなしドリル」シリーズ。私が購入したのは、どちらも一年生向けの「ことわざのおなはし」と「どうぶつのおはなし」です。

2017-12-2095102b

ドリルなので、お話を読んだ後に問題があります。問題の難易度は低く、読みやすいお話ばかり。しかも、読みながら雑学も身につく良い内容。

2017-12-2093136

小学一年生のドリルとしては、問題のレベルは「簡単」ですが、私は音読の教材のつもりで買ったので、そこは問題なし。朝、私が娘の髪の毛を結わいている間、娘がお話の部分を音読しています。その隙間の時間でも一回分は音読できる文章量なのがとても良い。

他にも「科学」「世界の名作」「伝記」「宇宙」「恐竜」「人の体」「季節の行事」「危険生物」「笑い話」「怖い話」など、分野は多岐に渡ります。世界の名作や伝記なんて親が読ませたいものの一つだし、恐竜や危険生物なんて、男の子でも楽しそうだと思いませんか?しかもどれもだいたい一冊702円(amazonで)と比較的安価なのも個人的には魅力。

 

b_simple_112_0L

 

・・・とまあ、こんな感じで娘の読解力なるものを育ててみよう!と思っています。上記の方法なら、娘の遊ぶ時間も減らないし、楽しんで続けられそうです。

本当は、四谷大塚の統一テストを受けた後、難易度の高い長文を大量に読ませた方がいいのかな?と思い、ハイレベル問題集を買ってゴリゴリ勉強させるか?とも思ったんですが、のんびりな性格の娘にいきなりそれをやったらどう考えても勉強嫌いになりそうだし、かわいそうな気がしてやめました・・・。

楽しみながら文章に親しんでもらい、「気づいたらいつのまにか読解力が付いていました!」という状況が理想です。

読解力は、多分、育つのに時間がかかると思います。しかも、計算を何度もやっていたら早くなったとか、練習してたら漢字が得意になったとか、そういうものとは違い、読解力は成長や結果がわかりづらいですよね。のんびり気長に。長期戦で。

それから、私も娘に負けないように本を読んだりして読解力を鍛えたいなあと思います。娘と一緒に頑張ろう♪♪

 

読解力に関するリンク集

読解力なんて必要なの〜?と思った方、下記のリンクをご覧になると危機感が持てるかも・・・笑

読解力が危ない(1)〜(6)YOMIURI ONLINE

中高生の読解力がピンチ 日本経済新聞

教科書や新聞が理解できない?読解力の低い中高生が「多い」結果が判明 問題例3つ Yahoo

ベネッセ教育情報サイト 「読解力」検索結果一覧

 

 

 

関連キーワード

コメントを投稿する

■お名前
■コメント

※コメントは承認制です。反映までしばらくお待ち下さい。
日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  • 岬さちこさん

    2017/12/21

    ためになるって言ってもらえると嬉しいー!でも、無駄に長くなったから、そもそも最後まで読んでもらえただけで嬉しい・・・笑 ありがとうございます(感涙)そうそう、絵本を読んでいるから!と思っていたけど、読解力とか国語力とかまで意識せずにいましたよ・・・。でも娘は私の読み聞かせで楽しんでくれていたから、オッケー♪と開き直ることにして、勉強の方はこれからでいいや♪って前向きになることにしたよ。笹木家もこれからこれから〜!!

  • 笹木さなえさん

    2017/12/21

    ふむ。ふむふむ。相変わらずタメになるお話。うちも絵本読んでるからという妙な自信があったんだけど、絵本読んでるだけじゃなんか読解力思うほどついていないよね、わかる。

関連記事

プロフィール

岬さちこ

岬さちこ

東京都

夫・娘6歳(小1)
スキマ時間で楽♪かわ♪ハンドメイドを家族で楽しんでいます。

カテゴリー

最新記事

2018年01月

1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

ブログランキング「子育て」

キーワード検索

幼稚園関連サイト

  • こどもがまんなかPROJECT
あんふぁんWebは子育てママを応援しています。