あんふぁんメイト

「あんふぁん」「あんふぁんぷらす」本誌でも活躍する「あんふぁんメイト」は読者を代表するスペシャルサポーター。あんふぁんメイトがブログで日々のちょっとためになる情報を発信します。

私らしくが一番◎5兄妹ワーママ全力記

赤ちゃん・子連れ海外旅行【準備編】便利!不要!ハワイ旅行の持ち物リスト

夏休み入ってすぐに今年最大のイベント3世代ハワイ旅行を終えてハワイロスとなっている伊藤です。年に1度の大型家族イベント、出発前から6日間日本からいなくなる=出来れば出発前に終わらせたいという母の願望で出発日までが(出発日当日も)期待を裏切らない程大波乱でした。

赤ちゃん連れのトランク荷造り

家族での国内旅行は何度か行くのですが、今回は海外しかも4泊6日という初の長期滞在。海外旅行に慣れていないので、もう仕度の時点でパニックになっしまい何から準備したら良いのか分からず気づけば出発前日となってました。さすがに焦りを感じてトランクを開けてみるもどうしたら良いのか分からず。海外旅行慣れしているママ友達の情報を元にちょいちょい買い足しはしていたのですが、いざ詰める作業となると収納下手なママなので、どこに入れたら良いのか散らかるだけで時間が過ぎてしまうという残念な状態になってしまいました。そこで収納上手のパパ帰宅。まずはトランクに入れるモノと手持ちバッグで持ち運ぶモノをリストアップしてみました。

トランクに詰める荷物

  • 大人私服一式セット
  • 子供私服一式セット(Tシャツ・ズボン・靴下)
  • 脱ぎ履きしやすいサンダル(大人・子供)
  • 靴・パンプス(大人フォーマル用)
  • 襟付きの服・ワンピース(大人フォーマル用)
  • サングラス
  • 帽子(大人・子供)
  • 歯ブラシ(大人・子供)
  • 歯磨き粉(大人・子供)
  • 女性用アメニティ(化粧品・スキンケア・洗顔フォーム)
  • 男性用アメニティ(剃刀やヘアムースなど)
  • シャンプー・コンディショナー
  • ボディソープ
  • コンタクトレンズ・メガネ
  • ヘアアイテム(ブラシや髪留め)
  • 日焼け止め
  • 水着(大人・子供)
  • ゴーグル
  • ラッシュガード(大人・子供)
  • ビーチアイテム(浮き輪など)
  • ビーチ用バッグ
  • レジャーシート
  • ビニール袋
  • お土産持ち帰り用トートバッグ
  • 洗剤(洗濯用)
  • ベビーフード(滞在用)
  • 紙おむつとおしりふき(滞在用)
  • お菓子(滞在用)
  • 空の水筒
  • 機内持ち込み用バッグ

  • 携帯ゲームとおもちゃ(子供)
  • ハンディカム・デジカメ
  • 化粧品
  • お菓子(子供・赤ちゃん用)
  • パスポートと搭乗券
  • 日本円と滞在先の紙幣
  • 貴重品(スマホや時計)
  • 持ち物、多いよ!∑(0д0)

    滞在先はファミリー宿泊向けのホテルだったので、アメニティなどは最低限は用意してあるハズですが、なるべく現地調達をしたくなかったのでハワイへ行った事のあるママさん達に色々聞き込みをして見ました。
    ▼紙おむつは絶対持って行くべき!との事。嵩張るけど、帰国の時は少なくなっているので多めに持って行きました。
    080111

    持っていくと便利!なアイテム


    完全防水スマートケース
    こちらネットで購入したのですが送料込みで280円!首からも下げられ腕にもバンドで装着できるという優れもの。カメラ部分が透明になっているので、ケースに入れたまま写真も撮れます!もちろん小銭なども入れられるので海水浴やプールに行く事が確実ならあると安心ですよね!
    080107

    携帯コップと100均の歯ブラシ
    歯ブラシはホテルに備わってないので、滞在中は使って帰国する時には捨ててきます。100均の歯ブラシなら気兼ねなく使って捨てて来れるので帰りの荷物も減ります!
    ▼予備もあると◎開封直後にトイレに落とす子供(3rd)もいます
    080104

    子供用の飲み物
    ハワイは基本、炭酸か水しか無く、自販機も全部コーラやスプライトの炭酸ばかり。スーパーやレストランへ行けばオレンジやアップルジュースもありますが、そんなにジュースばかり飲ませたくないので日本から日本茶や麦茶のペットボトルを数本持参しました。現地で買える水もメーカーによっては硬水だったりで、硬水だと子供が飲まないというケースもあるみたいです。5thには赤ちゃん用飲料を数本持参し、ペットボトルに直付け出来るストロー口のキャップで飲み物をあげてました。うちの子供達は炭酸が好きで滞在中の外食は必ずコーラだったので、食事以外では炭酸禁止!と言ってお茶とお水を飲ませてました。炭酸好きな子にはハワイは天国ですね〜
    ▼ホテルの自販機。種類少な!
    080105
    ▼日本のお茶も売っていますが(当たり前ですが)種類が少ないです
    080108

    爪切り
    ビーチで遊んでいると砂浜で足の爪が欠けてしまったり、滞在中に伸びてしまったり。コンビニやお土産屋さんでも爪切りは売っていますが、1個持っているだけですぐに不快が解消されるので便利だと思いました。

    ペットボトル直付け飲み口
    ペットボトルに直接付けれるタイプなので、水分補給はこの飲み口が旅行中に大活躍!持ち運びも出来ますし、溢れにくいので1歳の5th用に小さいペットボトルに取り付けて持ち歩いていました。まだストローは飲めないので、ボトルを斜めにして直飲みさせるようにすると飛行機の中などの狭い場所でもスムーズに飲んでくれました。コップに移し替える手間も、蓋を落とされるという心配も無いので1個あると便利です。
    ▼100均で購入出来ます。片手でワンタッチで開封出来る点が好きです。
    080109

    ウェットティッシュ
    レストランで紙ナプキンはありますが、カフェでもウェットティッシュを貰えない場合もあるので、カバンに入れておくと子供の食べ落としを拭いたり、トイレの場所が分からず手が洗いに行けない状況でも持参したウェットティッシュが活躍しました。
    ▼冷えピタは発熱と日焼けのクールダウン用にも!
    080110

    プラスチックのカラトリー
    食べ残した食事をケータリング用に詰めて持たせてくれるのですが、店員さんがスプーンやフォークまで入れてくれなかった事がしばしば。ホテルに戻ってもスプーンやフォークが無いと食べられなくて結局手づかみになってしまったりと残念なケースがあったので、割り箸や使い捨てのカラトリーを持っていると便利だと感じました。
    ▼詰めてもらえるのでホテルに戻ってから食べれるのですが、カラトリーはセルフサービスが多いみたいです
    080112

    チャック付き密封袋(ジップロック)
    ハワイのスーパーでクッキーやマフィンは個別個装していなくて、プラスチックのケースに入って売っていました。持ち運ぶにもかさばるので箱を捨てたいのですが日本のスーパーによくある透明なビニール袋のご用意は無い。でも捨てるには勿体無い量が残っている。そこで活躍するのがチャック付きの密封袋(ジップロック)。これは飛行機に乗る時も100ml以下の液体を手荷物として持ち込む時にも使えるので、滞在先での食べきれないお菓子の保管や、チケットや日本円などの分別などで様々なサイズを用意しておくと便利だと思いました。道中に買ったお菓子も食べきれなくて持ち歩く事が出来ない時は一旦ジップロックに入れてホテルに持ち帰りました。

    洗濯用洗剤と洗濯ひも
    1回プールに入ると大人と子供の水着だけで我が家の場合、7人分の水着を(手洗いで)洗って干さなくては行けません。客室のハンガーだけでは足りないし干す場所がない!海外ランドリーの洗濯機は脱水の仕方が分からない。そんな時は義理母が持参した洗濯紐が役立ちました。椅子と椅子の間に結んでバルコニーで干せば、ハンガーが足りなくてもズボンタイプの男の子水着も通気性良く乾かせます。

    ランドリー用の大きめなビニール素材の袋・バッグ
    毎日洗濯をしていても子供達の洋服が追いつかないのに4日分の7人分の洗濯を日本にまで持ち帰るのはちょっと嫌だったので、滞在中に1回はランドリーへ行こうと思い持っていきました。洗う洗濯物を入れてもらうカゴ代わりにもなり、持ち運びにも嵩張らないし、エコバックとしても使えます。
    ▼2日分の洗濯物。アメリカンサイズの洗濯機でもMAXな量。
    080106

    無くても大丈夫だったモノたち


    変圧器
    もはやコンセントは日本のものと一緒。なので、日本から持参したゲーム用やハンディカム用の充電器も難なく刺さり充電し放題。子供達もオーシャンビューの客室から普段は禁止のゲームが沢山出来て旅行を満喫していました。
    ▼ホテルのコンセントは全部2つ口使えました〜
    080103

    Wi-fi
    レンタルWi-fiをしようか迷ってましたが、今回はSoftbankユーザーが使用出来る無料の「アメリカ放題」を使用しました。こちらはiPhone5/6ならWifiも通話もキャンペーン期間中なので無料というなんとも素敵な国際サービス。しかも申し込み不要。簡単な設定のみですぐに使用出来るので、ハワイについた直後からスマホが使えてとっても便利でした。
    パパはAndroidだったのでアメリカ放題対象外でしたが、ホテルのWifiが無料だったので、それを使いLineなどでやりとりは可能。街中でもスタバや免税店、トローリーバスなど観光向けのところは基本無料でWifiが繋がるのでホテル周辺で過ごす事が多い場合は有料のレンタルWi-fiは不要だと思いました。

    タオル類
    ホテルにはバスタオル・フェイスタオル・ハンドタオルが備わっているので、海やプールにいく時はそのタオルを使えます。なのでかさばるタオルは最低限だけ持参しましたが、結局ホテル備え付けのタオルで滞在中は間に合いました

    現金
    ホテル内のショップやレストランはもちろんカード対応ですしATMや両替所がいたるところにありました。その他スーパーやカフェ、コンビニもクレジットカードが使えるので、現金はタクシー代、コインランドリーの洗濯機、乾燥機代・ベットメイクのチップしか使いませんでした。あまり海外旅行に行かない人は少額だけ両替して、残りはカードで支払う方が現地通貨のTAXとチップの計算や小銭が増えたりしなくて良い方法かもしれませんね。
    ちなみにカードでもチップは自分で選べるので、9ドルの商品しか注文していないのにチップとTAX込みで12ドルぐらい請求される事もあります。ハワイは州によってTAXも異なるので、計算がややこしかったと思いました。

    line-02

    今回持参するトランクは2つ。1個は子供用、1個は大人用と分けて詰めていきました。リストアップして子供の荷造りが終わり、さぁ次は大人の荷造り!と思っていたのですが。前日は友人の結婚式、その日は連休前の仕事を片付けてきた業務過多の日でママはクタクタ。そしてパパも寝付かせながらまさかの寝落ち。出発日当日は2人とも午前中の仕事後から空港へ向かうスケジュールだったにも関わらず荷造りが出来無いまま出発前日に寝落ちする夫婦。結局朝6時からの大人の荷造り&普段の子供達の送り出しをするというバッタバタな状態でした。

    ▼トランクのサイズは大きければ良いって物でも無く、航空会社の規定サイズ外だったり心配やタクシー乗せられ無いという問題もあるみたいです
    080101

    荷造り中の合言葉は「なんとかなる」

    海外旅行、特にハワイやグアムなどファミリー向けの国なら現地調達で何とかなる!という旅行慣れのママ達のアドバイス(予言)を頼りにリストアップした荷物をとりあえず詰め込み、そして通常通りの時間に家族各々、学童や職場・保育園に出発するというハワイ旅行初日の始まりでした。

    続きます

    =*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*
    Softbank HP
    アメリカ放題詳細
    ※お使いのiPhoneがアメリカ放題に対応or非対応かは店頭で確認して貰えます。

    関連キーワード

    コメントを投稿する

    ■お名前
    ■コメント

    ※コメントは承認制です。反映までしばらくお待ち下さい。
    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    • 伊藤愛さん

      2017/8/4

      かずみん、コメントありがとうございます!いやもう、気づいたら朝になっていたからホント変な汗かきながら夜逃げのように荷造りしたよ!冷蔵庫の中身を空っぽにする余裕すら無くて帰国後残念な結果になってた(苦笑)

    • 砂見一美さん

      2017/8/3

      期待を裏切らない波乱ぶりだねw 続きを楽しみに待ってる~\(^o^)/

    関連記事

    プロフィール

    伊藤愛

    伊藤愛

    東京都

    夫・息子8歳(小3)・娘7歳(小1)・息子5歳(年長)・息子3歳(年少)・娘8か月(0歳児クラス)
    普段はWEBデザイナー、趣味のネイルは目指せプロ!指先美人で家族がハッピーに♪

    カテゴリー

    最新記事

    2017年09月

    1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30

    ブログランキング「おでかけ」

    キーワード検索

    幼稚園関連サイト

    • こどもがまんなかPROJECT
    あんふぁんWebは子育てママを応援しています。